« 車両交換?西武国分寺線の花菖蒲号が2047Fにチェンジ | トップページ | 西武 電車フェスタ2006in武蔵丘検修場を見に行く 会場編 »

西武 電車フェスタ2006in武蔵丘検修場を見に行く 特別列車往路編

6月4日(日)、恒例行事となった「西武 電車フェスタ2006in武蔵丘検修場」が開催された。昨年に引き続き、このイベントに参加。今年は1日のみの開催となってしまったので、このイベントに合わせて運転される特別列車の撮影には少々慌しい部分もあった。

弊ブログでは、この恒例行事のイベントの模様を3回に分けてお送りしていきます。暫くの間お付き合いください。まず最初は、特別列車往路編から。

6月4日の朝、まず私が最初に訪れたのは田無駅である。検修場までの直通電車は、飯能始発が1本、西武新宿発の急行が1本、そして池袋からの特急が1本となっているので、まずは西武新宿への送り込みの回送を撮ることにしたのだ。西武新宿からの検修場行きは、飯能まで急行飯能行きとして運転されるため、新宿線内で急行飯能行きを撮る方が面白いのだが、それを狙っていると、飯能始発の検修場行きが撮れないので、今回の新宿線内の記録は、西武新宿への送り込みの回送だけを狙うことにしたのだ。

8時30分ごろ、池袋線所属の20103Fの回送がゆっくりと田無駅を通過していった。

2006_06_04_0111_1

2006_06_04_0131_1

ゆっくりと田無駅を通過する20103F。

よく見ると、前後でヘッドマークが微妙に違っている。両先頭車とも、20000系の絵から出ている手のうち、向かって左側の手がじゃんけんをしている。クハ20103が「パー」を出し、クハ20003は「チョキ」を出している。このような遊び心は去年も見られた。

こうなると、今度は飯能始発の検修場行きが気になるところ。急いで飯能へと向かう。目指すは通称「逆1」と呼ばれる、飯能駅近くの踏切。ここで飯能駅を出発するシーンを撮影するのだ。

9時30分過ぎ、飯能始発の検修場行きとなる車両が回送されてきた。車両は池袋線の20102Fである。ヘッドマークも付いているが、20103Fと違って、両手でじゃんけんをしているものだった。9時47分、予定より2分ほど遅れて特別列車が出発。両先頭車のヘッドマークの違いをしっかりと記録した。

2006_06_04_0331_1

飯能駅を出発する検修場行き特別列車。先頭のクハ20002は、両手でチョキを出している。

2006_06_04_0361_1

最後尾車両クハ20102は、両手でグーを出している。

この後、9時50分発の列車で入間市へと移動。西武新宿発の検修場行きを撮影するのだが、この踏切から駅への移動が大変だった。何しろ、予定では5分あった筈が、特別列車の出発が遅れたために、発車時刻までは約3分しかなくなった。とにかく駅までは全力疾走で行き、どうにか乗ることが出来た。久しぶりの運動で入間市に着く頃まで息切れが続いてしまった。

入間市駅では、上りホームの先端から検修場行きの入線を撮る。ここはカーブしているため、編成全体は入らないのだが、その分迫力ある入線シーンが撮れるので、思ったより良い感じだった。

2006_06_04_0530005

入間市駅に入線する西武新宿発急行検修場行き。

2006_06_04_0570006

飯能までは急行飯能行きの表示で運転。

撮影後、今度は下りホームの池袋方へ向かう。ここでは続いてやってくる池袋からの特急を撮るのだ。この特急は、通常の列車では停車しない石神井公園・ひばりヶ丘でも客扱いをするので、そのシーンを撮るのも面白いのだが、さすがに時間が合わなかった。

2006_06_04_0760007

入間市駅に入線する池袋からの検修場行き特急列車。

2006_06_04_0770008

入間市では客扱いはしなかったが、一旦停車した後、武蔵丘検修場を目指して出発していった。

この臨時特急には新宿線所属の10110Fが使用されていた。この列車の運転のために貸し出されたものである。10000系はリニューアル工事が進んでいるが、リニューアル工事をしなくても入場時にシングルアームパンタへ交換される事が多く、菱形パンタの10000系はだんだんと少なくなってきた。それだけに菱形パンタつき編成が武蔵丘検修場行き臨時特急に入ったのは良い記録になるかもしれない。

撮影後、後続の飯能行きに乗車したところ、この特急列車に追いついてしまった。車内ではイベントもやっているようなので、ゆっくりと検修場にいくダイヤにするのもサービスに繋がるのだろう。撮影追っかけ派から言わせてもらっても、こう言う停車は有り難い。

2006_06_04_0810009

飯能駅特急ホームに停車中の武蔵丘検修場行き特急。

この列車を発車まで見送り、私は飯能駅から西武秩父行に乗り込んで高麗駅へ。ここから武蔵丘検修場まで歩いたのだ。特急も含めて3本の直通電車が運転され、さらには飯能駅から無料送迎バスも出ているのに、今年も高麗駅からの徒歩を選択。心臓破りともいえるような上り坂もあるのだが、それもまた楽しみの一つ。武蔵丘検修場に入ったのは11時30分頃のことだった。

会場編へと続く

|

« 車両交換?西武国分寺線の花菖蒲号が2047Fにチェンジ | トップページ | 西武 電車フェスタ2006in武蔵丘検修場を見に行く 会場編 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/10424296

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 電車フェスタ2006in武蔵丘検修場を見に行く 特別列車往路編:

» 武蔵丘行きの臨時列車 [撮影記・日記]
今日は西武・電車フェスタ2006が武蔵丘車両検修場で開催されましたがあいにく部活 [続きを読む]

受信: 2006/06/07 18:14

» マニ活日記vol,112  「西武・電車フェスタ2006」臨時列車編 [THE diary from 5丁目]
続いてこちらでは「西武・電車フェスタ2006」会場へ向かう臨時列車を撮影したお話を。 「TOMOの鉄日誌」管理人TOMO氏他数名の方と一緒に往路・復路の撮影に挑みました。 あまり良いカットで撮れなかったので、これは来年の課... [続きを読む]

受信: 2006/06/18 12:18

« 車両交換?西武国分寺線の花菖蒲号が2047Fにチェンジ | トップページ | 西武 電車フェスタ2006in武蔵丘検修場を見に行く 会場編 »