« JR東日本 常磐線でE531系試乗会列車運転される | トップページ | 西武 西所沢駅・下山口駅でホーム名称変更を実施 »

JR東日本 湘南新宿ライン 熊谷行き運転

13日の夕方、新宿駅南口改札前の発車案内機で、こんな表示を見かけた。

IMGP2867

高崎線熊谷行きである。通常ならば籠原行きらしい。実は、夕方、東海道線辻堂駅で発生した人身事故の影響で、東海道線と湘南新宿ラインの列車に大幅な遅れが生じてしまった。その結果、新宿駅を17時47分に出発する湘南新宿ライン(高崎線直通)籠原行きも、熊谷行きに変更になっていたのだ。中央線でも、こう言う遅れが生じたときは、青梅行きが河辺行きになるなど、行先を変更して折り返し時間を稼ぐことがある。今回の熊谷行きも同じ理由なのだが、駅の発車案内機も普段は使わない熊谷行きがしっかり表示できるのに、思わず感心してしまった。この後、高島屋の横で熊谷行きを見たのだが、車両側面の表示は籠原行きのままだった。

こう言うとき、湘南新宿ラインは便利なようで不便な列車にもなってしまう。今回のように、東海道線辻堂駅の人身事故が高崎線でも影響してしまうのである。逆に、高崎線の倉賀野駅辺りで起きたトラブルも東海道線に影響が出てしまう。長距離直通運転の泣き所でもある。まあ、災害時の場合には、池袋や大崎で打ち切ってしまうのだろうけど、人身事故のような30分から1時間程度抑止と言うようなトラブルの時は、どこで打ち切るかと言う判断も難しくなるだろう。東海道線・横須賀線・高崎線・宇都宮線で列車の遅れが発生すると、いつもそのような事を考えてしまうのであった。

|

« JR東日本 常磐線でE531系試乗会列車運転される | トップページ | 西武 西所沢駅・下山口駅でホーム名称変更を実施 »

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。

 先月、横浜で信号機の故障か何かで東海道線は元より湘南新宿ラインまで影響したというトラブルがありました。この日は研修だったんですが、講師が横浜から来るとのことでもろに影響を受けたとのことで、午前中受講した人は1時間ほど遅れて始まったとのことでした。

 他路線へ跨る運行や相互乗り入れなどが活発に行われる昨今、こうした思いも寄らないところでのトラブルが波及するということは珍しいことではなくらりつつありますね。定時運行がますます難しくなっていく要因になりつつあります。

投稿: mattoh | 2005/06/14 21:47

 どうもです。

 たぶん、TOMOさんが実車を見たのが、高島屋付近とのことでしたから、 新宿発車後に行先表示が変わっていたかもしれませんね。確か、乗務員の交代って、新宿で行われているはずなので。

 それにしても、湘南新宿ラインって足が長い分、一旦何か起こると、大きく遅れたり運休したりする確率が多いようですね...(T^T)

投稿: RedStar | 2005/06/15 02:19

mattohさん、RedStarさん、コメント有難うございます。

>mattohさん
湘南新宿ラインのダイヤ混乱で、講習会にも影響が出たとは・・・ 講師の方、参加者の方ともに大変でしたね。湘南新宿ラインで通勤・通学されている方って結構多いようですが、皆さん、便利さを優先して、ダイヤ混乱に関しては我慢していると言うことでしょうかね。

>RedStarさん
仰るとおり、湘南新宿ラインは両方向とも新宿駅で乗務員交代がありますので、新宿出発後に行先表示の設定を変えた可能性は十分にあり得ますね。高崎線を走る先輩格の211系には「熊谷」の幕が入っていた筈ですから、おそらくE231系でも表示可能でしょうね。同列車の池袋での状態が気になります。

どなたか、E231系の熊谷行きを見たことある方いらっしゃいませんでしょうか?

投稿: TOMO | 2005/06/16 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/4546492

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本 湘南新宿ライン 熊谷行き運転:

« JR東日本 常磐線でE531系試乗会列車運転される | トップページ | 西武 西所沢駅・下山口駅でホーム名称変更を実施 »