« 西武 101系更新車259F 多摩湖線で営業運転開始 | トップページ | 中央線 線路切替工事の様子を見る »

20年ぶり 歯医者さんで歯の治療を受ける

今週に入ってから、どうも左の奥歯に痛みを感じ、昨日は食事も大変なほどの状態になってしまったので、今日の昼間、地元での仕事の合間を利用して歯医者さんに行った。

これまで私は歯が丈夫な事が自慢になるほどで、最後に歯の治療をしたのは今から20年前。小学6年生以来の事だったと思う。当時行っていた歯医者さんもあるのだが、地元の人からの評判を聞いて、当時とは違う歯医者さんに行ってみた。そこは小児歯科も兼ねていることから、先生も歯科衛生士の方も皆さん優しい人ばかりであった。診察の時、先生から痛いところを訊ねられたので「左の下の奥歯です」と答えたのだが、実際に痛かったのは上の奥歯だった事が解った。先生の話によると、実際に上が痛いのに下から痛みを感じる事はあるらしい。

一通り先生に診察してもらったところ、親不知の上の歯が一部欠けていて、その掛けた部分から虫歯になっているとの事。しかし、それも先生曰く「不運な結果による虫歯」との事で、全体的には歯は綺麗で管理が行き届いているとお褒めの言葉を頂いた。今後、欠けている歯を治療し、その関連で僅かに虫歯になっている歯もあわせて治療するとの事。全部であと2回ほどの通院が必要らしい。

診察を終えて、職場へ戻ったのだが、朝までの痛みが嘘のように今は消えてしまった。今日は仮の治療なのだが、その結果、痛みは殆ど感じなくなり楽になった。歯は大事なもの。今回の事で今まで以上にそう感じた。これからも自分の歯を良い形で維持できるように気をつけたいと思う。

ブログの更新も遅れ気味でしたが、これより回復運転に務めます。

|

« 西武 101系更新車259F 多摩湖線で営業運転開始 | トップページ | 中央線 線路切替工事の様子を見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20年ぶり 歯医者さんで歯の治療を受ける:

« 西武 101系更新車259F 多摩湖線で営業運転開始 | トップページ | 中央線 線路切替工事の様子を見る »