« EF64重連を撮る! | トップページ | 西武 101系更新車259F 多摩湖線で営業運転開始 »

西武 スカートのない2021F

今月の初め頃より、2021Fのクハ2021のスカートが外されていると言う情報を聞いていたのだが、私が見るときは、いつも中間に連結されており、先頭に立つ姿をずっと見られないでいたのだが、26日の夜、帰宅時に国分寺線に立ち寄ったところ、2021Fが単独6連で営業に入っているのを見つけ、そのまま小川駅で撮影する事にした。

ここ小川駅は、拝島線と接続している関係で、ホームの長さに余裕があり、夜でも国分寺線の列車が撮影しやすいのがありがたい。私もこうして撮る事が出来た。

IMGP4580

このタイプの2000系には、もともとスカートは無かった。数年前より開始された2000系の更新工事の際、新2000系にあわせてスカートの取り付けが始まったのだ。現在では、未更新の車両も6連と2連の2本ずつを残すのみとなった。2000系の更新も長い間行われたために、様々なタイプがあり、途中から御覧のように方向幕のLED化も行われた。その為、スカートの無い2000系のLED行先表示仕様車と言うのは、基本的には今までに無いタイプ。今回のように事故によりスカートを破損したとか、そんな理由が無ければ有り得ない姿である。

この後、国分寺からの列車がやって来たが、その列車が同じタイプの2027F。こちらは当然の事ながらスカートがしっかりと付いている。

IMGP4581

こうやって肩を並べていると、両車の違いが良く解るかと思う。個人的にはLED行先表示機仕様車ならば、スカート付きの方が似合うと思うのだが、そう思うのは私だけだろうか?

|

« EF64重連を撮る! | トップページ | 西武 101系更新車259F 多摩湖線で営業運転開始 »

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/6136495

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 スカートのない2021F:

« EF64重連を撮る! | トップページ | 西武 101系更新車259F 多摩湖線で営業運転開始 »