« 臨時快速「烏山山あげ祭り号」を撮影する | トップページ | 浜松工場 新幹線なるほど発見デーを見に行く »

真夏の夜の夢 新秋津駅で115系の湘南色とスカ色がご対面

1ヶ月ほど前のこと。ある鉄道雑誌に115系の湘南色とスカ色の車両が、武蔵野線の新秋津駅で並ぶと言う記事があった。これは、ゴールデンウィーク中に見られた。スカ色の115系で毎日運転されている快速「むさしの号」と、115系湘南色車で大宮~奥多摩間に運転された快速「むさしの奥多摩号」が一瞬だけ新秋津駅に並ぶと言うものであった。115系の湘南色とスカ色の並びと言えば、長野方面で見られた事もあったが、E231系の登場や、地域密着塗装車の出現により、このような並びは見られなくなってしまった。

季節は夏へ。快速「むさしの奥多摩号」が夏のダイヤでも運転されることになった。幸いなことに時刻に変更はない。と言うことは、あの並びが見られる。115系の湘南色とスカ色の並びを是非収めておこうと、時間に合わせて武蔵野線の新秋津駅へと向かった。雑誌で紹介されたこともあり、同業者が多数駆けつけていた。

2006_07_22_1500001

真夏の夜、新秋津駅で一瞬顔を合わせた115系の湘南色車とスカ色車。

22日夜の場合、奥多摩からの「むさしの奥多摩号」の方が到着が遅くて、間一髪セーフと言う感じであった。また、スカ色の「むさしの号」から下車して撮影している人も多数いて、どうにか撮ったのがこの写真である。

今日はどうにか撮れたが、日によっては微妙な遅れが原因で撮れない事もあるかもしれない。ただ、貴重な並びであることは確かなので、危険な賭けをしてでも撮影する価値は十分にあるかもしれない。

関連記事
青梅線に新顔 快速「むさしの奥多摩号として115系小山車入線

|

« 臨時快速「烏山山あげ祭り号」を撮影する | トップページ | 浜松工場 新幹線なるほど発見デーを見に行く »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

ん~何とも模型チックな光景でいいですね。私が甲府市に住んでいた10年前の甲府駅を思い出しちゃいましたよ(笑)。

投稿: あしがら&さがみ | 2006/07/25 21:29

 こんにちは。
 新潟地区では115系は今も現役な形式ですが、塗装が変更に
なっているためかつては見られた湘南色でも珍しい存在に
感じられるようになりました。スカ色115系は個人的にはそれ
自体には滅多に見ることができない車両であるため、今でも
新鮮さを感じてしまいます。
 その2本が並んだシーンともなると今や本当に貴重なシーン
ですね。同じような塗り分けの色違い車両の並びって結構
見たくなるシーンです。

投稿: GO | 2006/07/25 21:31

あしがら&さがみさん、GOさん、コメントありがとうございます。

あしがら&さがみさん>
しまった!私としたことが甲府の存在を忘れていました。そうですね。甲府なら中央線のスカ色と身延線の湘南色が顔を合わせますね。私の頭の中では、身延線は、まだワインレッドだったりして。(笑) その身延線は、最近ですと115系もすっかり少数派になってしまいましたね。

GOさん>
仰るとおり、新潟ではスカ色の115系は新鮮に見えるかもしれませんね。国鉄時代、115系投入前に走っていた旧型の70系も地域密着色でした。今の115系も国鉄時代末期から地域密着色に変わり、今は2代目と3代目になるんでしょうか。

投稿: TOMO | 2006/07/26 12:49

本日、「むさしの奥多摩」に乗車し、この並びを撮影してきました。宇都宮線の沿線に住んでいる私にとって、小山区の115系は思い出の車両であり、馴染みの深い車両です。なので、この車両にまた乗車できたのはとても嬉しいです。
さて、今度はどこで再会しますやら・・・。

投稿: でんしゃ | 2006/08/06 22:52

でんしゃさん、コメント&トラックバック有難うございました。

小山区の115系との再会、良かったですね。この編成、4両編成と言うこともあって、青梅線方面への直通快速には、ちょうど手頃なサイズと言えるかと思います。もう暫くはこの姿を見られるかもしれませんね。

ちなみに、この115系ですが、わざわざ小金井から回送されて来るみたいですね。5日朝、大宮駅で回送列車を目撃しましたが、回送区間でもヘッドマークを付けているようです。宇都宮線内を走る姿も記録されてみてはいかがでしょうか?

投稿: TOMO | 2006/08/06 23:47

TOMOさん
こちらこそ、TBありがとうございます。

確かに、青梅線(特に奥多摩)まで入線する車両となれば、同編成が丁度手頃な所なんでしょうね。その手頃さを武器に、行動範囲をもっと広めてほしいところです。

私も先日、運用終了後に小山区まで回送される同編成を目撃しました。今のところ、回送の時刻はわからないのですが、見ることができれば嬉しいです。

投稿: でんしゃ | 2006/08/08 15:54

でんしゃさん、コメント有難うございます。

「むさしの奥多摩号」ですが、鉄道ダイヤ情報8月号によると、6日で運転を終了しているようです。ただ、秋臨でも同時刻で設定される可能性はありますので、回送ダイヤを記しておきます。

回9534M 小金井800→小山806→古河820→久喜835→白岡842~46→蓮田852→大宮900

回9535M 大宮1908→蓮田1916~24→白岡1929→久喜1936→栗橋1944→古河1951→小山2006~14→小金井2021

投稿: TOMO | 2006/08/09 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/11063201

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜の夢 新秋津駅で115系の湘南色とスカ色がご対面:

» 115系再び現る 快速「むさしの奥多摩」号 [鉄道少年の唄]
夏休みに入り、臨時列車の運行も頻繁になってきました。そんな中、今年のGW中に運行された“あの快速”が、復活を果たしました。 GWに引き続き運行された快速「むさしの奥多摩」号(大宮)。 奥多摩〜大宮を結ぶ臨時... [続きを読む]

受信: 2006/08/06 22:49

« 臨時快速「烏山山あげ祭り号」を撮影する | トップページ | 浜松工場 新幹線なるほど発見デーを見に行く »