« JR東日本 宇都宮線115系、41年の歴史に幕 | トップページ | JR東日本 中央緩行線、線路リフレッシュ工事が行われる »

エキナカ 小山駅の不思議な組み合わせ

エキナカという言葉をよく耳にする。

デパートの地下食品街が「デパチカ」と言うように、駅の中に出来たお店の事を「エキナカ」と言うようだ。私の職場最寄り駅である西荻窪も、1年ちょっと前にバリアフリー化工事を行った際に、駅構内に飲食店を設けてイメージが変わった。

だいぶ前のこと、上野駅で実施していたアンケートに協力したことがある。そのアンケートは、駅の中に何があったら便利か?と言う物だった。当時学生だった私は、コンビニと答えた。当時の駅構内のお店と言えば、立ち食いそば屋ぐらいしか目立たなかった。大きな駅では、乗り換え時間などに買い物が出来ればどれだけ便利だろうかと考えた結果の答えだった。

私のような意見が多かったのだろうか。後に、駅構内に「JC」と言うコンビニが誕生した。また、従来の売店をコンビニ形式にした「ミニコンビニ」と言う名前の売店も登場。駅構内での買い物の形も大きく変化した。この「JC」と「ミニコンビニ」が、後に「NEWDAYS」に統一され、「ミニコンビニ」は「NEWDAYS MINI」となり現在に至っている。

ところが、JR東北本線(宇都宮線)の小山駅には、懐かしい「JC」が残っている。西口改札口横にあるのだが、なぜここが「JC」のままなのかが謎である。

小山駅西口改札口横にあるJC。(1月15日撮影)↓

IMGP0711

このJCの前を通過し、東北新幹線乗り換え改札口へ向かうと、何とそこには「NEWDAYS」がある。なぜ、ここは統一されていないのだろうか。ちょっと気になる不思議な組み合わせである。

IMGP0710

|

« JR東日本 宇都宮線115系、41年の歴史に幕 | トップページ | JR東日本 中央緩行線、線路リフレッシュ工事が行われる »

エキナカ」カテゴリの記事

コメント

これまたレアかつマニアックな発見をしましたね。
駅そばもJR化とともに色々進化してきています。中央線だと玉川亭が有名ですが今はNREに新宿の田中屋もNREになってしまいました。中央線にはそれでも小竹林が残っています。当初余剰人員の受け皿ということであちこちできましたが、あじさいにどんどん変わっていきました。
こういう変化を記録するのは楽しいですね。

投稿: SATO | 2005/01/23 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エキナカ 小山駅の不思議な組み合わせ:

« JR東日本 宇都宮線115系、41年の歴史に幕 | トップページ | JR東日本 中央緩行線、線路リフレッシュ工事が行われる »