西武鉄道×台湾鉄路管理局 協定締結記念電車運転中

西武鉄道は、台湾鉄路管理局との姉妹鉄道協定が、3月14日で2周年を迎える事を記念し、3月18日より、「西武鉄道×台湾鉄路管理局 協定締結記念電車」の運行を開始した。

今回、「西武鉄道×台湾鉄路管理局 協定締結記念電車」としてラッピングが施されるのは、西武新宿線・拝島線等で運行中の2000系電車8両。運行初日となる3月18日は、11時45分から、本川越駅にて、女子鉄アナウンサー、久野知美さんが司会を務める出発式が行われた後、同駅12時17分発の急行西武新宿行き2662列車より、運行を開始する。

そこで、初日の3月18日は、久々の土曜休みとなったこともあり、この電車を追いかける事に。ラッピング電車と言う事で、側面もしっかり撮りたい。時間帯を考慮して、撮影場所に選んだのは、航空公園駅近くの側道。ここは、線路と道路との間が、適度に離れており、側面のラッピングも、しっかり撮る事が出来る筈。

12時頃、自宅を出発し、一路、航空公園へ。撮影地に到着したのは、2662列車の通過およそ10分前。ちょうど、先行の各停西武新宿行きで試し撮りしをした後、2662列車を迎える事に。

Simg_7d50303

航空公園駅を発車。一路、西武新宿へ向かう「西武鉄道×台湾鉄路管理局 協定締結記念電車」

12時35分、2662列車は、航空公園駅を発車した。御覧の通り、「西武鉄道×台湾鉄路管理局 協定締結記念電車」になったのは、なんと旧2000系の2007F。数少なくなった、行先表示が幕式の車両として、注目されている編成である。実は、2007Fがラッピング電車になる事は、前日の段階で、Twitterに目撃情報が上がっていた。西武鉄道の公式サイトにアップされたイメージでは、新2000系になっていたので、2007Fがラッピング電車になると言う情報を目にした時は、正直驚いた。しかし、旧2000系のラッピング電車は、2015年9月26日より、2ヶ月間の期間限定で運行された、小平市のラッピングトレイン「ぶるべー号」となった2021Fで実績があり、今回の2007Fが二例目。まあ、旧2000系の場合、戸袋窓が無い分、広告スペースとして使える部分が多いので、同じく戸袋窓が無い新2000系の更新車と同様、ラッピング電車にしやすいと言う事なのだろう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大盛況だった西武40000系お披露目イベント

3月25日、西武鉄道はダイヤ改正を実施し、新型車両40000系を使用した、有料座席指定列車「S-TRAIN」の運行を開始しましたが、本日の弊ブログの話題は、2週間ほど遡りまして、3月12日のお話となります。お付き合いいただけましたら幸いです。

ダイヤ改正を機に、デビューする事になった西武鉄道40000系。これまで試運転が繰り返されて来たが、ダイヤ改正まで2週間を切った3月12日、お披露目イベントが西武球場前駅で開催される事になった。会場の西武球場前駅では、40101Fと40102F、2編成を並べた内覧会が開かれる他、池袋~西武球場前間に1往復、40000系を使用した臨時列車(事前申込制)を運転する。臨えん時列車は、営業運転開始後、あまり入らないと思われる、西武線の池袋駅へ入線するので、出来れば、池袋周辺で記録しておきたい。

当日、私は、まず池袋~椎名町間の駅間へ向かうことに。山手線の目白駅から、徒歩で移動すること、およそ10分。まずは、池袋~椎名町間の池袋3号踏切に向かうが、流石に同じ事を考えた人が既に待機しており、ここでの撮影は断念。続いて、池袋4・5号踏切へ向かうが、ここは撮影に不向きだった。仕方なく、この辺りをウロウロしていると、池袋3号踏切と4号踏切のほぼ中間地点、アパートに囲まれた行き止まりの道を発見。どうやら、線路沿いまで行けそう。実際に、突き当たった場所に立ってみると、8両編成ぐらいまでならば、上り列車が撮影出来そう。他の撮影地を探す時間もない為、ここで待機する事に。

Simg_7d50200

池袋へ向かう40000系の回送列車。

現地到着からおよそ15分後。手元の時計で9時19分頃になるが、40000系の回送列車が通過した。池袋へ送り込まれたのは、トップナンバーの40101F。初めてお客さんを乗せる列車には、やはりトップナンバー編成を充当と言う事だったのだろう。

この後、池袋からの臨時列車の撮影に移る。とりあえず、池袋3号踏切へ行ってみるが、私が入るだけのキャパは無かった。急いで、3つ先となる池袋6号踏切へ。

Simg_7d50203

お客さんを乗せて、一路、西武球場前へ向かう40101Fの臨時列車。

現地到着後、すぐに6000系の上り列車が通過したが、通過後すぐに、40101Fの臨時列車がやって来た。レンズも交換する余裕すらなく、そのままの状態で撮影したが、特徴のある池袋4・5号踏切も写っており、池袋付近を走行していると言うのが解るように撮れたのではないかと、自分では満足している。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武新宿PePe&新宿プリンホテル40周年記念ヘッドマーク掲出編成を撮影する

2017年3月3日、西武新宿駅と直結する、西武新宿PePe及び新宿プリンスホテルは、開業40周年を迎えた。

40周年の節目の年。記念企画や特別プランが企画される中、西武新宿線を走る20000系20104Fに、40周年記念ヘッドマークが掲出され、2月27日夕方より、ヘッドマークを掲出して運転している。

幼い頃から、西武新宿線や拝島線・多摩湖線を見て育って来た私。年齢的には、駅ビルが出来る前に生まれているのだが、PePeと新宿プリンスホテルが無い西武新宿駅は、全く記憶にない。

あれから40年。このヘッドマーク掲出編成を、一刻も早く撮りたい。平日も含めて、撮影できるチャンスがないか狙っていたが、なかなかチャンスは訪れない。ようやく撮影チャンスが巡って来たのは、運行開始から約2週間が経過した3月12日のことだった。この日は、3月25日に実施されるダイヤ改正を機にデビューする新型車両、40000系のお披露目イベントが実施された日。40000系の臨時列車を、池袋~椎名町間の駅間で撮影しようと、高田馬場経由で撮影地に向かう際、高田馬場駅の山手線ホームから、偶然にも、ヘッドマークを掲出した20104Fを目撃。40000系の臨時列車撮影後、徒歩で下落合付近へ移動し、20104Fを撮影してみた。

Simg_7d50241

西武新宿PePe&新宿プリンスホテル開業40周年記念ヘッドマークを掲出した20104F。

西武新宿行きの急行列車としてやって来た20104F。ヘッドマークの趣旨から、西武新宿行きの優等列車で撮影したいと思っていたので、まさに狙い通り。個人的には、20000系より、西武新宿駅の駅ビル開業と同じく、1977年にデビューした2000系車両への方が適任のような気もするが、増解結が頻繁に行われる2000系よりも、20000系の方が固定編成なので、常にヘッドマーク掲出車両が先頭に立つ事から、ヘッドマーク掲出効果が高いのだろう。20000系自体、デビューは新宿線だった事も有り、特に10両固定編成は、新宿線への配置が多い為、私自身、新宿線でのイメージが強いから、これで良かったのかもしれない。

20104Fのヘッドマーク掲出期間は、来年2月26日位までの予定とのこと。まだまだ撮影チャンスもあるので、これからも、様々な場面で撮影してみたい。山手線の新大久保駅から、西武新宿駅の駅ビルをバックに撮るのも良いかもしれない。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惜別 烏山線のキハ40

では、引き続き2月26日のお話です。

西武新宿線の南大塚駅で、4000系の「ハッピートレイン号」を撮影した後は、本川越駅へと戻り、徒歩で川越駅へ。そこから川越線で大宮へ。更に東北新幹線に乗り換えて、向かった先は宇都宮。

春は出会いと別れの季節。今年も、3月4日に行われるJRのダイヤ改正を機に、デビューする車両。そして、入れ替わりに去りゆく車両がある。

宇都宮駅から東北本線で2駅。宝積寺駅から分岐し、那須烏山市の烏山までを結ぶ烏山線。非電化路線ではあるが、ダイヤ改正を機に、全列車、蓄電池駆動電車、EV-301系に置き換えられる事になり、30年以上、同線の主力として活躍して来た、キハ40が引退する事になった。これまでに、烏山線には、何度か乗車もし、撮影もした事はあるのだが、首都圏唯一のキハ40を、もう一度撮っておきたくなり、この日、沿線に出向く事にした。

大宮から東北新幹線で約25分。宇都宮駅に到着したのは、12時50分頃の事であった。到着後、駅構内の蕎麦店で昼食を摂った後、宇都宮線の黒磯行きに乗り込んで、烏山線との分岐駅である宝積寺へと向かう。次の烏山線は、宇都宮からの直通だが、今回は、撮影が主体。宝積寺まで先行し、駅から徒歩で移動できる場所で、キハ40を待つ事にした。宝積寺駅から向かったのは、2013年8月、烏山線を撮影したポイント。当時の記憶を思い出しながら歩くこと、およそ20分。撮影地に到着した。

現地到着から、およそ5分後のこと。宇都宮からの烏山行きがやって来た。

Simg_7d50060

宇都宮線(東北本線)から別れ、一路、烏山を目指すキハ40。

林の中から現れたのは、烏山線色のキハ40 1002と一般型気動車標準色風カラーを纏うキハ40 1003の2両編成。時刻表上の列車番号を見ると、1333Mとなっており、本来ならば、1編成だけ先行デビューしている、蓄電池駆動電車EV-301系充当の列車だが、ダイヤ改正に備えて、EV-301系は運用から外れており、キハ40による代走が行われていた。その為、キハ40の撮り納めとして訪れている私には好都合だが、新旧車両の顔合わせを撮る事が出来ないと言うのは、ちょっと残念である。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武4000系「ハッピートレイン」を撮影する

2月25日から26日にかけてのお話です。

川越プリンスホテルが企画する、西武4000系車両を使用した挙式プラン「HAPPY TRAIN WEDDING」。私が知る限り、これまでに3組が、このプランを使った挙式を行っており、その模様は、弊ブログでも、何度か取り上げているが、この度、2月26日に、4組目の挙式が行われる事になった。

実は、この4組目のご夫婦、新郎は、Facebookのお友達。大変有り難い事に、当日の撮影の参考になればと、事前に、本川越駅と西武球場前駅の時刻を教えてくれた。この情報は有り難く頂戴し、撮影計画を立てる事にした。

さて、このプランに使用される4000系車両。皆さんもご存知の通り、普段は、飯能~西武秩父間の各駅停車や、秩父鉄道へ直通する列車に使用されている為、新宿線には配属されていない。従って、このプランに使う為、前日中に、南入曽車両基地へ送り込まれる。これまでのパターンからして、所沢駅に20時35分頃到着する、回送スジで回すだろう。そう思い、2月25日の夜、時間に合わせて所沢駅へ。

Simg_x6675

所沢駅1番ホームに到着した、4000系の回送列車。

20時35分頃、予想通り、所沢駅1番ホームに、4000系の回送列車が到着した。翌日の「HAPPY TRAIN WEDDING」に備えて、南入曽車両基地に送り込まれたのは4013Fだった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父鉄道 貨物列車と急行「ウイスキー祭号」を撮影する

前の記事に続きまして、2月19日のお話です。

昼過ぎ、横瀬駅で「プラチナエクスプレス」の並びを強引に撮影した後は、秩父鉄道へ転戦した。

毎年1月末から2月にかけて、秩父鉄道は、急行「秩父路」を、長瀞の宝登山のロウバイの開花に合わせて、急行「ロウバイ号」として運転。3本ある6000系には、それぞれ違うデザインのヘッドマークを付けて走らせており、秩父を訪れた際の楽しみにしていた。この日も、まだ、ロウバイ号は走っているかと思い、秩父鉄道のホームページを確認すると、なんと1週間前に終了している事が判明。インフルエンザに感染しなければ、撮りに行けたのに・・・と、後悔した。

しかし、そのままホームページを眺めていると、急行「ウイスキー祭号」の文字を発見。実は、秩父鉄道でも、「ウイスキー祭」に合わせて、急行「秩父路3号」を「ウイスキー祭号」として運転。ヘッドマークも用意すると言う事。ウイスキー祭の会場の一つである、秩父地場産センターは、秩父駅と直結しており、これは秩父鉄道も黙っていない。「ウイスキー祭号」として運転の「秩父路3号」は、三峰口駅到着後、「秩父路6号」として熊谷へ。その後、「秩父路5号」となって、13時36分には、再び秩父にやってくる。おそらく、ヘッドマークもそのままだろう。

この時間帯に順光で撮れる場所と言う事で、横瀬から向かった先は、秩父鉄道の和銅黒谷駅。この場所なら、貨物列車も撮影が可能だ。幸いなことに、列車内から武州原谷駅を眺めてみると、貨物列車が停車していた。しかも、何やら変わった色の機関車まで・・・

12時56分、和銅黒谷駅に到着。早速、駅の秩父方にある踏切付近で待機。警報機と遮断機が無い踏切なので、列車の接近に注意しながら、先に通過する下りの貨物列車を待つ事にした。

Simg_7d49906

和銅黒谷駅を通過する、下りの貨物列車。

手元の時計で13時04分頃のこと。デキ303牽引の下り貨物列車が、和銅黒谷駅を通過した。冬季限定、パンタグラフ2基上昇で走る姿は、とても凛凛しく見える。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武 「プラチナエクスプレス」が臨時特急充当で秩父に集結

2月19日のお話です。

この日、西武鉄道は、秩父神社と秩父地場産センターで開催される「第4回 秩父ウイスキー祭」に合わせて、臨時特急列車を運行した。増発された臨時特急列車は、下りが2本、上りが1本で、このうち、下り列車の1本に関しては、新宿線の本川越発での運行。列車名も「ちちぶ91号」となっており、普段は新宿線で走らない特急「ちちぶ号」が見られることになる。また、臨時運行される特急列車は、昨年12月、秩父市の「秩父祭の屋台行事と神楽」、川越市の「川越氷川祭の山車行事」がユネスコ無形文化遺産に登録された事を記念して、運行を開始したラッピング電車「プラチナエクスプレス」での運転される事が発表されており、特に、新宿線を走る「プラチナエクスプレス川越Ver」に関しては、ラッピングを施してから初の池袋線・西武秩父線走行となる他、この両者が西武秩父駅等で並ぶ可能性がある。これは是非とも撮りたい。

当日朝、まずは、新宿線内を走る「ちちぶ号」を撮ろうと思い、本川越へ行く事にした。本川越始発の臨時特急「ちちぶ91号」は、本川越駅を9時41分に出発する。スマホの駅すぱあとで調べてみると、定期の特急列車と同じく、本川越駅2番ホームから発車する事のこと。と言う事は、9時30分発の「小江戸68号」が発車した後の入線となる。そして、この列車に先行して、どこかで撮影するには、9時36分発の各停西武新宿行きには乗らなくてはいけない為、撮影できる時間は、およそ3分。結構慌しい。

9時29分、本川越駅に到着。私は、折り返し乗車に備えて、いったん改札口を出場。すぐに再入場をする。こうしておけば、撮影後、すぐに移動できる。再入場後、特急ホームの車止め付近に待機。「ちちぶ91号」の入線を待った。

Simg_x6655

本川越駅で出発を待つ臨時特急「ちちぶ91号」

9時33分頃のこと。本川越駅に、「プラチナエクスプレス川越Ver」となっている10104Fの回送列車が入線。到着後、すぐにドアが開いた。しかし、車両側の列車名の表示は、御覧のように、正面・側面共、「臨時」表示。てっきり、「ちちぶ」と表示されると思っていただけに、これは残念だ。

気を取り直して、9時36分発の各停西武新宿行きに乗り込み、先を目指す事に。降り立ったのは、お隣の南大塚駅だった。この駅を選んだのは、上りホーム側からも撮影が可能であると言う事と、「ちちぶ91号」が、南大塚駅付近で、下りの特急「小江戸5号」とすれ違うから。裏被りだと言って、すれ違いを嫌う人もいるが、今回の場合、「ちちぶ」が新宿線を走った証として、新宿線の特急「小江戸」と並ぶところを押えれば・・・と言う思いでの選択だった。現地到着から、およそ5分後、下りホームに通過列車接近の放送が入る。そして、それから少し遅れて、上りホームにも通過列車の接近放送が入った。しかし、僅かに、下り特急列車の通過が早く・・・

Simg_7d49872

南大塚駅を通過する、西武秩父行き臨時特急「ちちぶ91号」

残念ながら、下り特急との並びはなく、ただ単に「臨時」幕のプラチナエクスプレスが通過すると言う光景になってしまった。それでも、普段の「小江戸」とは違う姿であるから、これはこれで良かったかも。そう思う事にした。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古い鉄道写真12 165系最後の営業列車 快速「こころ」

昨年8月の引っ越し時に、荷作りで苦労したものの一つに、デジカメ導入前に撮っていた鉄道写真がある。

それらの古い写真を箱詰めしたもの中には、未だに開封していないものがあるが、良い機会なので、これらの写真をデジタル化しようと決意。先日、たまっていたヨドバシカメラのポイントを利用し、新たにフィルムもスキャンできるスキャナーを購入した。これまでに、名刺などをスキャンする事が出来る、簡易的なスキャナーは所持していたが、本格的なスキャナーの導入は、これが初めて。早速、気になった写真を数枚、スキャンしてみた。

今回は、その中から、私の大好きな直流急行形電車、165系のお話。

今から14年前。2003年4月1日早朝、新潟駅に到着した快速「ムーンライトえちご」を以て、165系の定期運用は消滅した。しかし、定期運用終了後、9月末までの約半年間、臨時快速列車「こころ」が運転された。この列車は、当時、NHKで放送されていた、朝の連続テレビ小説「こころ」の舞台となる一つである、中越地方の越後湯沢と長岡を結ぶもので、当然、このドラマを意識した列車名である。

この165系の快速「こころ」を、私は2回、乗りに行った記憶がある。

Simg_20170219_0025

越後湯沢駅に停車中の165系快速「こころ」

当時の撮影データが見当たらないので、はっきり断言できないが、前後の撮影した画像から判断すると、運転開始直後の4月中に、まず一度乗りに行っていた模様。この快速「こころ」には、M6編成が充当されていた。当時、165系で運用に就いていたのは、この他にM1編成しかなく、M6編成は、最後まで、快速「こころ」専属で運用されていたと記憶している。

Simg_20170219_0024

クモハ165側も撮影したが、こちらは残念ながら発車直前まで「回送」幕だった。

そして、二度目の乗車は最終日となった2003年9月28日。この日は、早朝、中央線三鷹~国分寺間の高架化工事に向けた、第1回目の線路切り替え工事が、大失敗に終わった日でもあった。

Simg_20170219_0015_1

越後湯沢駅に停車中の団体列車「急行さよならこころ号」

この日も、1回目の時と同じように、越後湯沢~長岡間の快速「こころ」に乗車して、165系の乗り収めをした。そして、夕方、越後湯沢へ向かう、上りの「こころ」を撮影後、越後湯沢駅へ。営業終了後の回送列車を、団体列車扱いの急行列車として、新潟まで運転する事になり、この列車を越後湯沢駅で見送った。残念ながら、発車するまで、115系が停車しており、このような並びの写真しか撮れなかったが、これも今となっては、良い思い出。

と言う訳で、今後も、古い写真ネタを、定期的にお送りしていきたいと思っています。お付き合いいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東村山駅 高架工事に伴い3番ホーム西武園線の停止位置を変更

2024年度の完成を目指し、高架化工事が進行中の東村山駅。

この度、高架化工事の進捗に伴い、現在、西武園線の列車が発着する3番ホームの停止位置を、約50メートル、所沢方に移動する事になり、3番ホーム所沢方に、仮設ホームの設置工事が進んでいたが、工事が完成し、2月12日初電より、西武園線の停止位置が変更される事になった。

そこで、2月11日から2月12日にかけて、東村山駅を訪れ、西武園線の停止位置変更の様子を観察してみた。

Simg_x6597

高架化工事に伴い、西武園線の停止位置が変更される事になった東村山駅3番ホーム。翌日から使用される延伸部分を、2番ホームから眺めてみる。

まずは2月11日。停止位置変更前の最後の様子を見に行く事に。私が東村山駅に到着したのは、23時10分頃のこと。特に意識したつもりはなかったのだが、偶然にも、同日の最終列車を見届ける事になってしまった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武 奥むさし駅伝開催に伴う臨時列車を観察する

2週間前、1月29日のお話です。

1月最後の日曜日。今年も、恒例行事、奥むさし駅伝が開催された。西武鉄道は、毎年、この駅伝大会開催に合わせて、駅伝のコースと重なる飯能~西吾野間に、臨時列車を2往復増発。更に飯能~西吾野間が1日乗り放題となる「奥むさし駅伝応援きっぷ」を販売して対応している。

弊ブログでは、この奥むさし駅伝開催に合わせて運転される臨時列車の観察記を、以前より取り上げている。臨時列車1本目は、飯能駅の出発時刻も早く、寒いこの時期の早朝出動は、かなり辛いものがあるのだが、今年も、臨時列車の撮影に合わせて、早起きして現地へ向かった。

1本目の臨時列車は、飯能駅を7時36分に発車する。昨年は、1本目の臨時列車は、西武秩父行きとして運転されており、今年も、昨年同様、西武秩父行きとしての運転となった。私は、この列車に間に合うように、自宅を6時35分に出発し、久米川駅6時47分発の急行本川越行きに乗り込み、まずは所沢へ。所沢駅7時00分発の準急飯能行きに乗り込み、飯能へと向かった。実は、昨年、西武秩父行きの臨時列車が、飯能駅始発と言う事になっていたが、実際には、池袋からの準急飯能行きを、西武秩父行きに延長運転して対応しており、今年も、同じ事をしていないだろうかと、念のため、この列車を選択したのだが、実際にやって来たのは、10両編成の車両であり、今年は、完全に飯能始発であることが、この時点で確認できた。

7時24分、飯能駅に到着。私が乗車して来た、準急飯能行きは、2・3番ホームに到着し、折り返しは回送列車とのこと。臨時の西武秩父行きは、この回送が出てから入線と思っていたのだが、ホーム上の発車案内機を見ると、臨時の西武秩父行きは、なんと1番ホームからの発車とのこと。これまでに、何度も、奥むさし駅伝の臨時列車を観察して来たが、1番ホームから発車する、奥むさし駅伝の臨時列車を見たのは、私自身、記憶にない。

手元の時計で、7時34分頃のこと。1番ホームに、臨時の西武秩父行きが入線してきた。早速撮影を開始する。

Simg_x6535

奥むさし駅伝、1本目の臨時列車は、2077Fによる西武秩父行き。

入線して来たのは、新2000系の更新車2077F。東急車輛(現:総合車両製作所)で、更新工事を受けた新2000系は、御覧のように、正面にも先頭車両の車番が掲出されているので、編成番号が確認しやすく、このような臨時列車の観察時には有り難い。

手短に撮影を済ませて、1本目の西武秩父行きを飯能駅で見送った。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武40000系 40101Fの試運転を撮影する

1月22日午後のお話です。

朝から、101系241Fの甲種輸送と、2000系2005Fの撮影に出かけていた私。昼過ぎ、263F+241Fを撮影しようと、所沢陸橋付近へ向かうも、時刻変更が掛っており、撮影出来なかった。

その時刻変更の要因となっていたのが、この日、所沢~飯能間で実施されていた40000系40101Fの試運転。Twitterで検索してみると、どうやら、午後も日没近くまでは繰り返される模様。

そこで、2005Fの撮影と合わせながら、40101Fの試運転も撮る事にしよう。昼食後、まずは所沢駅へ。2・3番ホームの飯能・西武新宿方で待機していると、13時46分頃、40101Fの試運転列車が、所沢駅6番線に入線してきた。

Simg_7d49582

所沢駅6番線に入線する40000系40101Fの試運転列車。

タイミング良く、所沢駅の引き上げ線に30000系が入線していたので、30000系との並びを意識して撮影してみたが、シャッター速度をミスってしまい、40000系の正面の表示が上手く写せなかった。40000系のフルカラーLEDは、シャッター速度を125分の1で切らないと、文字が切れてしまう。30000系の他、最近、フルカラーLED化が達成した20000系、更に2000系のフルカラーLEDは、250分の1で切れば、文字がしっかり写ってくれるので有り難いのだが、40000系は気を付けないと。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武多摩川線 101系249Fと241Fの甲種輸送を撮影する

私事で恐縮ですが、1月31日夜から発熱が有り、翌日、病院へ行きましたところ、インフルエンザA型と診断されてしまいました。本業が多忙となる2月に入りましたが、いきなりの体調ダウンで、現在は自宅で静養しています。体調は、だいぶ良くなってきましたが、暫くは外出を控える事となりそうです。

では、1月21日から22日にかけてのお話です。

およそ3ヶ月に一度実施されている、西武多摩川線の車両交換に伴う甲種輸送。2017年第1回目の甲種輸送が、1月21日から22日にかけて実施された。今回の甲種輸送では、241Fが多摩川線から戻り、逆に、多摩川線へは、249Fが送り込まれる事になっていた。

1月21日。多摩川線に向かう249Fを撮影する事に。まずは西武線内の撮影と言う事で、定番ポイントである、所沢陸橋へ向かう。

Simg_7d49385

263Fに牽引され、新秋津へ向かう249F。

手元の時計で12時03分頃のこと。263Fに牽引された249Fが、所沢陸橋付近を通過した。今回、多摩川線に送り込まれる249Fは、現役の101系の中で、唯一、ベンチレーターが1か所も撤去されずに残されている編成。この写真からも、各車両、屋根上のベンチレーターがお解りいただけるかと思う。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら西武2000系2005F 横瀬車両基地へ廃車回送される

1月26日午後、西武新宿線で約40年間、活躍を続けてきた、2000系2005Fが、横瀬車両基地へ廃車回送されてしまった。今年度の廃車としては、2097F、2011Fに続き3編成目。

Simg_7d46763

今年度3編成目の廃車となった2000系2005F。(2016年10月9日撮影)

2005Fは、1977年の新製当時は6両編成であったが、1983年、新宿線の各駅停車の8両運転開始に伴い、初代2033Fの中間車、モハ2133+モハ2134を、モハ2305+モハ2306とした上で組み込み、8両固定編成となっており、旧2000系の8両固定編成では、2005Fが初の廃車となる。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツートン復活! 伊豆箱根鉄道「イエローパラダイストレイン」を撮影する その2

1月14日のお話を続けます。

富士山の山頂付近の雲が、少しずつ切れて来た事から、再び中村踏切へと向かう私。北沢踏切へ向かう時は、途中で道を間違えてしまったが、今度は、道を間違えることなく、10分で移動する事が出来た。

到着後、カメラを取り出すと、背後から、こんな列車がやって来た。

Simg_7d49316

東京行き特急「踊り子」

JRの185系電車による特急「踊り子」東京行き。富士山も、山頂付近に少し雲が残る程度。「踊り子号」通過から、およそ15分後には、修善寺行きの「イエローパラダイストレイン」がやってくるので、山頂付近に架かる雲が、15分以内に消えてくれれば・・・そう思いながら待つ事に。

しかし、その直後、太陽が急に雲に隠れてしまい、一気に暗くなってしまった。もう少しで、「イエローパラダイストレイン」が来ると言うのに。

そして、修善寺行き「イエローパラダイストレイン」を迎える事に。

Simg_7d49322

富士山をバックに、修善寺へ向かう1300系1301F「イエローパラダイストレイン」

修善寺へ向かう1300系1301F「イエローパラダイストレイン」。富士山の山頂は、どうにか解るように写ってくれた。しかし、太陽は雲に隠れてしまい、御覧のような有様に。なんとか太陽が出てきてくれないかと願っていたが、残念ながら、それは叶わなかった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツートン復活! 伊豆箱根鉄道「イエローパラダイストレイン」を撮影する その1

1月14日のお話です。

西武鉄道グループの伊豆箱根鉄道は、2008年に西武鉄道から譲受された1300系1編成を、1979年に製造された当時のカラー「黄色×ベージュ」に復刻し、「イエローパラダイストレイン」と称して、2016年12月10日より、駿豆線で運行を開始している。長年、西武沿線に住む者としては、このカラーはとても懐かしく、早い段階で、「イエローパラダイストレイン」を撮影したい。幸いなことに、伊豆箱根鉄道の公式サイトで、「イエローパラダイストレイン」の運行予定が、ほぼ2週間おきに発表されている。1月12日の時点で更新され、14日の土曜日も、「イエローパラダイストレイン」は、ほぼ終日運行される事が確認できた。そこで、週末の土曜日、現地へ出掛ける事にした。

当日朝、私は自宅を8時に出発。多摩湖線、JR中央線と乗り継ぎ、東京駅から東海道新幹線へ。東京駅9時26分発の「こだま643号」で三島へと向かう。この日は、大寒波が襲来しており、名古屋から西は雪の為、新幹線にも遅れが出ていた。それでも、東京は気温は低いものの晴れており、新幹線も定刻通りの発車。この調子でいけば、富士山も顔を出してくれないかしらと、一瞬期待はしたものの、箱根方面へ出掛けていたFacebookのお友達からも、箱根付近は雪が降り始めたとの情報が送られて来た為、「イエローパラダイストレイン」と富士山とのコラボは、難しそうだ。

10時19分、三島駅に到着。富士山は・・・やはり厚い雲に覆われていた。足早に伊豆箱根鉄道の三島駅へ向かい、窓口で一日乗車券「旅助」を購入。10時30分発の修善寺行きに乗り込み、まずは三島二日町へ。途中の三島田町で、「イエローパラダイストレイン」と交換。富士山は見えないが、ツートンを見るとテンションも上がる。折り返しが楽しみだ。

10時37分、三島二日町に到着。改札を出て、撮影地である中村踏切を目指して歩き始める。歩き出してから、何やら匂いが気になった。ここは、駅の近くに、横浜ゴム三島工場が有り、どうやら、その匂いのようである。地元の人離れてしまっているのかもしれないが、この匂い、ちょっと気になってしまう。途中、コンビニで御茶を買いつつも、駅から歩くことおよそ15分ほど。目的地である中村踏切に到着。富士山が見える有名撮影地なのだが、相変わらず、熱い雲に覆われて、どこに富士山が有るのか解らないような状態。しかし、冷たい北風が強く吹いており、この強風で雲が飛ばされないか、少し期待しながら待つ事にした。

Simg_7d49260

「イエローパラダイストレイン」1300系1301Fによる修善寺行き。

現地到着からおよそ15分。「イエローパラダイストレイン」がやって来た。通過までに、少しは富士山が見えてこないかしらと期待して待っていたが、現実は厳しく、結果は御覧の通り。それでも、順光で撮影したツートンは、とても懐かしく感じられた。西武時代は、3両編成は実在しないが、単線を走る「イエローパラダイストレイン」は、西武園線や多摩湖線等の雰囲気が感じられた。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今が旬 秩父鉄道の貨物列車を撮影する

では、再び1月7日のお話です。

西武秩父駅始発の「臨時パレオエクスプレス」の送り込み回送を撮影する為に訪れた、秩父鉄道の貨物専用駅、武州原谷駅。ここを撮影地に選んだのは、SLの煙が期待できる事であるが、それ以外にも、SL列車と並んで、秩父鉄道の魅力の一つとも言える、貨物列車を撮りたかったと言うのが決め手であった。何と言っても、冬の秩父鉄道の貨物列車の魅力は、電気機関車がパンタグラフを2基上昇で走ること。パンタグラフが2基上がると、迫力も増す。まさに今が旬と言える。

「臨時パレオエクスプレス」の送り込み回送の通過から、およそ5分後のこと。ディーゼルエンジンの音が聞こえてきた。早速カメラを構えると、こんな車両が現れた。

Simg_7d49000

SL回送の通過からおよそ5分後。武州原谷駅のスイッチャーが現れた。

突然現れた、武州原谷駅のスイッチャー(入換機関車)D304。この武州原谷駅には、D304とDD512の2両のスイッチャーが在籍している。この日、入換業務に就いたD304は、1967年生まれで、今年50歳を迎える大ベテランだ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武2000系 2055F+2413Fが新宿線へ返却される

1月16日から、突如、池袋線の優等列車の運用に就いた、2000系2055F+2413F。

日頃は新宿線系統のみの運用となっている旧2000系が池袋線に。そして、通常は飯能方に連結される筈の2両編成が、まさかの池袋方に連結と言う事で、巷でも大騒ぎ。同編成の動きは、SNSでも頻繁に目にするようになり、注目度の高さを改めて実感した。

週末が近付き、出来れば、土日も、池袋線の運用に就いてくれないかしら・・・と期待をしていたのだが、20日夜、Twitterを眺めていると、2055F+2413Fが、新宿線へ返却されてしまったとのこと。土日の再撮影は、実現しなかった。

Simg_x6476_1

池袋線で運用中の2055F+2413F(2017年1月19日撮影)

貸し出しならば、短期間の貸し出しだろう。そう思い、私も、出来る限り、記録を残そうと、同編成の動きを常にチェック。池袋線での運行4日目となった19日、2055F+2413Fが、池袋18時32分発の快速小手指行きの運用に入る事を知り、西荻窪から帰宅する際に、中央線を武蔵境で下車し、西武バスでひばりヶ丘へ。快速小手指行きに充当中の2413Fを撮影した。かつて、新宿線でも快速が運転されていた時期が有ったが、今は、池袋線でしか見る事が出来ない種別。ある意味、池袋線らしい光景と言えるだけに、2413Fの快速小手指行きが記録できたことは、嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貸し出し?西武2000系2055Fと2413Fが池袋線へ

では、ここで旬な話題を。1月15日から16日にかけてのお話です。

15日の夜、Twitterを眺めていると、普段は西武新宿線や拝島線等で運用されている、2000系の2055Fと2413Fが、小手指車両基地へ回送されたとの情報を目にした。2055Fは新2000系なので、池袋線でも珍しくはないが、一緒に回送された2連の2413Fは、日頃、新宿線系統でしか運用されていない旧2000系。池袋線への貸し出しなのだろうか?

翌16日、朝から2055F+2413Fが、池袋線で運用に就いたとの目撃情報が、Twitter上でも流れた。しかも、回送されて来た時と同様に、2413Fは池袋方に連結とのこと。池袋線では、2000系や30000系で、2両編成と8両編成を連結した10両編成が見られるが、いずれも、2両編成は飯能方への連結となっているだけに、これは珍しい組み合わせ。是非とも記録したい。

仕事を終えた私は、池袋駅へ。急行池袋行きとして到着する、2055F+2413Fを撮影する事が出来た。

Simg_x6428_3

池袋駅に進入する2413F。

帰宅客で混み合う、池袋駅に進入する旧2000系の2413F。この珍しい光景を撮ろうと、平日夕方の池袋駅3・4番ホームに、ざっと数えても10名近くの撮り鉄さんが集まっていた。

Simg_x6447

折り返しは準急小手指行きに。

到着後、今度は降車ホームとなる4番ホーム側から撮影。折り返しは、池袋18時15分発の準急小手指行き。

Simg_x6454_1

隣のホームに停車していた新2000系と合わせて・・・

今回、池袋線で運用に就いた2413Fは、2010年11月にも池袋線に貸し出され、2461Fとコンビを組んで、狭山線の折り返し運用に就いた事が有る。また、ペアを組んだ2055Fは、新2000系の最終増備車で、池袋線に新製配置された車両。こちらは、ある意味、里帰りとも言えるが、この両編成、このまま池袋線の一員となるのか。それとも、一時的な出稼ぎで、新宿線に戻るのか。

果たして真相は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武秩父発「臨時パレオエクスプレス」を撮影する

1月7日のお話です。

西武鉄道と秩父鉄道は、1月7日と8日の2日間、共同イベントとして、「SLパレオエクスプレス」を、西武秩父~三峰口間で運転することになった。西武秩父駅へのSL列車の入線は、昨年5月28日に、初めて実施され、その後も、7月20日と8月27日に実施。そして、今回、1月の3連休のうちの2日間に実施と言う事で、昨年実施された特別運行が好評だったと言う事なのだろう。

「SLパレオエクスプレス」の始発駅となる西武秩父駅には、蒸気機関車の向きを変える転車台が無い為、予め、三峰口方に蒸気機関車が連結された状態で入線しなくてはならない。その為、「パレオエクスプレス」編成は、広瀬川原車両基地を出庫する際に、最後尾に電気機関車を連結。西武秩父駅の横を通過し、影森駅まで向かった後、電気機関車牽引で西武秩父駅に入線する。過去のデータを確認すると、この回送列車、秩父駅には9時20分頃に到着しており、ここで1時間30分ぐらい停車するらしい。

そこで、今回は、この回送列車の撮影からスタートする事にした。目指すのは、和銅黒谷~大野原間の中間地点にある、貨物専用駅の武州原谷駅付近。この場所、駅間も長く、和銅黒谷から大野原にかけて上り勾配が続く事から、煙も期待できる。しかし、通常の「パレオエクスプレス」のスジだと、線路沿いの道からの撮影では、側面に日が当らない。しかし、今回は、いつもの時刻よりも3時間近く早い通過。であれば、良好な状態で撮れるのではないか・・・

久米川駅で、芦ヶ久保~西武秩父間と、秩父鉄道の野上~三峰口間が乗り放題となる、「秩父フリーきっぷ」を購入し、所沢駅から「ちちぶ3号」に乗車。西武秩父から御花畑駅間の徒歩連絡を経て、大野原駅には8時49分に到着。そこから歩いて、武州原谷駅付近の側道には、9時頃に到着。やはりSLの回送狙いの方がお一人待機されていた。その直後、池袋からの長瀞行きが通過。どの位置で撮るか悩んでいたが、この列車で、撮影場所を決めた。

そして、9時14分頃のこと。「SLパレオエクスプレス」の回送列車がやって来た。

Simg_7d48992

白煙を上げて、武州原谷駅を通過する「SLパレオエクスプレス」の回送列車。

最高の光線状態。そして、青空の下、白煙を上げて、「SLパレオエクスプレス」が武州原谷駅付近を通過する。狙い通りの撮影が出来て、まずは大満足。

Simg_7d48997

御供のデキは、黄色のデキ502。

そして、後追い。なんと、最後尾に連結されていた御供のデキは、昨年5月、広瀬川原車両基地の「わくわく鉄道フェスタ」の開催に合わせて、黄色に茶帯と言う、旧秩父鉄道色に塗装変更された、デキ502が連結されていた。デキ502は、塗装変更後、初の撮影。これは嬉しい誤算だ。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (1)

古い鉄道写真11 青梅線「せせらぎパノラマ号」

三連休最終日は、自宅で写真の整理。

昨年8月に新居へ引っ越して以来、未だに開封していない段ボールがいくつかあり、この日も段ボールを1つ開封。この箱には、古い写真も入っていたのだが、懐かしい写真が出てきて、暫し手が止まってしまった。

2001年8月、当時、三鷹電車区(現:三鷹車両センター)に所属する、165系改造のジョイフルトレイン「パノラマエクスプレスアルプス」が、引退を間近に控えていた。そんな中、同年8月22日から26日までの5日間、「パノラマエクスプレスアルプス」を使用した、臨時快速列車「せせらぎパノラマ号」が、青梅線で運転された。みたけふるさと祭りに合わせて運転されたものだったが、「パノラマエクスプレスアルプス」を使用した最後の臨時列車であり、実質的に、同車のさよなら運転と言える。

165系大好き人間の私としては、当然、この列車の撮影に臨んだが、運転初日となる筈の8月22日は、台風により運休。23日からの4日間での運転となった。

S_20170109_183416_2

拝島駅に停車中の「パノラマエクスプレスアルプス」

撮影した日時の記録が残っていないので、4日間のうち、いつ撮影したのかは特定できないが、おそらく、まずは、拝島駅で、立川駅へ送り込まれる回送列車を撮影したものと思われる。そして、注目していただきたいのが、4両編成での運転と言う事。「パノラマエクスプレスアルプス」は、6両編成で運転されていたが、この列車は、青梅線奥多摩まで入線すると言う事から、5号車と6号車を編成から外し、変則的な4両編成での運転となった。

S_20170110_005407

青梅~宮ノ平間を行く「せせらぎパノラマ号」

そして、拝島駅で送り込みの回送列車を撮り終えた後は、沿線へ先回り。青梅~宮ノ平間、お馴染みの山根踏切で撮影していた。この山根踏切、当時は、青梅線の有名撮影地の一つとされていたが、今では、この地を走る車両も、普段はE233系ばかり。訪れる人も少なくなったのではないかと思う。

その後、「パノラマエクスプレスアルプス」は、6両全車が富士急行へ譲渡。3両編成ずつに分割され、翌2002年、「フジサン特急」として再デビュー。2016年2月7日を以て営業運転を終了するまで、14年間活躍を続けた。

雪が降る河口湖駅で「フジサン特急」を見送ってから、もうすぐ1年かぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«快速「SLレトロみなかみ号」を撮影する