« 京浜東北線の助っ人に遭遇 | トップページ | 四季彩VS風っこ  »

5回目の通院

今日は5回目の歯医者さんへの通院日だった。

11時の予約だったのだが、呼ばれたのは11時20分ごろ。診察室に入ると、今日は珍しく、すぐに先生がやって来た。経過を聞かれた後、先生からの説明があった。虫歯の治療で削った歯が小さくなっているが、ここは奥歯でも力が入りやすいところなので、しっかり治療をしたほうが良いとの事。そして金属製の歯を入れる事を薦められた。1本45000円するらしい。確かに、その歯は虫歯治療で削ってしまったので、周りの歯から比べると、かなり小さくなっている。その為、噛み合わせも悪くなっており、痛んでいない右側で噛む事の方が多くなっていることも事実。それに歯を食い縛って力を入れるのもバランスが悪い。やはり先生の薦める金属製の歯を入れる方が良いという気持ちになり、結局入れる事にした。

で、今日は土台作り。治療を受けながら、やはり断るべきだったかなとか、頭の中に色んな考えが浮かんでくる。でも、これから死ぬまで歯は必需品だし、そう考えるとこの選択は正しかったのだ。と信じることにした。そのうち、確定申告の事を考えてしまうようになるのは職業病かしら?

次回は12月4日。土台が入るらしい。年内に終わるかな・・・

|

« 京浜東北線の助っ人に遭遇 | トップページ | 四季彩VS風っこ  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自由診療は医療費控除の対象外と認識していますが
間違いだったでしょうか。
奥歯ですが自由診療が許せるのでしたら間違いなく
保険診療よりハイレベルですのでお勧めです。
それともこの治療150万円の3割負担なんでしょうか。
私は左奥歯が完全に欠けてインプラント(人工歯根)
を考えましたが1本40万、諦めてしまいました。

投稿: SATO | 2005/11/20 09:09

SATOさん、コメント有難うございます。

医療費控除ですが、自由診療が全て対象外と言うことはありません。国税庁のサイトにある税務相談室のコーナーには、医療費控除の解説がありますが、その中に歯の治療に関する事例も出ています。保険の利かない自由診療になるものもあるが、一般的に支出される水準を著しく超えなければ医療費控除の対象になるようです。金などを使った義歯の挿入については一般的な治療なので医療費控除の対象になります。なお、容姿を美化させるような歯の矯正については対象外となります。

まあ、一般的に支出される水準と言う表現が微妙ではありますが、私のような4万5千円程度の物であれば問題ないはずです。

投稿: TOMO | 2005/11/23 01:19

思い切りましたな。EOS-20Dを取るか歯の健康を取るか・・・苦渋の決断だったでしょうな(なんでやねん!)
まあ、健康が一番!十分養生なされませ。

投稿: 痛勤形酷電 | 2005/11/24 22:12

痛勤形酷電さん、コメント有難うございます。

私が入れる歯よりもEOS-20Dの方が高いと思うんですが・・・

投稿: TOMO | 2005/11/27 16:34

いやいや、確かにそうなんですが、補正予算を組むと計画が狂うことがありますので・・・(ちなみに私はしょっちゅうです(^^;))
冗談はともかくひとまずお大事に・・・

投稿: 痛勤形酷電 | 2005/11/28 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5回目の通院:

« 京浜東北線の助っ人に遭遇 | トップページ | 四季彩VS風っこ  »