西武 新型特急001系「Laview」 新宿線でも試運転

3連休の中日、1月13日のお話です。

2019年3月からの運行開始を目指し、試運転が開始された、西武鉄道の新型特急001系「Laview」。お天気にも恵まれたこともあり、試運転があれば撮りに行こうかと思い、Twitterを眺めていると、新宿線に入線したとのこと。所沢から新宿線へ入り、本川越方面へ向かったとのことなので、折り返し、西武新宿方面へ向かう001系を地元で撮ろうと、まずは、小平~久米川間、萩山小学校裏のポイントへ向かった。

10時40分頃、撮影地に到着。既に先客が一人。ご挨拶をして、先客の後ろからカメラを構える。2000系や6000系等、先行列車を撮影しながら待つ事およそ30分。11時10分頃になるが、001系「Laview」の試運転がやって来た。

Simg_7d68877_1

小平~久米川間を行く001系「Laview」の試運転列車。

一路、西武新宿を目指す、001系「Laview」の試運転列車。この場所には、私を含めて4人の撮り鉄さんの他、近所の小さいお子さんが一人、保護者同伴で電車を見に来ていた。光線状態も良好で、集まった撮り鉄さん達も大満足。そして、後ろのお子さんも、突然現れた新型特急に大興奮と言う感じだった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ くめがわ電車図書館 クハ1150の再塗装が決まりました

いつもTOMOの鉄日誌をご覧いただきまして、ありがとうございます。

2018年12月に実施しました、くめがわ電車図書館の清掃作業の報告の際に触れました、電車図書館の再塗装ですが、2月中旬に実施される事が正式に決まりました。

S_20190103_161605

再塗装が行われる事になった、くめがわ電車図書館のクハ1150。

詳細につきましては、クハ1150の保存活動に、ご尽力されてきた、KUSUさんのブログ、ひがしむらやま551//で触れられていますが、今回の再塗装は、塗装のボランティア団体、塗魂ペインターズによって行われます。

Simg_x6136

横瀬車両基地に保存されているクハ1224。

そして、今回の塗装作業で最も注目すべき点は、101系往年のカラーである、ツートンカラーになることです。ツートンカラーの101系低運車と言うと、横瀬車両基地で保存されているクハ1224がありますが、2018年は、この車両が公開される事はありませんでした。塗装作業が終われば、くめがわ電車図書館にお越しいただければ、いつでもツートンカラーの101系低運車を見る事が出来ます。

塗装作業は2月中旬。具体的な日程が決まりましたら、このブログでもお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道 急行「開運号」と「SL初詣号」を撮影する

1月2日のお話です。

秩父鉄道は、毎年、元日から3日間、急行列車に使用される6000系電車3編成に、「開運号」のヘッドマークを掲出し、急行「秩父路1号」と「秩父路3号」を、「開運号」として運転している。これは、先代の急行用車両である3000系、更にその前の300系が現役だった頃から行われている恒例行事であり、私も、10年以上、「開運号」の撮影を兼ねて、秩父を訪れ、初詣も秩父神社へ行くようにしている。

今年も懲りずに、初詣は秩父神社へ。そして、参拝の合間に秩父鉄道の急行列車を撮ることにした。所沢から、西武鉄道の特急「ちちぶ5号」に乗り込み、西武秩父へ。到着後、秩父神社方面へ向けて歩きだす。20分ほど待つと、「開運1号」が来るので、参拝前に、まずは、この列車の撮影からしておくことに。秩父駅を通り越して、大野原~秩父間の直線区間へ行く事も考えたが、この後のスケジュールを考慮して、「開運1号」は、秩父神社に程近い、秩父No2踏切で撮影する事にした。以前は、もう一つ御花畑駅寄りにある秩父No3踏切の近くに、とても良く撮れるスペースがあったのだが、その場所には、数年前より、ロープが張られ立ち入る事が出来なくなり、秩父No2踏切での撮影となった。

Simg_7d68549

秩父駅を発車する急行「秩父路1号」(開運1号)

秩父No2踏切到着から、およそ10分後のこと。「開運号」のヘッドマークを掲出した、急行「秩父路1号」がやって来た。この日、「秩父路1号」(開運1号)に充当されていたのは、300系のリバイバルカラーを纏っている6003Fだった。昨年10月のダイヤ改正より、この「秩父路1号」に運用された車両は、三峰口駅到着後、16時20分発の急行「秩父路10号」まで、三峰口駅構内で留置となる。せっかくリバイバルカラーの車両が来たので、もう1回、良い場所で撮りたいと言う気持ちはあるが、この日の行動予定を考慮すると、ここより良い条件で撮るのは難しいかも。撮影地と秩父神社との移動を考慮せずに、大野原~秩父間の撮影ポイントへ行った方が良かったのか。6003Fが見えてきた時、そんな事を思ってしまった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます。

旧年中は、TOMOの鉄日誌をご愛顧いただきましてありがとうございました。今年も昨年同様、鉄道を中心に様々な話題を取り上げていきたいと思います。

Simg_7d68521

一橋学園駅で交換する、101系赤電リバイバルカラー編成。

赤電カラーの新101系ワンマン車登場から1年。この赤電カラーは大変好評とのことで、その後、追加で2編成が赤電カラーとなり、2018年12月28日からは、多摩湖線で、赤電同士の並びが見られるようになりました。

Simg_7d68496

白い101系は残り2本!

その一方で、赤電以外にも、黄色ツートンや伊豆箱根鉄道カラー、近江鉄道カラーも登場し、白一色の101系は、残り2本。今では、白同士の交換も、多摩湖線でしか見られなくなりました。2019年の西武鉄道は、001系新型特急の登場など、大きなニュースが待ち構えていますが、やはり、地元路線と言う事で、101系の動きが気になってしまいます。

そして、今年9月、弊ブログは開設15周年を迎えます。平成から新しい元号へ。節目の年となりますが、ブログの方は、マイペースに書き続けていきたいと思います。

今年も、TOMOの鉄日誌を、どうぞ宜しくお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

田中駅開業130周年 しなの鉄道の115系を撮影する その2

では、引き続き12月1日のお話です。

田中駅で台鉄カラーのS9編成を撮影した後、タイミング良く入線してきた、小諸行きの普通列車で小諸へ。駅近くの蕎麦屋さん、草笛に立ち寄って、美味しいお蕎麦で昼飯・・・と言うのが狙いだった。

約10分で小諸駅2番線に到着。お隣3番線には、小諸始発の軽井沢行きが停車中。海野宿付近の撮影ポイントでも撮影した湘南色のS3編成なのだが、先頭のクモハ115の正面を見てみると・・・

Simg_7d67674

小諸駅3番線に停車中の115系S3編成。何やら大きなヘッドマークが掲出されている。

御覧のように、「スノートレイン信州」と言うヘッドマークが掲出されていた。これはビックリ。かつて国鉄時代に、新前橋電車区に所属する、165系で運転されていた、「シュプール上越」を彷彿させるようなデザインのヘッドマークだが、しなの鉄道の公式ホームページでも、こんな話は出ていなかったような。

とりあえず、反対側、小海線が発着する4・5番線ホームへ行けば、編成写真が撮れるので急いで移動するが、私が、田中駅から乗車してきた小諸行きが、若干遅れていた為、軽井沢行きとの接続時間が、その分カットされてしまい、4・5番線ホームへ移動しても、クモハ115側まで行く事は出来なかった。

Simg_7d67678

小諸駅を発車した115系S3編成。

仕方なく、動き出したS3編成を撮影したが、クハ115には、御覧のように、ヘッドマークは掲出されていない。どうやら、先頭に立つクモハ115側のみの掲出だった模様。

S3編成は、約1時間後、763Mで軽井沢から戻って来るが、小諸到着後は、もう一度、766Mとして軽井沢へ向かうと言うので、ここでは、予定通り、草笛さんへ向かい、美味しいお蕎麦を食べてから、S3編成を出迎える事にした。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中駅開業130周年 しなの鉄道の115系を撮影する その1

12月1日のお話です。

しなの鉄道では、信越本線軽井沢~上田間が開業130周年を迎えることとなり、記念イベントを行う事になった。この区間には、日本で唯一、田中駅があり、2018年3月、しなの鉄道と台湾鉄路管理局との友好協定、さらに台湾鉄路管理局の田中駅と、しなの鉄道の田中駅との友好協定も締結された事から、記念イベントは、田中駅を中心に展開されることとなった。また、このイベントを前に、しなの鉄道の115系S9編成を、台湾鉄路管理局のEMU100型電車に合わせた塗装に変更。このS9編成を使用した臨時列車が、軽井沢~田中~上田間に運転されると言うので、台鉄カラーの115系の撮影を兼ねて出掛ける事にした。

当日。自宅を6時30分頃出発。大宮から北陸新幹線「あさま603号」に乗り込み軽井沢へ。ここから、しなの鉄道に乗り換える。接続時間は7分。予め、しなの鉄道も乗車できる「週末パス」を購入していた為、乗り換えも実にスムーズ。しなの鉄道線のホームへ向かうと、2両編成の115系が停車していた。

Simg_7d67616

軽井沢駅で出発を待つ、115系の快速電車。

軽井沢駅を8時51分に発車する快速長野行きは、2両編成での運転。最後部車両のクモハ115-1075に乗車する。2両ともクモハと言う事もあり、走り出すと加速も良い。列車は、御代田まで各駅に停車するが、それ以降は通過駅もあり、モーター音の唸りも田中までの乗車時間、約30分は、115系のモーター音を、たっぷり堪能する事が出来た。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西武 新型特急001系「Laview」本線試運転開始

では、ここで順番を入れ替えまして、旬な話題を。平成最後の天皇誕生日、12月23日のお話です。

朝から、複数のネタを追いかけて外出した12月23日。13時頃、撮影が一段落したため、昼飯でも食いに行くかあと思っていたところ、西武鉄道の新型特急001系「Laview」の本線試運転が開始されたと言う情報が飛び込んできた。

「Laview」の試運転は、所沢~飯能間で行われているとのこと。この情報をキャッチした時、私は多摩湖線沿線にいた為、午後も試運転が行われているようであれば、そちらへ行く事にして、まずは昼飯を食べる事にした。昼食後、午後も試運転が行われている事を確認した為、まずは所沢へ向かい、そこから池袋線の下り列車に乗り込み、行ける所まで行く事に。車内で西武線アプリを確認すると、試運転は小手指行きと表示されていることから、どうやらこの列車が試運転の最終便だと解った。既に飯能駅を発車しており、下手に先まで行って、駅間ですれ違っていは意味が無いので、小手指駅で待ち構える事にした。

14時08分、小手指駅に到着する。まずは、下り列車が発着する3・4番ホームの飯能方へ行ってみる。すると、既に多くの鉄道ファンが駆けつけていた。そこで、私は反対側、上り列車が発着する1~2番ホームの飯能方へ。こちらは対照的に人は少なかったが、それでも、徐々に人が増えていった。

そして、およそ20分後。001系「Laview」の試運転が近付いてきた。

Simg_7d68447

小手指駅到着目前、東京メトロ7000系と並んだ、西武001系「Laview」の試運転。

試運転の終点、小手指駅到着を前に減速する001系「Laview」。タイミング良く、小手指駅飯能方にある引き上げ線上には、西武池袋線を走る営業車両の中で、自社・他社車両を含めて最も古い車両となる、東京メトロの7000系が停車中。まずは、最新鋭と最古参の一瞬の出会いを捉えてみた。

Simg_7d68456

接近してくる001系「Laview」を撮影。

更に、もう少し近付いてきたところで、001系「Laview」のみを撮影。

Simg_7d68468

小手指駅1番ホームに入線。

001系「Laview」の試運転は、小手指駅1番ホームに入線。私は、1番ホーム側でカメラを構えていた為、御覧のように、どんどん接近してくる形になった。001系「Laview」を間近に見たのは、10月の甲種輸送以来となるが、改めて眺めてみると、まず、窓の大きさに驚く。そして、姿が見えてから、何度もシャッターを押したが、その都度、車体の色が違って見えてくる。周りの景色の溶け込む為の特殊な塗料を塗っていると言うが、本当にうまく溶け込んでるように感じてしまう。

Simg_7d68472_1

小手指車両基地へ進んで行く001系「Laview」

到着した001系「Laview」は、1番ホームに3分ほど停車した後、小手指車両基地へゆっくり進んで行った。

ついに本線試運転が始まった001系「Laview」。これからは、沿線で見かける機会も増えてくる事だろう。今回は、試運転の最終便の到着と入庫シーンしか撮れなかったから、いずれ改めて、試運転を撮りに行きたい。そして、入れ替わりに、姿を消していくであろう、10000系NRAの池袋線系統での活躍シーンも、今まで以上に、しっかり記録していこう。入庫する新型車両を見届けながら、そんな事を考えていた。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ちちぶ車両基地酒場2018in横瀬」が開催される

約1か月前、11月17日のお話です。

西武鉄道は、毎年、11月の上旬に、「西武トレインフェスタin横瀬車両基地」と称したイベントを開催していたが、今年は、毎年8月の最終土曜日に開催されていた、南入曽車両基地の一般公開を、11月上旬に開催時期をずらし、横瀬車両基地の公開は行わないこととなってしまった。年に一度、合法的に横瀬車両基地に入れるチャンスが失われてしまい、このまま横瀬車両基地に入れるチャンスが無くなってしまうのか・・・そう思っていた矢先、「ちちぶ車両基地酒場2018in横瀬」の開催が発表された。このイベントは、11月17日と18日の2日間、横瀬車両基地に、秩父地域のお酒と名物ローカルフードを一堂に会して、秩父のシンボル、武甲山を眺めながら、秋の一日を楽しむと言う大人向けのイベント。今年3月に廃車となり、横瀬車両基地で最期の時を待つ、9101Fも一部車両を開放し、車内で飲食が出来ると言う。

9101Fに会える最後のチャンス。これは行かなくては・・・私は、事前にネットで1日目の11月17日のチケットを入手。当日、午後から、横瀬車両基地を訪れた。

Simg_x8840

「ちちぶ車両基地酒場」が開催されている、横瀬車両基地へ。

駅から歩くこと、5分少々。車両基地の入口を入る。いつものイベントだと、鉄道ファン及び家族連れで賑わっているが、アルコール類を提供するイベントと言う事で、まず、この位置に立つと、いつもよりも静か。そんな印象を受けた。

Simg_x8839

留置中の40000系。

元町・中華街~西武秩父間を走る「S-TRAIN」に充当された40000系40103F。夕方の上り列車充当までの間、この横瀬駅構内で御昼寝となる。普段は立ち入る事が出来ない、横瀬車両基地の構内からカメラを向けると、御覧のように、順光で撮影が出来る。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くめがわ電車図書館の清掃作業終了 そして来年は・・・

かねてより、弊ブログで告知をしておりました、くめがわ電車図書館の清掃作業ですが、本日、12月15日、無事終了いたしました。

S_20181215_151734

作業中の私。

お天気には恵まれましたが、最高気温が9度と言う予想で、とても寒い1日。年末の忙しい時期ではありましたが、総勢9名の方達にお集まりいただきました。作業の方は順調に進み、開始から約2時間ほどで、予定していたワックス掛けまで終わらせる事が出来ました。

作業終了後、クハ1150の車内で、館長さんや市議会議員さんを交えまして、今後の活動について話し合いをさせていただきました。

S_20181215_151802

S_20181215_151819

塗装が数か所、剥がれてしまいました。

塗装が剥がれてしまっている場所が数か所あり、いよいよ再塗装が必要と言う結論に達しました。この件に関しては、年が変わってから動く事になるかと思いますが、具体的なスケジュール等が決まりましたら、弊ブログでも、お知らせをさせていただく事になるかと思います。

S_20181215_151656

午後からはいつも通り開館しました。

本日お集まりいただいた皆さん、ありがとうございました。また来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武101系253Fが赤電カラーとなって出場

11月中旬頃より、武蔵丘検修場に入場していた、101系ワンマン車253F。

一週間ほど前より、西武線アプリ上で、3本目の101系ワンマン車赤電がフライングで登場していた事から、253Fは赤電で出場してくる事が確定的になった。あとはいつ出場かと、毎日のようにTwitterをチェックしていたところ、12月10日、253Fが出場。西武線アプリの通り、赤電カラーでの出場となった。

101系ワンマン車が、武蔵丘検修場を出場した場合、まずは、試運転を兼ねて、南入曽車両基地へ向かうが、通常は、その日の夜には、上石神井経由で玉川上水車両基地へ回送される。その際、萩山駅を19時37分頃に通過するのだが、運が良ければ、1番ホームと3番ホームに、多摩湖線の定期列車が停車しており、一瞬ではあるが、萩山駅で101系ワンマン車が3編成並ぶ事になる。

そこで、253Fの回送列車を撮るため、いったん帰宅した後、デジイチを持って萩山駅へ。

Simg_7d68150

萩山駅に到着した、多摩湖線の定期列車。

19時37分頃のこと。1番ホームには伊豆箱根鉄道カラーとなった261Fによる西武遊園地行きが。そして3番ホームには、263Fによる国分寺行きが到着。あとは、真ん中の2番ホームを、この日の主役である253Fが通過してくれれば良いのだが、西武線アプリを確認すると、253Fの回送列車を含めて、小平駅付近を走る下り列車が、全て3~4分程度遅れて運転しているとのこと。流石に3分以上遅れると3本並びは厳しそう。そして、無情にも1番ホームの発車メロディーが流れ、西武遊園地行きは出発してしまった。

これで3本並びは無くなった。しかし、3番ホームの国分寺行きは、回送列車を先に通してから発車するようだ。19時40分、253Fの回送列車が近付いてきた。

Simg_7d68156_1

萩山駅を通過する、253Fの回送列車。

3分遅れで萩山駅を通過した253Fの回送列車。予定通り来てくれれば、左から、黄色・赤・伊豆箱根と3色の並びが見られた筈だが、これは仕方が無い。

Simg_7d68164

247F、そして259Fでない事を表すため、モハ253の車番を撮影。

3色、3本並びは残念ながら撮れなかったが、それでも3番ホームで発車を待ってくれた263Fとの並びは、しっかり押さえる事が出来た。

Simg_7d68169

振り向いて、強引に後追い。

3本目の赤電カラーとして出場した101系253F。この編成は、多摩川線でも運用されている編成の為、1月に実施されるであろう、次回の多摩川線甲種輸送で、多摩川線へ送り込まれるものと思われる。それまでは、多摩湖線を走る事から、赤電同士の並びも見る事が出来る。そして、253Fが送り込まれると、多摩川線からは、247Fが戻って来ると思うので、暫くの間、多摩湖線では、赤電2本体制を維持するものと思われる。

赤電同士の並び。楽しみだなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ くめがわ電車図書館の清掃作業を行います

いつもTOMOの鉄日誌をご覧いただきまして、ありがとうございます。

弊ブログ内でも、これまでに何度か触れてきました、東村山市美住町のくめがわ電車図書館。年末を迎えまして、今年も、12月15日(土)に、清掃作業をすることになりました。

Resize0001

くめがわ電車図書館のクハ1150。(2018年6月24日撮影)

当日は、午前9時から2~3時間程度の予定で、雨どいにたまった落ち葉の除去と、簡単な清掃をします。ウエス・軍手や東村山市のゴミ袋等は事前に用意していますが、軍手はご持参いただけると助かります。

お近くにお住まいの方、西武鉄道がお好きな方、皆さんで、クハ1150を綺麗にして新年を迎えませんか?当日は、私も参加します。弊ブログを御覧の皆さん、どうぞ、お気軽にご参加ください。なお、屋外での作業となりますので、参加される方は、防寒対策をしっかりしてからお越しください。

くめがわ電車図書館
所在地 東村山市美住町1-4-1
最寄駅 西武多摩湖線八坂駅または西武新宿線久米川駅
現地への地図につきましては、こちらをご覧ください。

なお、この記事は、12月15日までの期間限定で、弊ブログのトップに表示する予定です。

| | コメント (0)

世代交代が進む八高線・川越線 209系ハエ72編成とTWR70-000形との並びを撮影する

ここ数日、公私ともに色々ありまして、撮影には出かけているものの、ブログの執筆がかなり遅れ気味なっています。それでも、連日、多くの方が弊ブログにお越しいただいているようで、いつもお付き合いいただき、ありがとうございます。

今回は、写真編集の都合で、ほぼリアルタイムの更新となります。3連休最終日、11月25日のお話です。

山手線へのE235系投入による玉突で、転用されている209系やE231系により、世代交代が進む八高線と川越線。既に205系は運行を終了し、生え抜きの209系3000番台も、運用離脱車が出始めている。そんな中、八高線・川越線には、209系3100番台と言う、ちょっと変わり種の車両がいる。この車両は、埼京線と相互乗り入れを行っている、東京臨海高速鉄道の70-000形の全編成10両化により余剰となった車両を、JR東日本が購入し、八高線・川越線用に改造(一部車両は新造)した車両で、4両編成2本(ハエ71編成とハエ72編成)が八高線・川越線で活躍をしていた。しかし、最近になって、ハエ71編成が休車となり、ハエ72編成のみが孤軍奮闘を続けていると言う状況。

209系3100番台の種車となった、東京臨海高速鉄道の70-000形は、毎日、埼京線・川越線に乗り入れて川越まで運転されている。70-000形と209系3100番台が並ぶ瞬間を撮りたい。この思いが10月頃から私の中に芽生え、毎週末、ハエ72編成の動きをチェックしていた。そして、三連休最終日の11月25日、ハエ72編成は69運行に就いている事が解った。この69運行は、12時47分に川越駅にやって来る。ちょうど運良く、りんかい線の70-000形も、12時39分から50分まで、川越駅に入線している。つまり、3分間、両者が並ぶ。

そこで、この瞬間を撮ろうと、私は川越駅へ。撮影地に選んだのは、川越駅近くの踏切。ここから、川越駅に停車中のハエ72編成と70-000形を撮影しようと企んだのである。私は、12時34分頃から、踏切の脇に待機。八王子からやって来る、ハエ72編成の到着を待った。12時47分、ハエ72編成が、ゆっくりと近付いてきた。

Simg_7d67601

川越駅に入線する209系3100番台ハエ72編成。

踏切が開くと同時に踏切内へ。通行人の動きを気にしながらカメラを構えると、左隣にいる筈の70-000形が居ない。70-000形は、12時39分には到着している筈なのに・・・早速、スマートフォンで、JR東日本アプリを立ち上げ、列車の位置情報を確認。すると、池袋駅でホームから転落した乗客の救出活動を行った影響で、約12分遅れで川越に向かっているとのこと。

Simg_7d67613

なんとか並んだものの・・・

その後、遅れていた70-000形も到着し、踏切内から撮影してみたが、両数の短いハエ72編成は、ホームの中ほどに停車するため、ホームいっぱいに停車する70-000形とは、当然、停止位置が揃わない。御覧のように、ハエ72編成の正面が暗くなってしまい、これが限界。

209系3100番台と70-000形、両者が川越駅で並ぶチャンスは、他にも有るのだが、休日の69運行だと、12時39分には、既に70-000形が到着している為、踏切が開いた直後ならば、ハエ72編成が、川越駅に停車する前に撮れるので、ちょうど良かったのだが、事情が事情だけに仕方が無い。

209系3100番台が離脱する前に、もう一度、川越駅で70-000形との並びを撮りたい。週末の運用チェックを続けないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三浜名橋梁を通過する東海道本線の普通列車を撮影する

10月27日のお話です。

この日、私は、西武鉄道の新型特急車両、001系の甲種輸送を撮影するため、東海道本線の第三浜名橋梁を臨む事が出来る、西浜名大橋を訪れていた。この西浜名大橋の最寄り駅となるのは、東海道本線の弁天島駅。浜松駅から東海道本線の普通列車に乗り込み、名古屋方面へ向かって3駅目の駅である。

JR東海が管理する東海道本線のうち、浜松~豊橋間は、静岡方面から来る列車と名古屋方面から来る列車が入り組み、静岡車両区、大垣車両区、どちらの車両も見る事が出来て、車両運用の面で見ても、とても面白い区間と言える。

私は、甲種輸送が通過する、およそ1時間半前から、西浜名大橋で待機していた。お目当ての車両が通過するまでの間、1時間以上待つのは辛い事も多いのだが、JR東海の在来線車両が好きな私にとって、この場所は、飽きることなく待つ事が出来た。

そこで、今回は、この待ち時間の間に撮影した、普通列車の写真(主に上り列車)をご紹介していきたいと思います。

Simg_7d66017

大垣車両区所属の311系G11編成による、普通浜松行き5936M。

現地に到着して、最初に通過した普通列車が、この浜松行き5936M。この列車は、豊橋始発浜松行きとして運転されているが、充当されていたのは、大垣車両区に所属する311系G11編成。弊ブログでは、これまでにも、311系の事は触れているが、改めて簡単に触れると、311系は、211系5000番台をベースに、1989年から1990年にかけて製造した近郊型車両で、金山総合駅開業に伴う、東海道本線豊橋~大垣間の快速列車増発用として製造されている。JR東海の近郊型車両として初となる、時速120キロでの運転が可能な車両で、1999年に313系が登場するまでは、新快速運用が中心の花型車両であった。今では、普通列車が主体の運用となっているが、それでも、細々と新快速運用が残されているのは、デビュー当時を知っているだけに嬉しくなる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武 新型特急001系第1編成の甲種輸送を撮影する その2

10月28日のお話です。

25年ぶりの新型特急車両が、この日、ついに西武鉄道の線路に入線する。前日に引き続き、新型特急の甲種輸送の撮影に出かける事にした。

横浜羽沢駅で一夜を過ごした新型特急は、8時50分、新秋津に到着する。前日の疲れからか、起きるのがギリギリのタイミングとなってしまい、朝食も食べずに自宅を出発。武蔵境駅のNEWDAYSでおにぎりを購入し、西武多摩川線に乗り込んで是政へ。駅から3分ほど歩いて、向かった先は是政橋。ここから、武蔵野線の多摩川橋梁を渡る新型特急を撮る。お天気が良ければ、富士山も見える最高の場所なのだが、生憎、雲が掛っており、富士山は見えなかった。それでも、注目の新型特急の甲種輸送と言う事で、是政橋の歩道にも、撮り鉄さん達が集まっていた。

Simg_7d66170

武蔵野線多摩川橋梁を渡る、西武鉄道の新型特急。

手元の時計で、8時30分頃のこと。国鉄色のEF65に牽引された、西武鉄道の新型特急の甲種輸送が、武蔵野線の多摩川橋梁に差し掛かった。背後に富士山は見えないものの、夢中になってシャッターを切ったのだが、通過後、カメラのモニターを見ると、機関車の位置が微妙な場所でシャッターを切っていた。まあ、この日の主役は新型特急。この時は、牽引してきた機関車の車番も知らず、そんな風に思っていた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武 新型特急001系第1編成の甲種輸送を撮影する その1

10月27日のお話です。

西武鉄道は、今年度より、25年ぶりとなる特急車両の新造が始まることなっていたが、この度、新型特急車両の第1編成が、山口県の日立製作所で落成し、10月26日から28日にかけて、甲種輸送が実施される事になった。

山口県の下松から2泊3日をかけた甲種輸送。金曜日から日曜日にかけての輸送となるため、ちょっと遠出をすれば、前日の土曜日も、甲種輸送の模様を撮影する事が出来る。前日の土曜日は、横浜羽沢駅までの輸送となるので、愛知県内・静岡県内ならば、東京から出掛けてきても充分に撮影が可能となる。しかし、この日は、フェイスブックでお友達になっていただいている方からのご依頼で、夜は、表参道の東京ウイメンズプラザで、「働く女性の困った事を解決しよう 通勤のメンタルヘルス」と言うテーマで、鉄道の施設等について登壇する事になっており、18時までには表参道に戻らなくてはならなかった。

そこで、甲種輸送の撮影場所を、浜松周辺と決め、スーツ姿で、東京駅から東海道新幹線に乗車し浜松へ。更に、浜松から東海道本線の普通列車に乗り換え、弁天島駅へ。途中、浜松駅での乗り換えの際、強い雨が降り出し、撮影できるか心配だったが、弁天島駅に降り立った時には、雨も上がっていた。到着後、撮影地へ向けて歩きだす。浜名湖を眺めながらのんびり歩く事15分。辿り着いたのは、東海道本線の第三浜名橋梁を望む事が出来る、西浜名大橋付近。到着時点で、既に10名近くの撮り鉄さんが待機していたが、脚立に上がって撮影されると言う方に声をかけて、前に入れていただく事にした。そして、天気も徐々に晴れ間が見えてきて、甲種輸送の通過前には、見事にお天気も回復してきた。

現地到着から、およそ1時間半。12時16分頃になるが、吹田機関区所属のEF210-106号機に牽引された、新型特急の甲種輸送が、第三浜名橋梁を通過した。

Simg_7d66076_2

EF210-106号機に牽引され、浜名湖を渡る、西武鉄道の新型特急。

山口県の日立製作所を旅立ち、一路、新秋津を目指す、西武鉄道の新型特急。私自身、第三浜名橋梁へやって来たのは、2015年10月17日に実施された、西武鉄道30000系30106Fの甲種輸送の撮影時以来、およそ3年ぶり。あの時は、通過直前に曇ってしまったが、今回は全く逆で、通過直前に晴れてくれた。浜名湖まで来て、本当に良かった。新型特急が走り去った後、改めてそう感じた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武多摩川線 101系241Fと253Fの甲種輸送が実施される

10月20日から21日にかけてのお話です。

JR中央線の武蔵境駅から分岐して、是政までを結ぶ西武鉄道多摩川線。西武鉄道の他の路線と繋がっていない多摩川線は、およそ3ヶ月に一度の割合で、甲種輸送が実施され、車両を入れ替えている。10月20日から21日にかけて、今年3回目の甲種輸送が実施され、多摩川線へは241Fが送り込まれて、多摩川線からは253Fが戻って来た。

今回多摩川線に送り込まれた241Fは、今年6月下旬頃より、伊豆箱根鉄道創業100周年記念のコラボ企画として、伊豆箱根鉄道カラーのラッピングが施された。

Simg_7d63242

今回、多摩川線に送り込まれた241Fは、今年6月下旬より伊豆箱根鉄道カラーとなっていた。

昨年9月より走り始めた、伊豆箱根鉄道とのコラボ列車だが、249F(現在はイエローツートン塗装に変更)、261Fに次いで、241Fは通算3本目の伊豆箱根鉄道カラーとなった。今回の甲種輸送までの間は、多摩湖線で運用されており、261Fとの伊豆箱根鉄道カラー同士の交換シーン等を楽しむ事が出来た。

Simg_7d63237

一橋学園駅で見られた伊豆箱根鉄道カラー車同士の交換シーン。左側が241F、右側が261F。

241Fは4両全てのベンチレーターが撤去されているが、261Fは、クハ1261とモハ261に1個ずつベンチレーターが残されており、車番以外では、ベンチレーターの有無が最も簡単な見分け方と言える。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臨時快速おさんぽ川越号が運転される

10月20日のお話です。

毎年10月の第3日曜日とその前日の土曜日の2日間、埼玉県川越市では、川越氷川神社の祭礼「川越まつり」が開催されている。2016年には、ユネスコの無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」の一つとして登録された。

今年も10月20日と21日の2日間、川越まつりが開催され、それに合わせて、JR東日本は、臨時列車を運行。京葉線の新習志野駅から武蔵野線・川越線経由で運転された「おさんぽ川越号」も、その臨時列車の一つ。この「おさんぽ川越号」、昨年はE257系500番台車での運転だったが、今年は、去就が注目されている185系、しかも、4両編成での運転となった。

185系の4両編成は、6両編成の185系と組み、修学旅行列車や臨時快速「ムーンライトながら」等に使用されているが、普段は増結用。4両編成での単独運行は珍しい。これは是非撮っておきたい。

しかし、その日は生憎、模型運転会に参加する事になっており、「おさんぽ川越号」の撮影は、武蔵野線内に限られてしまった。スマホの駅すぱあとを眺めながら、「おさんぽ川越号」は南浦和駅で撮る事に決定。同駅に9時54分に着く、武蔵野線の電車で南浦和へ。「おさんぽ川越号」の到着まで2分あると思っていたのだが、なんと、「おさんぽ川越号」は、南浦和駅のすぐ手前まで来ており、入線シーンを撮る事は出来なかった。乗車してきた、武蔵野線の列車の出発を待って、停車中の「おさんぽ川越号」を撮影する事に・・・

Simg_x8802

南浦和駅に停車中の臨時快速「おさんぽ川越号」

この日、「おさんぽ川越号」に使用されていたのは、大宮総合車両センターに所属する185系C7編成。4両編成の185系は、2編成が存在し、このC7編成は、以前、「踊り子」の修善寺行きに使用されていた5両編成から、サハ185を外したもの。ちなみに、もう1本の4両編成は、200番台で構成されているB7編成で、こちらは7両編成から、サロ185とモハ185とモハ184を外して4両編成化している。

Simg_x8807

南浦和駅を発車。一路、川越を目指す臨時快速「おさんぽ川越号」。

「おさんぽ川越号」は、南浦和駅のお隣、武蔵浦和駅を通過すると、すぐに東北本線との連絡線へ入り大宮へ。更に、大宮駅から先、鉄道博物館付近にある川越線への連絡線を通り、川越を目指す。東北本線への連絡線との位置関係からすると、武蔵浦和駅も停車できるのだが、武蔵浦和駅には、埼京線も通っている。川越線との直通列車が日常的に運行されている埼京線が発着する武蔵浦和駅に、川越行きの臨時列車を停車させると、埼京線ホームからの発着ではないかと勘違いする人がいるからなのか、武蔵浦和駅は通過となっていた。武蔵野線から東北本線へ通じる連絡線は、武蔵野線西船橋方面からの大宮直通列車「しもうさ号」で通る事が出来るが、鉄道博物館付近にある川越線への連絡線は、なかなか通る事が出来ない為、一度は、この列車に乗ってみたいと思っているのだが、未だ乗れていない。来年こそは・・・と、毎年思っているのだが、果たして、来年は乗る事が出来るだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道 ふかや花園駅開業記念と龍勢まつりのヘッドマーク掲出編成を撮影する

ELパレオエクスプレス撮影の為、秩父を訪れた、10月6日から7日にかけてのお話です。

波久礼駅付近で、上りのELパレオエクスプレスを待っている間に、上りの普通列車が2本が通ったが、2本目の普通列車でやって来たのが、こんな車両だった。

Simg_7d65528

ふかや花園駅開業記念ヘッドマークを掲出した7500系による羽生行き普通列車。

秩父鉄道は、10月20日、新駅、ふかや花園駅が開業する事になっており、新駅をPRしたヘッドマークを、7500系のトップナンバー編成に掲出して運転している。この新駅開業に合わせて、10月1日には、新駅に対応したダイヤ改正を実施。開業前ではあるが、普通列車は、既に、ふかや花園駅で運転停車をしていると言う。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武101系259Fが赤電カラーとなって出場

8月27日より、武蔵丘検修場に入場していた、西武多摩湖線の101系259F。

入場から1ヶ月以上が経過し、そろそろ出場の頃かと、毎日のように、Twitterをチェックしていたところ、10月10日、ついに同編成が赤電カラーとなって出場。昼休み、Twitterにアップされていた画像を、食い入るように眺めてしまった。

赤電カラーとなった101系ワンマン車は、247Fに次いで2編成目。しかも、この編成に関しては、2010年11月から2011年11月までの1年間、多摩川線で運行していた事があるが、2011年7月に245F、2013年に241Fが追加でワンマン運転対応改造を受けた事により、以後、多摩川線へ送り込まれた事が無く、多摩湖線専属と言っても、ほぼ間違いない。10月3日には、赤電リバイバルカラー車を運行している近江鉄道、伊豆箱根鉄道とコラボ企画の赤電記念乗車券が発売になったこともあり、入場中の259Fが赤電カラーが出てきてくれれば良いのにと思っていたが、思い通りの結果となった。

101系ワンマン車が、武蔵丘検修場を出場した場合、まずは、試運転を兼ねて、南入曽車両基地へ向かうが、通常は、その日の夜には、上石神井経由で玉川上水車両基地へ回送される。

そこで、玉川上水車両基地へ向かう回送列車を撮るため、10月10日は、一旦帰宅後、デジイチを持って萩山駅へ。19時39分頃、259Fの回送列車が、萩山駅を通過して行った。

Simg_7d65611_1

萩山駅を通過する259Fの回送。

この回送列車がやや遅れると、萩山駅では、多摩湖線の国分寺行き、西武遊園地行きが停車しており、101系ワンマン車が一瞬ではあるが3本並ぶ事になる。この日、萩山駅では、3番ホームに257Fの国分寺行き、1番ホームに伊豆箱根鉄道カラーとなっている261Fの西武遊園地行きが停車しており、左から257F、259F、261Fと、1998年11月、国分寺~萩山間ワンマン運転開始に合わせて、ワンマン運転対応改造が行われた3編成が、綺麗に並んでくれた。

Simg_7d65621

247Fではない事を表すために、モハ259の車番を撮影。

気付けば、多摩湖線、国分寺~萩山間がワンマン運転を開始してから、まもなく20年。そんな節目の年に、多摩湖線の主として活躍してきた、101系ワンマン車3本のうちの1本が、赤電カラーになるとは・・・ 

あれから20年。私も歳を取る訳だなあ・・・

Simg_7d65622_1

振り向いて、やや強引に後追い。

これまでに、特別カラーとなった101系ワンマン車と異なり、この編成は、多摩湖線で長く営業運転に就いてくれる筈なので、営業運転が始まれば、いつでも撮影は出来る筈。そして、現在、多摩川線で活躍中の247Fが戻ってきたら、赤電同士の並びも撮れるかもしれない。来年は、色々と楽しみが増えそう。そんな事を考えながら、走り去る259Fを見送った。

Simg_7d65625

259Fの回送の後は「拝島ライナー」

そして、回送列車の続行となる「拝島ライナー」は、拝島線開通50周年記念ヘッドマークを掲出した40105F。残念ながら、上り列車が到着してしまった為、入線シーンは撮れず、発車後に後追いとなってしまった。このヘッドマーク掲出編成も、まだ夜しか撮った事が無いが、土曜・休日ダイヤに見られる、萩山駅での多摩湖線ワンマン車との並び等、色々と撮りたいシーンもある。撮れる時に、しっかり撮っておかなくては・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道 ELパレオエクスプレスを撮影する

東京から一番近いSL列車と言われている、SL列車「パレオエクスプレス」を運行している秩父鉄道。

週末を中心に、C58 363号機が12系客車4両を牽引し、熊谷~三峰口間を、およそ2時間半で結んでいるが、C58 363号機が、故障を起こし、9月28日から、SL列車としての運行が不可能となってしまった。

秩父鉄道は、9月28日から30日までの「パレオエクスプレス」を、電気機関車が牽引する「ELパレオエクスプレス」として運行する事を発表。既に発売された指定席料金は、払い戻しをする事で、特別料金不要の客車列車として運行する事になった。SLも嫌いではないが、個人的には、SLよりも電気機関車の方が好き。代走はいつまで続くか解らない。そう思ったら、撮影に行きたくなってしまった。

台風24号が近付いている、9月29日のこと。天気は良くなかったが、秩父鉄道沿線へ出向き、「ELパレオエクスプレス」を撮影する事にした。向かったのは、熊谷に程近い武川駅周辺。天候が悪化する前に、撮影を済ませてしまうという作戦である。駅から歩いておよそ10分ほど。武川~永田間の有名撮影地へ向かう。線路沿いの道を歩いていると、草が伸び放題。これは撮れないんじゃないかと不安に思いながら歩いていると、突然、草が100メートルぐらい刈られている場所を発見。これだけ刈られていれば、撮影には全く支障ない。しかも、悪天候だったからか、有名撮影地でありながら、誰も来ていなかった。有り難い事である。

Simg_7d65362_1

武川~永田間を行く「ELパレオエクスプレス」

手元の時計で10時35分頃のこと、デキ504が牽引する「ELパレオエクスプレス」が、ゆっくりした速度で、この地点にやって来た。デキ504は、今年5月に、御覧のようなピンク色に塗装変更され、広瀬川原車両基地の公開イベント「わくわく鉄道フェスタ」で初お披露目となって以来の撮影となったが、このような悪天候でも、このカラーは、とても良く目立つ。

Simg_7d65365

最後尾には、デキ201を連結。

そして、すぐ背後にある踏切まで移動して、後追いも撮影。最後尾には、広瀬川原車両基地~熊谷間の回送列車を牽引したデキ201が、そのまま連結されており、この事からも、折り返しの上り列車は、デキ201が牽引するのは確定的で、こちらも魅力的ではあるのだが、この日は午後から別の予定が入っており、上り列車の撮影はせず、このまま秩父鉄道沿線から撤収と言う事にしたのだが、せっかく、熊谷貨物ターミナルへ通じる三ヶ尻線が分岐する武川まで来たので、貨物列車も一緒に撮りたいと、可能な限り、撮影地に留まったのだが、どうやら、太平洋セメント熊谷工場の定期点検と重なってしまったようで、貨物列車は、石炭列車も含め運休とのこと。そんな事も知らず、この日は、武川駅の一駅手前、明戸駅から歩いて、三ヶ尻線の様子を見ながら移動したのだが、貨物列車とは出会う事はなかった。しかし、石炭列車のスジを利用し、熊谷貨物ターミナル方面へデキが向かったのは見ていたので、お昼過ぎに武川駅に到着する石炭列車の到着まで待ってみたところ・・・

Simg_7d65392

熊谷貨物ターミナルから戻って来たデキ301。

12時19分頃のこと。三ヶ尻線の線路上を、デキ301がやって来たのだが、御覧のように、貨車は連結されておらず、機関車のみ。

Simg_7d65396

後追い。このまま武川駅へ。

デキ301は、武川駅に到着した後、すぐに三ヶ尻線の線路上まで引き上げてきたが、そのまま構内の機関車留置線へ入庫してしまった。

撮影後、ふと、カメラのモニターを見ていると、違和感を感じた。それは、機関車のパンタグラフである。この時期、秩父鉄道の機関車のパンタグラフは、片側のみを使用しているのだが、通常は、羽生方のパンタグラフを使用している。しかし、このデキ301は、三峰口方のパンタグラフを上げている。

後日、この事を、西武秩父駅近くにある鉄分の濃い焼鳥店、やきとり「省松」のご主人にお聞きしたところ、単機の回送列車や入替の時は、どちらのパンタグラフを上げるか決まっていないそうで、その時の都合で、使いやすい方を上げるんだとか。そう言われてみると、2012年5月に撮影した重単も、三峰口方のパンタグラフを上げていた。

この撮影を以て、この日の秩父鉄道の撮影は終了。武川駅から上り列車に乗り込み、次の目的地へ向かった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東急池上線で7700系と出会う