« 模型運転会に参加する | トップページ | 東急池上線に乗る »

小田急9000形に出会う

このところ、仕事が多忙。それも遠方へ出かける事が多くなった。今回も仕事中のお話。

24日、今週の月曜日のことだが、上司と神奈川県の藤沢に出かけた。現地の役所との打ち合わせである。西荻窪の職場から行くのに、JRの湘南新宿ライン利用も考えたが、小田急の快速急行の存在を思い出し、往復小田急を利用することになった。そう言えば、小田急も3000形の投入が進み、かつての千代田線直通車両である9000形も急速に数を減らしているのだとか。藤沢往復で何本見られるのか?と言う楽しみもあった。が、しかし、その考えは甘かった。往きの車内では、町田駅に停車中の回送1本のみしか9000形を見る事が出来なかった。もう少し見られるかと思っていたのだが、その考えは甘かったようだ。

打ち合わせを終えて、西荻窪に戻るために再び藤沢駅へ。半ば諦めモードになっていたのだが、改札を入ると、目の前には9000形が停まっていたのだ。これは撮影しなくては。上司に一言話して撮影してしまった。まあ、私の趣味を知って理解してくれているから出来るのだが・・・

IMGP4928

この列車は、新宿からの快速急行と接続して、片瀬江ノ島へと向かっていった。我々は、この電車の発車直前にやってきた快速急行で新宿へと向かった。後ろ6両は3000形であった。

今回の道中、途中駅接続の列車も含めて、3000形を何本見たことだろう。あっという間に増殖した感じがする。この9000形も今年度中には全車引退のようで、次は5000形辺りが置き換えの対象になるようだ。いずれ改めて、これらの「小田急顔」の電車の撮影もしなくてはと思った藤沢遠征であった。

|

« 模型運転会に参加する | トップページ | 東急池上線に乗る »

鉄道:小田急」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/6689755

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急9000形に出会う:

« 模型運転会に参加する | トップページ | 東急池上線に乗る »