« 西武 191Fは横瀬で解体中 | トップページ | 西武 101系ツートン車、解体作業始まる。 »

西武 低運101系、ついに本線最終日

12月19日(日)の出来事。

ついに、この日がやってきた。長年、西武鉄道を支えてきた、101系低運転台車も、いよいよ本線からは、さよなら運転を以て姿を消す。私は、朝から、このさよなら列車を先回りする形で撮影してきた。

まず、朝の西武園への送り込み回送を、西武園線の東村山3号踏切から撮影した。光線状態の関係で、ここは後追い撮影のみとなる。9時30分ごろ、ゆっくりと低運車が通過していったが、撮影後にデジカメの画面を見てびっくり。連結器カバーが黄色く塗られていた。

IMGP0312

新宿線で活躍していた101系の場合、以前は、701系や401系との併結運用があった。この時、701系などに合わせてブレーキ方式を変更していたため、池袋線の101系とは併結が出来なかった。その為、区別をつけるために、電連カバーを黄色く塗った時期が合った。今では701系もとっくに廃車になっていることから、そんな事はしなくなったが、黄色の電連カバーは何とも懐かしい。

続いて、私は、西武新宿線の南大塚駅へ。光線状態から考えて、この駅がベストだろうと判断した。通過30分前に到着すると、ファンの数は少なかった。そこで、この南大塚周辺に住む友人を呼ぶと、1歳半の息子を連れて喜んで撮影に来た。友人宅のホームビデオに私も友情出演。1歳半の息子も合わせて、101系を見送った。

南大塚駅では、老若男女、みんなで101系を見送った。↓

IMGP0319

IMGP0320

南大塚駅での撮影後は、再び電車で池袋線へと進む。ちょうど狭山線内を1往復すると言う時間にほぼ一致したため、西所沢で下車。狭山線を行く、低運車を撮影した。この列車、西武球場前方の先頭車は「臨時」と言う方向幕だった。

IMGP0324

IMGP0325

最後に、秩父線内でもどこかで撮影しておこうと悩んだ結果、吾野駅で撮影することにした。この駅も、ホームの無い3番線を通過していった。高麗も側線入線だったようだし、あえて待避線や中線を通過すると言う、ファン向けの演出が随所に見受けられた。

IMGP0335

さて、今回さよなら運転を行った197Fと193Fだが、21日現在、横瀬車両基地内で解体に向けた準備が進んでいると言う。197Fに関しては、既にパンタグラフ・クーラーの撤去が終了していると言う。このままでは、年内には8両全車の解体が終わってしまうかもしれない。


|

« 西武 191Fは横瀬で解体中 | トップページ | 西武 101系ツートン車、解体作業始まる。 »

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

トラックバックさせていただきました。
また、当日はお疲れ様でした。

オフ会では101系の思い出など楽しく語らう事ができて良かったと思います。
この193+197Fはたくさんのファンに見送ってもらって、幸せな車両ですね。

残るワンマン車5編成にはこれからも頑張って頂きたいと思います。

投稿: r104 | 2004/12/22 18:57

私もこのイベントに行ってきました。

残念ながらこのイベント列車に乗ることはできませんでしたが、西武園の出発と西武球場前の展示に行ってきて、展示中の西所沢までの1往復の臨時運転にも乗車しました。

西武鉄道の通勤型車でも代表的でかつ、親しまれてきた車両だけあって、多くの方が訪れていたのが印象的でした。

さて西武球場前の様子については、自分のblogにも記事としてアップし、こちらにも前日の記事にトラックバックを送りました。ご理解ください。

投稿: Kaz-T | 2004/12/23 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/2337897

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 低運101系、ついに本線最終日:

» 西武101系(低運転台車)、本線を走る最期の日・・・ [sunagawa mood☆]
ついにこの日が来てしまった・・・。 12月19日(日曜日)、西武101系低運転台車(193F+197F)のさよなら運転イベントが行われた。 運転ルートは... [続きを読む]

受信: 2004/12/22 18:49

« 西武 191Fは横瀬で解体中 | トップページ | 西武 101系ツートン車、解体作業始まる。 »