« 速報!新宿さざなみ号で183系の代走発生 | トップページ | 9回目の通院 »

西武 奥むさし駅伝開催に伴う臨時列車を観察する

今年も奥むさし駅伝の季節がやって来た。

西武鉄道では、毎年、この奥むさし駅伝の開催日に合わせて、飯能~西吾野間に駅伝応援用の臨時列車の運転とフリー切符の販売をしている。今年も1月の最終日曜日となる29日に駅伝が開催された。私はここ数年、この奥むさし駅伝の臨時列車観察に出かけており、今年も懲りずに現地へと向かったのであった。

なお、昨年の奥むさし駅伝臨時列車観察記は、こちらを御覧下さい。

昨年とほぼ同じダイヤだろうと予想していたので、まず私は昨年観察できなかった、飯能発1本目の臨時列車から観察することにした。その為に、朝6時40分に家を出発。途中、所沢から特急「ちちぶ5号」に乗り込む。臨時の西吾野行きは、確かこの列車の続行だった筈。そう思いながら飯能へ向かうと、しっかりと西吾野行きに接続しており一安心。早速、西吾野行きの撮影に入る。

2006_01_29_0030

飯能駅に停車中の臨時西吾野行き。303Fだった。

昨年の運転と同様、「臨時」の幕のみでの運転で、少々物足りなさを感じてしまう。一昨年までは「西吾野」と書かれた紙を貼って運転していた。ふと、ホームの発車案内機を見ると面白い表示が出ていた。

2006_01_29_0040

「臨時 お乗りになれません」って書かれても・・・

撮影後、西吾野行きを出発まで見届け、私は駅前の松屋へ朝飯を食べに行った。

朝食後、今度は特急券を購入。横瀬へと向かうことにした。先程の西吾野行き、西吾野到着後は、折り返しに備えて横瀬へ回送される筈。そう信じて特急で追跡したのだった。特急が芦ヶ久保に差し掛かると、1番線(側線)に303Fの回送の姿が見えた。先回り成功である。

横瀬に到着すると、ホームの端には既に先客が1人。やはり同じ事を考えていたのだろう。特急出発からおよそ2分後、303Fがゆっくりと横瀬駅4番線(2番ホームの隣の線)に入ってきた。

2006_01_29_0170

2006_01_29_0190

303Fは、ここ横瀬で帰りの輸送に備えて待機。

横瀬での撮影を終えて、今度は西吾野へ。2本目の臨時西吾野行きを出迎える。西吾野駅は、山間の駅でなかなか陽が当たらず、待っている間は寒かった。20分ほど待って、臨時列車が到着。昨年同様、2本目の臨時列車は4000系8連(4003F+4015F)だった。

2006_01_29_0370

西吾野に到着した4000系臨時列車

2006_01_29_0450

西吾野到着後はすぐに回送となり芦ヶ久保へ

本来ならば、この回送を追跡して、私も芦ヶ久保へ行きたいところだが、この後、歯医者さんの予約が入っており、後ろ髪を引かれる思いで西吾野を後にした。

|

« 速報!新宿さざなみ号で183系の代走発生 | トップページ | 9回目の通院 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/8410828

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 奥むさし駅伝開催に伴う臨時列車を観察する:

« 速報!新宿さざなみ号で183系の代走発生 | トップページ | 9回目の通院 »