« あと2本? 山手線の205系 | トップページ | 高崎地区列車撮影記(JR編) »

青春18きっぷで群馬町へ

4月2日(土)の出来事。

青春18きっぷを使って、お墓参りに出かけた。目的地は、群馬県群馬郡群馬町と言うところだ。「これでもか!」というくらい、群馬が地名についている。場所は、高崎市と前橋市のちょうど中間地点というところ。どのルートで行こうかと考えたが、池袋から湘南新宿ラインのグリーン車を使うことにした。

青春18きっぷでもグリーン車に乗れるようになったのは大変ありがたい。事前購入で、池袋から高崎までグリーン券が750円。車内でグリーンアテンダントからコーヒーを購入したが、これを含めても1,050円。新幹線に乗るよりははるかに安く、時間はかかるものの、ゆったりとした気分で移動できるのはありがたい。高崎までの約2時間(各駅停車利用)は、とても快適だった。高崎からは107系へ乗り換え。新前橋駅で下車する。

高崎駅に停車中の湘南新宿ライン↓

IMGP1780

ここからお墓のあるお寺まではタクシー。女性の運転士さんだった。東京を出る時は少々寒かったけど、群馬県内はお天気もまずまずで風もなく暖かだった。この地区は名物になるほど風が強く、お墓参りの時にお線香に火が点き難いのが難点なのだが、これならば大丈夫そうだ。お寺の近くまでは普通に行ったのだが、目的地目前にして道が変わっていた。年に数回しか来ない場所だから私も解らなかったのだが、何でも新しい県道が出来るらしい。群馬町も変わっていくのだ。ちょっとヒヤッとしたがお寺に到着。

お寺に着くと、何か物足りなさを感じた。そうだ、桜が咲いていないのだ。毎年、お墓参りがてら、境内の桜を見るのが楽しみだったのだが、今年は、寒い日が多かったせいかまだ咲いていないのだ。残念。

住職の奥様に管理料の支払いをしてから、お墓参りをして新前橋駅へと戻った。新前橋駅からは再び電車に乗車し、高崎へ。ここで昼飯を食べ、午後は高崎在住の友人と逢い、色々と撮影をした。この件は別発言で。

そうそう、井野~新前橋間の車窓の風景に、一面菜の花畑という場所がある。桜は咲いていなかったが、菜の花はきれいに咲いていた。上越線や両毛線に乗る機会があれば、ぜひ、この菜の花畑を見ていただきたい。

|

« あと2本? 山手線の205系 | トップページ | 高崎地区列車撮影記(JR編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/3553606

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷで群馬町へ:

« あと2本? 山手線の205系 | トップページ | 高崎地区列車撮影記(JR編) »