« 15年の歴史に幕 桃花台新交通「ピーチライナー」に乗る | トップページ | 名古屋駅でドクター東海に出会う »

お帰りなさい 西武9105F

西武鉄道では、前年度に引き続き、今年度も9000系の省エネ改造を進めている。前年度同様、今年度も2編成が省エネ改造を受けるが、今年度の第1弾として6月7日に東急車輛へ入場した9105Fが、この度、改造を終えて、甲種輸送により地元に戻ってきた。

この日、私は仕事を終えた後に、新宿で買い物を済ませて、西武新宿駅から特急「小江戸33号」で所沢へ向かい、地元に帰ってきた9105Fを撮影する事にした。いつものダイヤのパターンであれば、所沢には21時頃まで停まっている筈である。小江戸号から下車して6番線に目をやると、9105Fの姿を確認する事ができた。早速、跨線橋の上から撮影を開始する。

Img_83370001

東急車輛での省エネ改造を終えて地元に帰ってきた9105F。

跨線橋から、ホームへ下りて、今度はモハの撮影をする。これまでの改造車同様、VVVF制御装置の部分とシングルアームパンタだけが綺麗なのが目立つ。

2006_09_28_mg_83400002

入場前とは明らかに違うモハ9805の床下機器。

2006_09_28_img_83470003

そのままホーム飯能方へ進み、今度は正面を撮影してみたが・・・

ご覧のように、機関車の停止位置が微妙に悪かった。そこで、この列車に先回りして小手指へ向かう事にした。20時26分発の飯能行きの乗り込み、小手指に着くと、上りホームの飯能方の先端には、既に何人かの同業者が集まっていた。私も、そこへお邪魔して、獲物の到着を待つことにした。

そして21時15分頃であるが、E34を先頭に9105Fの甲種輸送列車が、小手指駅に到着した。私は、停車する前から、速度が遅くなった頃を見計らって撮影を開始した。

2006_09_28_img_83610004

E34+E33+9105Fの編成が小手指に到着。

2006_09_28_img_83700005

2006_09_28_img_83720006

約3分ほど停車した後、車両基地へと入っていった。

9105Fの東急車輛からの出場により、9000系は8編成中5編成が省エネ車と言う事になった。まあ、9105Fが出場したとは言っても、今までの改造車のパターンどおりで動けば、近日中に武蔵丘検修場へ入場し、全検を受ける可能性が高いので、同編成が近日中に営業に入ると言う可能性は低いかもしれない。いずれにしても1ヶ月以内には、営業運転を開始するだろうから、そうなると、ますます原形の9000系を見る機会は減ってしまうだろう。原形車もしっかりと記録しておきたい。

関連記事
2006年6月28日付記事 運転報告 西武9105Fが東急車輛へ入場

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
鉄ちゃんの鉄道日記さん

|

« 15年の歴史に幕 桃花台新交通「ピーチライナー」に乗る | トップページ | 名古屋駅でドクター東海に出会う »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/12079196

この記事へのトラックバック一覧です: お帰りなさい 西武9105F:

» 9105Fが帰ってきた! [鉄ちゃんの鉄道日記]
6/7にVVVF化工事のため東急車両製造へ入場した9105Fが本日工事を終えて戻ってきました。 学校から帰るのが早かったので、近場で撮影。下り列車を撮るのには適した場所ではありませんが… ↑EF65-1002が牽引しました。(トリミング済) ↑「人と環境に優しい」HMは御馴染みですね。(トリミング済) また、スカートが無い9000系も甲種ならではです。 気になったのは、更新車の特徴である前面左側の窓下の車両番号が無いのですが、これは小手指(武蔵丘?)で貼り付けるのでしょうか。。。 ... [続きを読む]

受信: 2006/09/30 09:05

« 15年の歴史に幕 桃花台新交通「ピーチライナー」に乗る | トップページ | 名古屋駅でドクター東海に出会う »