« 雪も花粉も乗り越えて、確定申告終了 | トップページ | 今夜から名古屋へ »

エキナカ ecute大宮を観察する

3月16日、JR大宮駅は開業120周年を迎える。

この節目の日を前に、今月5日、大宮駅改札内、南側通路全体に68の店舗を構えたエキナカスペース「ecute大宮」がオープンした。オープンから1週間を迎えた今月12日の夕方、時間が取れたので、新しくなった大宮駅を観察することにした。

IMGP1378

オープンから1週間、土曜日と言うこともあり、大宮駅構内は混み合っていた。とりあえず、1週回ってみることにした。色々な店がある。飲食店が多いが、中には書店やエステもある。そして、半端じゃなく大きいのが惣菜コーナー。「ecute food theater」と呼ぶようだ。ここだけを見ると、エキナカではなくデパチカだ。

IMGP1379

一周歩き回ったところで、せっかくだから何処かのお店に入ろうかと思った。ちょうど、8・9番線ホームへ降りる通路の一角が飲食店で固められている。どの店も混んでいたが、その中でも、さぬきうどんの店「花桐」と「かにチャーハンの店」が大繁盛。この2つには入らず、とりあえずスパゲティーの店「パスタハウスJINJIN」と言う店に入ってみた。値段も量も手頃なサイズ。最近、スパゲティーに凝っている私にはまずまずの店に感じた。このJINJINって、確か新宿の紀伊国屋書店の中にもあったような気がするが・・・会計時に、女性の店員から掛けられた「ありがとうございました。また宜しくお願いします。」と言う言葉がオープンして間がない事を感じさせた。

ちなみに、翌13日の昼間も大宮駅を乗換えで利用したが、このスペースは前日よりもさらに多くの人で賑わっていた。暫くは大宮駅構内の混雑が目立つことになるのかもしれない。もう少し落ち着いた時点で改めて他の店も覗いて見ることにしよう。

|

« 雪も花粉も乗り越えて、確定申告終了 | トップページ | 今夜から名古屋へ »

エキナカ」カテゴリの記事

コメント

いい勘していますね。お説のとおり紀伊国屋の地下に出店です。

WEBを調べてみると明星食品のアンテナショップのようです。
http://www.myojogaishoku.co.jp/business/index.html
明星食品というと「チャルメラ」を思い出しますが、うどんの「味の民芸」で有名です。小手指には「とんかつ民芸」もあったように記憶しています。

投稿: SATO | 2005/03/16 01:17

 こんばんは。いつもお世話になっております。

 駅構内をショッピングモールにしてしまったところはなかなかJRもいいところに目を付けたと思います。私もオープン3日目に行ってみましたが、平日だというのにたくさんの人で賑わっておりました。

 地元民としては、JRを利用しなければ意外と利用する機会に恵まれないのですが、入場券を買って入る人も多いようです。中にはSuicaで入場しトラブルケースもあるようですが・・・。

投稿: mattoh | 2005/03/17 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/3315898

この記事へのトラックバック一覧です: エキナカ ecute大宮を観察する:

» 真打の底力 大宮エキュートに賭けるJRE [東京鉄道見たまま日記]
3/5 大宮駅に「エキュート」ができた。JR東日本がいわゆる「エキナカ」ビジネス [続きを読む]

受信: 2005/03/16 20:07

» ecuteオープン(大宮駅) [mattoh]
 大宮駅構内に5日オープンしたecuteに今日行ってまいりました。  とはいうも [続きを読む]

受信: 2005/03/17 22:49

» 【エキュート大宮】駅を楽しく! [さいたまblog]
景気が持ち直しつつあるとはいうものの、それは一部のリストラに成功した大企業に限ったことで、一般にはまだまだ不況という迷路を脱けきれない感は強い。同様に地域経済の... [続きを読む]

受信: 2005/03/19 21:34

« 雪も花粉も乗り越えて、確定申告終了 | トップページ | 今夜から名古屋へ »