« お帰りなさい9101F | トップページ | 駅前グルメシリーズ8 一橋学園 とんかつ藤乃木 »

マンモス電機 EH200に出会う

29日は午後からふらっと出かけた。まずは立川の模型店「マイホビーキョーサン」がセールをやっていると言うので、立川へ行くことにした。

立川駅に着いたのは15時近くのことだった。下車して階段へ向かおうとすると、お隣の5番線に貨物列車が来ると言うアナウンスが聞こえたので、暫く様子を見ることにした。そしてやって来た車両は、巨大電気機関車のEH200であった。

IMGP4953

このEH200は、中央本線で貨物輸送に活躍中のEF64の後継車に当たる車両で、現在、EF64が重連で牽引している列車を、このEH200形1両で担当しようと言うもの。とは言っても、この車両は動輪8つのH級電気機関車。一見すると小さい機関車が2両繋がっているようにも見える。この発想は、東北・北海道方面の貨物列車に活躍しているEH500と同じだ。

IMGP4956

最近のJR貨物の機関車には愛称も付けられており、このEH200にも「ブルーサンダー」と言う愛称が付けられている。車体にも御覧のようなロゴが入っている。

この列車、立川駅では4分ほど停車した後、南武線へと入っていった。機関車の次位にタキ1000が見えたので、てっきりオイル輸送列車かと思ったのだが、タキ1000が6両繋がった後ろには更にコンテナ満載のコキ50000が4両連結されていた。

IMGP4957

何となく二種類の列車が連結されている感じの列車だった。まあ、これも貨物列車の魅力かもしれない。


|

« お帰りなさい9101F | トップページ | 駅前グルメシリーズ8 一橋学園 とんかつ藤乃木 »

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンモス電機 EH200に出会う:

» ダイヤ製ブリキの電気機関車 [煙草入れ(シガレットケース)とブリキの車]
結構大きなブリキ製電気機関車の玩具です。電気機関車については、あまり詳しくありません。EF−とか型番が載っております。詳しい方お教えて下さい。 [続きを読む]

受信: 2005/12/09 11:48

« お帰りなさい9101F | トップページ | 駅前グルメシリーズ8 一橋学園 とんかつ藤乃木 »