« 石炭輸送返空列車 5764列車を撮る | トップページ | 今年の夏も登場!中央線201系「東京サマーランド」のラッピング車 »

211系の廃車回送を撮る

では、引き続き7月9日のお話。

前記事で書いたとおり、新秋津で5764列車を撮影したのだが、その直後に携帯電話を使用して幾つかの掲示板を確認したところ、グリーン車組み込みで余剰となった211系のサハの廃車回送が実施されている事が分かった。当初は、そのまま新秋津で撮影しようと思ったのだが、5764列車もギリギリのタイミングで「被り」を防いだが、微妙なタイミングであった。もし、廃車回送が通った時に、武蔵野線の列車が被ってもまずい。そこで、私は、新秋津から電車に乗り、一駅隣の東所沢へと向かった。ここのホームの先端ならば、絶対に被られない筈。後続の電車で東所沢に向かうと、どうやら廃車回送には間に合ったようだ。

複数のブログや掲示板によると、これまでに実施された211系の廃車回送は、高崎車両センターのEF64 1001号機が、お座敷電車「ゆう」の控車であるマニ50を連結器対策で連結し、その後にサハ211を4両ずつというパターンだったようだが、今回は、牽引機が同じ高崎車両センターのEF64 36。マニ50を挟むところは一緒だが、サハ211が8両と、これまでのパターンの倍以上連結されている。この場所で撮影できるかどうか。先行する電車で光線状態や線路脇の障害物などを確認。そんな確認作業をしていると、廃車回送がやって来た。

2006_07_09_0240001

一路長野を目指して、武蔵野線東所沢を通過する211系の廃車回送。

この場所では、以前にも西武鉄道の9000系甲種輸送列車なんかも撮影しているので、10両編成以上でも問題なく撮れる事は確認が出来ていた。過去に撮影した事があるというのは、実に心強い物で、あとは自分の経験でどうにでもなる。とりあえず、新秋津からここへ来て大正解だった。

東所沢の撮影が成功に終わると、少々欲が出てくる。この廃車回送、以前のパターンであれば、八王子で少々停車時間がある筈。そこで、後続の電車で、まずは西国分寺に出て、そこから中央線に乗り換えて八王子へ向かうことにした。

八王子までの乗り継ぎは順調だったのだが、現地に着くと車両がいない。おかしいな?と考えていたら、後からやって来た。どうやら、廃車回送の方は、中央線との連絡トンネル付近で信号待ちをしていたようだ。

2006_07_09_0340001

八王子駅に進入する211系の廃車回送。

ホーム中ほどで進入を撮影し、今度はホームの先端付近へ移動。停車中の姿を撮影する。ある程度、長い時間停まると皆知っていたのか、かなり大勢のファンが来ていた。中には、ホームで大型の三脚を使用していた人もいたようだが、次々到着する電車から下車してきたファンが、デジカメでちょこっと前の方で撮られている状況を見て、三脚使用を諦めた人もいたみたい。私自身は、殆ど三脚を使用しない派なので、全く問題なし。皆さんの撮影の合間を見計らって撮影した。

2006_07_09_0450002

八王子で小休止中の廃車回送編成。

2006_07_09_0540003

機関車とサハとの間に連結されたマニ50。この車両はお座敷電車「ゆう」が非電化区間に乗り入れるときに牽引される機関車と「ゆう」との間に連結されるのが本来の役目。

撮影を終えて、出発までの間に、廃車となったサハ211の車両番号の確認をした。今回、廃車となって旅立っていったサハ211は、3015・3016・3017・3018・3043・3044・3119・3120の計8両だった。特に、3119と3120の2両は、平成になってから登場した車両。何とも勿体無い気もしたが、以前にも触れたとおり、再利用が出来ない車両なので、仕方が無いことだ。

皮肉なことに、この廃車回送の1日前は、ダイヤ改正当日。8日より、上野駅にやって来る宇都宮線と高崎線の普通列車には、全列車でグリーン車が連結されるようになった。東海道線で113系の一員として活躍していた2階建グリーン車の211系への編入改造も、ダイヤ改正に合わせて終了。これからは、若くして旅立っていったサハ211に代わって、上野口で活躍してくれることだろう。新たに挿入されたグリーン車たちの活躍を願いながら、サハ211を見送った。


|

« 石炭輸送返空列車 5764列車を撮る | トップページ | 今年の夏も登場!中央線201系「東京サマーランド」のラッピング車 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

どうもです。

18日の午後も旧高崎客車区の構内にマニ50(ゆう色)がいたので、また回送があったのかもしれませんね。あと何回続くのやら?

車歴を考えれば、廃車やむなしってところなんでしょうが、高崎地区といえば115系や改造車の107系が走っていますから、もったいない気もしますが、ほかのコメントにもありましたが、転用できない以上、仕方がないんでしょうね。

投稿: ちろ | 2006/07/21 01:23

ちろさん、コメント有難うございます。

また高崎に「ゆう」色のマニ50ですか。どちらにしても、転用されたグリーン車の数だけ廃車があるでしょうから、まだまだ何回かはありそうですね。

廃車回送を撮る時は、なんとなく寂しさも感じますね。

投稿: TOMO | 2006/07/21 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/10924700

この記事へのトラックバック一覧です: 211系の廃車回送を撮る:

» 316.211系廃車回送を追いかける [やっぱり鉄分の濃い日々 ]
 本日、11時前に起きて携帯で幾つかの掲示板を見ていると、211系の余剰サハの廃... [続きを読む]

受信: 2006/07/24 00:27

« 石炭輸送返空列車 5764列車を撮る | トップページ | 今年の夏も登場!中央線201系「東京サマーランド」のラッピング車 »