« 北陸の気になる車両たち | トップページ | 昭和30年代の小田急線写真展を見に行く »

西武新宿線 踏切事故遭遇車6107Fが復帰

6月3日(土)の夜、西武新宿線田無~花小金井間の踏切で乗用車と下り電車が衝突する事故が発生した。事故に遭遇したのは、6000系の6107Fで、同日より運用を離脱。修復作業を行っていたのだが、本日の夕方、知人より、6107Fが営業運転に就いているとのメールが届いた。しかも、下り方のクハ6007のスカートは外されたままと言う。

連絡を貰った場所が、丁度、東大和市駅で、このまま東村山駅へ向かえば、6107F充当の列車に間に合うことが解った。こうなったら東村山へ行くしかない。私が到着すると、ちょうど4番ホームに6107Fが到着。ちょうど1分間の停車時間があったので、5番ホームの所沢方に向かって撮影することにした。

2006_06_24_0052

踏切事故から3週間。スカート無しで新宿線に復帰した6107F。

6000系は新製当初から先頭車にスカートが取り付けられており、このようにスカートを外した状態での運転と言うのは、私自身記憶がない。この編成もいずれはスカートが付けられるものと思われるが、当分の間は、このままの状態で運転されることだろう。

2006_06_24_0082

上り方クハ6107は無傷なので、スカートも付いている。

ちなみに、6107Fが離脱していた間、新宿線には池袋線から279F+303Fの10両編成が貸し出され、4ドア10両固定編成の運用に充当された。通常の3ドア10両運用とは2連の連結位置が違うため、新宿線・拝島線で10両編成の先頭に立つ前パン101系の姿を見る事が出来た。

2006_06_0709_20310001

新宿線に貸し出され6107Fの代走を務めた279F+303F。

スカート無しの6000系。何となく東京メトロの車両に似てると思ってしまった。そう思ったのは私だけだろうか。

|

« 北陸の気になる車両たち | トップページ | 昭和30年代の小田急線写真展を見に行く »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

昨日の帰宅時に乗りました。6007Fと気づいたものの、西武新宿方しか見なかったので気づきませんでしたよ。てっきり完全に治っての復帰かと思いました。

6001Fや6010Fのように車体側面に傷跡がなければいいのですが・・・。

投稿: わたわた | 2006/06/25 18:49

 こんにちは。
レオが吠える(http://bbs.avi.jp/205439/)への投稿、ありがとうございました。
 やっぱり、あるはずのモノが無い状態になると、何となく落ち着きませんよね。
 逆に、無かったモノを取り付けたりすると、同様に何やら違和感を感じたりしますし…

投稿: 痛勤形酷電 | 2006/06/26 00:28

わたわたさん、痛勤形酷電さん、コメント有難うございます。

わたわたさん>
6107Fに乗られましたか。西武新宿線の場合、西武新宿駅の正面改札口から乗車すると、どうしても最後部車両に目が行ってしまいます。6107Fの場合は、無傷のクハ6107を見てしまえば、完全に治った物と思うのは自然の流れですからね。私自身も、知人からクハ6007だと聞いていなければ、全く気が付いていなかったかもしれません。

痛勤形酷電さん>
こちらこそ。レオが吠えるには6000系スレを勝手に作っちゃいました。掲示板にも書きましたが、今年は6000系の動きが活発になるものと予想されていますので、6000系スレでしっかりとレポートしていきたいと思っています。

投稿: TOMO | 2006/06/26 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/10662133

この記事へのトラックバック一覧です: 西武新宿線 踏切事故遭遇車6107Fが復帰:

» 305.スカート無しの6007号車 [やっぱり鉄分の濃い日々]
 先日、花小金井付近で発生した事故により6007Fが被災してしまい離脱していまし... [続きを読む]

受信: 2006/06/26 22:55

« 北陸の気になる車両たち | トップページ | 昭和30年代の小田急線写真展を見に行く »