« 8月5日撮影の貨物列車 | トップページ | 西武 ヘッドマーク付き電車夏の陣 その2 »

大宮駅で工臨を目撃する

昨日の午前10時ごろのこと。大宮駅の跨線橋を歩いていたら、7番線に電車とは違う独特の音をした列車が入線していくのが解った。気になったので8番線に下りてホームの先端へ向かうと、JR東日本所属のEF65がレール運搬用の貨車を牽引した業務用貨物列車、俗に言う「工臨」だった。

2006_08_05_1041

EF65 1114がレール運搬用貨車を牽引し大宮駅7番線に到着。

このEF65 1114号機だが、先月発売の鉄道雑誌によると、乗務員室内に冷房装置が取り付けられたとのこと。JR貨物の機関車なら、JR化後に登場した機関車との落差を埋めるために、既存の機関車にも冷房改造をして乗務員の労働環境の向上を図っているが、旅客会社の機関車ではそれ程例が無い。

2006_08_05_1010009

パンタグラフと避雷機の間にある台形の形をしたものが冷房装置。

このEF65 1114は、寝台急行「銀河」の牽引にも充当されることがあるので、JR東日本以外の乗務員が乗ることもある。今の時期、冷房装置の付いた機関車は他社の乗務員にも好評だろう。

さて、機関車ばかりでなく、後ろの貨車も撮影しておく。

2006_08_05_0990001

レール運搬用貨車チキ6000。

2006_08_05_1050002

大宮駅を出発。

チキ6000他数両が連結されていたが、いずれも積荷となるレールは積んでいない。どこかへレールを運んだ帰りだったのかもしれない。

この後、私は大宮駅10時30分発の湘南新宿ラインで池袋へ向かったが、さいたま新都心駅に隣接する大宮操車場に、この工臨は停車していた。この後、どこへ行ったのだろうか。

|

« 8月5日撮影の貨物列車 | トップページ | 西武 ヘッドマーク付き電車夏の陣 その2 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/11299288

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮駅で工臨を目撃する:

« 8月5日撮影の貨物列車 | トップページ | 西武 ヘッドマーク付き電車夏の陣 その2 »