« 東京メトロ スタンプラリー経過報告2 | トップページ | あれから1年・・・ »

小さな終着駅 東海道本線美濃赤坂駅を訪ねる

では、再び名古屋地区遠征記の続き。

伊勢鉄道の撮影を終えた私が次に向かった先は、東海道本線の小さな終着駅、美濃赤坂駅である。美濃赤坂へは、大垣から分岐する美濃赤坂支線に乗ることになる。名古屋から快速電車で大垣に降り立つ。目指す美濃赤坂支線の電車は、大垣駅の2・4番線の先端にある3番線に停車していた。

IMGP4082

この美濃赤坂支線は、営業距離5キロ。中間に荒尾と言う小さな駅がある。この2駅のために走る電車は、御覧のように313系の2両編成。しかし、本線の快速電車に使用される313系と同型のタイプのため、ワンマン運転ではなく車掌も乗務している。また車内も転換クロスシートである。

発車時間まで時間が僅かになった。私も急いで3番線へ行く。この3番線は、2・4番線から繋がって行けるのだが、現行ダイヤが基本となった1999年までの間、暫くホームの使用を停止していた時期がある。そのせいか、他のホームから乗車するよりもホームと電車との間の段差が気になった。担当車掌が私の後に来た乗客1人を待ってドアを閉め出発。本数の少ない路線だけに、こう言った所は優しさを感じる。

出発すると、車掌のアナウンスが入り、すぐに乗車券回収の案内が入った。この線は、中間駅の荒尾も含めて、全ての駅が無人駅だから当然と言える。私は青春18きっぷなので車掌に見せるだけだ。大垣車両区を見て暫く走り続けると、南荒尾信号所に入る。ここで米原方面へ行く本線と分かれるのだ。分かれた直後、すぐにホーム片面の荒尾駅に停車した。

IMGP4083

ここまで来ると、終点の美濃赤坂は目前。住宅地の中を単線の赤坂支線は走りぬく。意外にも線路沿いには宅地開発が進んでいた。この辺りは車での生活が中心だろうから、1日の運転本数が18往復と言う赤坂支線は、あまり相手にされないだろう。以前来た時は、こんなに住宅地と言う感じはしなかったので、これは意外であった。そんな事を思っていたら、すぐに終点の美濃赤坂駅に到着した。

IMGP4084

IMGP4085

今日では、早朝の名古屋からの直通列車1本を除き、全ての列車が大垣発着となった美濃赤坂支線。長いホームの間に2両編成の列車がちょこんと止まる姿は、どこかさびしさを感じる。ホームをそのまま歩いて駅出口へと向かう。無人駅ではあるが、立派な駅舎が構えてある。

IMGP4088

ここ美濃赤坂で旅客列車は終点となるが、この駅からは貨物鉄道会社の西濃鉄道が分岐している。折り返しの間に駅周辺を散策すると、貨物駅らしい面も見る事が出来た。

IMGP4089

駅前の道を真っ直ぐ進むと、すぐに西濃鉄道線の踏切にぶつかった。

IMGP4090

IMGP4091

そろそろ、列車の折り返し時間が近付いてきたので、駅へと戻ることにした。ホームでは車掌が出迎えており乗車券を発券していた。私は青春18きっぷをさっき見せたので、そのまま車内に戻り、再び大垣へと向かったのであった。

|

« 東京メトロ スタンプラリー経過報告2 | トップページ | あれから1年・・・ »

鉄道:JR東海」カテゴリの記事

コメント

NHKの番組で拝見しました。感銘しました。

投稿: 澤野雅彦 | 2011/06/16 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな終着駅 東海道本線美濃赤坂駅を訪ねる:

» [ブログ巡り]無題 [( ゜Д゜)イェア! トラックバックってなんだ?!]
tomoさんの TOMOの鉄日誌 を拝見する。 http://tomo-jrc.cocolog-nifty.com/tetsu/2005/09/post_0f33.html 美濃赤坂線に自分が乗車したのは、もう何年前の事であろうか。車両が緑とオレンジの二色の車両だったのでそんなに最近の事ではない。鉄分((Feに非ず…))補給するにも、中途半端な身近さが災いして乗車する機会というのが無い。tomoさんのように青春18きっぷを利用している方は、大垣に来る際に一度乗車されてみては如何であろうか。 ... [続きを読む]

受信: 2005/12/04 00:39

« 東京メトロ スタンプラリー経過報告2 | トップページ | あれから1年・・・ »