« 珍編成 211系に挟まれた313系 | トップページ | 静岡ホビーショーを見に行く 後編 »

静岡ホビーショーを見に行く 前編

それでは、ここから先は二回に分けて、静岡ホビーショーのレポートをお送りします。

Imgp60460001

今年もやって来ました。静岡ホビーショー会場。

まず最初に訪れたところが、お馴染みKATOのコーナー。このメーカーは製品も手堅い作りで、どの製品も安心して見られるのが有り難い。今回注目なのは、やはり新幹線E2系に採用される新しい連結器である。

Imgp60510004

東北新幹線E2系「はやて」に採用される新しい連結器。

これまで、新幹線の製品と言うとトミックスのほうが一歩リードと言う感じがしていたが、このようなリアルな連結器の採用により、KATOが一気に追い上げてきたなと言う感じがした。そして、このような連結器を開発したとなると、今後は「こまち」等のミニ新幹線も製品化される可能性が高い。新幹線ファンには朗報ではないだろうか。

Imgp60500003

まもなく登場予定のEF510もここまで出来ていた。

Imgp60740011

ラウンドハウスブランドで近日発売される485系「きぬがわ・日光」仕様車。

ホビーセンターカトーのオリジナルブランドである「ラウンドハウス」からは、御覧の485系「きぬがわ・日光」仕様車が発売される。このラウンドハウスブランドは、既存の製品の型を流用して作られることから、全製品が「タイプ」と言う3文字が付いている。その為、中間車はカトー製品の485系300番台をベースにするのかと思っていたのだが・・・

Imgp60490002

モハ484のボディーはしっかりと1000番台車を作っているようだ。

最大の特徴であった、モハ484の1000番台車については、車体だけはしっかりと型を作ってやったようで、こうなると、どの部分を指して「タイプ」と称するのはどうしてだろう。と考えてしまう。

続いてはTOMIXのコーナー。

Imgp60540007

青いJRマークが特徴の700系3000番台車もここまで出来ている。

ホビーショー直前に発表された「ゆふいんの森」と「さよなら出雲セット」については、まだ写真のみの段階で、どちらも詳細は決まっていない様子。「さよなら出雲」に関しては、牽引機がどの車両をセットしてくるのかが注目かな。会場にいた関係者の方に聞いてみると、機関車については、まだ検討中との事。

このTOMIXの新製品の中で私が注目したのは、鹿島臨海鉄道の気動車である。

Imgp60520005

7月に限定品として発売される鹿島臨海鉄道のキハ1000。

鹿島臨海鉄道といえば、どうしても大洗鹿島線が思いつくのだが、この車両は、その大洗鹿島線が開業する前のこと。現在では貨物輸送のみとなっている北鹿島(現:鹿島スタジアム)から鹿島港南間で旅客営業をやっていた時期があり、その区間で使用されていたのが、この車両である。

Imgp60680009

パッケージも良い感じ。

このカラーの車両、だいぶ前にホビーセンターカトーのオリジナル品で、キハ20をこの塗装にしたものが売られた事があったと記憶している。キハ20なら、あくまでも「タイプ」であるが、こちらは限定品とは言え、しっかりと作られたものなので楽しみである。

Imgp60620008

好評の鉄道コレクション。第3弾は御覧のように大手私鉄の17メートル級車両が登場。

トミーテックから出ている鉄道コレクションの第3弾も試作品が展示されていた。第3弾は、御覧のように大手私鉄の17メートル級車両が登場。小田急2200形、南海21000系共に譲渡車バージョンも発売予定で、こうなってくると、1個ずつの購入ではなく、1箱単位で買いたくなってしまう。

後編に続く。


|

« 珍編成 211系に挟まれた313系 | トップページ | 静岡ホビーショーを見に行く 後編 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

>TOMOさん
 疑問にお答えしましょう!
 『このような連結器を開発したとなると、今後は「こまち」等のミニ新幹線も製品化される可能性が高い。』←いずれ出すそうです。(関係者談)

 『モハ484の1000番台車については、車体だけはしっかりと型を作ってやったようで、こうなると、どの部分を指して「タイプ」と称するのはどうしてだろう。と考えてしまう。
』←床板が300番台のままだからです。

 ちなみに、鉄道コレクションのMユニットは、次の生産(再生産含む)より銀車輪になるそうです。黒染車輪をご希望の場合は、在庫があるうちにお買い求め下さい。
 

投稿: 痛勤形酷電 | 2006/05/24 18:18

痛勤形酷電さん、コメント有難うございます。

会場のボードにもそれを匂わすような事は書かれていましたが、やはりE3系は出すんですね。新幹線ファンの皆さんは、楽しみに待ちましょう。

モハ484の件は、足回りに300番台の部品を流用することで「タイプ」になるんですね。解説有難うございました。

投稿: TOMO | 2006/05/26 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡ホビーショーを見に行く 前編:

« 珍編成 211系に挟まれた313系 | トップページ | 静岡ホビーショーを見に行く 後編 »