« 浜松工場へ | トップページ | 浜松工場 新幹線なるほど発見デーに行ってきた »

飯田線 トロッコファミリー号を撮る

それでは、浜松工場への遠征記と行きたいところではあるが、行程上、先に飯田線の撮影記から。

豊橋で「ひかり363号」を降りて飯田線のホームへ向かうと、そこには9時8分発の「伊那路1号」が停車していた。車両は373系。前日の夜、東京駅を出発した「ムーンライトながら」に使われた車両の一部が、ここ豊橋から飯田まで往復することになっている。考えてみたら働き者の電車だ。

IMGP3361

私が乗る列車は、9時19分発本長篠行き。2番線からの発車らしいが、まだ列車は入っていない。豊橋運輸区からの出庫ではなく、9時13分に到着する新城からの快速列車の折り返しであった。入線してきた電車は、119系の2両。冷房装置が集中式の車両のため、元するがシャトルの車両であることがわかる。クモハの正面の方向幕が変な位置で停まっており、豊橋到着後、折り返しまでの間に職員が調整し、何とか本長篠行きが表示できたようだ。

9時19分、時間通りに電車は出発。本長篠行きなので、船町・下地は通過かと思ったら、しっかりと停車していた。朝だからだろう。牛久保では、長山始発の豊橋行とすれ違ったが、これは両運車の2両のように見えた。さらに三河一宮で伊那大島発の快速と交換。これはワンマン対応車だった。その後は坦々と駅に停車し、目的地である野田城には約30分ほどで到着。

野田城まで乗車してきた119系E12編成↓

IMGP3362

反対側はなぜか両駅表示だった。↓

IMGP3364

ここへ来た理由は、この後にやってくる「トロッコファミリー号」を撮影するためだ。鉄道ダイヤ情報によると、この野田城では、「トロッコファミリー号」が6分間運転停車する。形式写真も兼ねて撮るには丁度よいと言うことで、ここにしたのである。待ち時間の間、駅周辺を散策した。

IMGP3366

駅に隣接する、横浜ゴム新城工場には、タイヤで作った恐竜が。しかも踏切近くにあるので、いかにも飯田線とドライバーの安全運転を見守っているようだ。

IMGP3367

野田城駅到着から待つこと約30分。ようやく「トロッコファミリー号」がやってきた。牽引機は、御覧のようにレトロムード満点のED18 2。久しぶりに元気な姿を見ることが出来た。

IMGP3370

トロッコ控車に使用されている12系客車。JR東海の12系客車は、トロッコファミリー号用の2両のみとなってしまった。↓

IMGP3375

トロッコ車オハフ17。マニ44からの改造車である。↓

IMGP3377

2両連結されているトロッコ車は満席。これから先、奥へ向かうと清流を眺めながら走る区間もあり、今の時期ならトロッコ列車で風を浴びながらビールを飲むのも良さそう。蒸し暑い日だっただけに、トロッコ車の乗客が羨ましかった。

一連の撮影を終えて、トロッコファミリー号と交換する豊橋行列車で豊橋へと戻る。ワンマン運転対応のR1編成が来たので、時刻表を見ると駒ヶ根発の列車だった。

IMGP3380

先頭部へ向かうと、御覧のように運賃表が付いていて、ワンマン運転区間である天竜峡~辰野間の各駅の駅名が入っている。当ブログにもコメントを頂く快速特急INAJIさんには馴染みのある車両だろう。豊橋口で当たっても、何となく北部の香りが伝わってくる。ワンマン車両も、この区間ではツーマン運転。他の列車と共に、車掌が乗務し、ドア操作は運転士がやることは変わりないのだが、ワンマン対応車は押しボタン式半自動ドアとなっている。駅に着き、運転士がドア操作をしても、他の車両のようにドアが少しだけ開くと言うことがなく、停車時間中の車内は乗降客がいないと静かである。この辺りは、往きに乗ってきた列車とは異なっている。時間帯が良かったのか、2両編成の車内には、立ち客も多かった。私も豊橋まで先頭部に被り付きで立っていくことにした。名鉄との共用区間もある豊川から先の複線区間が面白かった。順調に豊橋まで運転され、来た時と同様、2番線に到着となった。

車庫へと引き上げていくR1編成。ワンマン対応車は御覧のように、一部の戸袋窓が埋められている。

IMGP3381

これで今回の飯田線撮影記は終了。いよいよこの後は浜松工場へと向かうのであった。

|

« 浜松工場へ | トップページ | 浜松工場 新幹線なるほど発見デーに行ってきた »

鉄道:JR東海」カテゴリの記事

コメント

呼ばれたようなのでやって来ました(謎

確かに373系は多忙な車両ですね。3号→4号の折り返しなんて、15分程度しかありませんからね。2時間30分近く走ってきて15分の休憩とは…

あのタイヤで出来た怪獣は「ゴムラ」というそうです。本当です。
ゴジラっぽいかな!?

この日はED18でしたか。
トロッコファミリーは人気がありますからね。
飯田地区からだと、非常に利用しづらいのが現実ですが…

わが駄科が3番目にありますね。流石!(ぉぃ
ワンマン車の場合、飯田駅で長時間停車の時ドアの開閉音がうるさいので、手動ドア車(E・M編成)の方がいいです。

長文失礼致しました。

投稿: 快速特急INAJI | 2005/08/01 20:18

快速特急INAJIさん、コメント有難うございます。

あの野田城駅横の恐竜は「ゴムラ」って言うんですか。それは面白い。実は隣にもう一つあったんですけど、そっちも名前が付いているのかな?

飯田地区では、去年「飯田トロッコ」の運転がありませんでしたから、ちょっとご無沙汰していますよね。

119系ワンマン対応車は、南部の運転時にドアが開かなければ、この方が静かでいいです。ただ、南部では押しボタン式の車両が珍しいからか、駅でどうやってドアを開けたらいいのか考えている人も多かったです。

投稿: TOMO | 2005/08/02 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯田線 トロッコファミリー号を撮る:

» 飯田線のトロッコ列車「トロッコファミリー号」 [Kaz-Tの鉄道趣味で今日も行く]
さて、名古屋から豊橋へJR新快速で向かった8月7日でしたが、豊橋に到着しますとち [続きを読む]

受信: 2005/08/11 16:45

« 浜松工場へ | トップページ | 浜松工場 新幹線なるほど発見デーに行ってきた »