« East-i E+マヤ50 武蔵野線を走る! | トップページ | 多摩湖線に押し寄せる近代化の波 »

常磐線上野口からまもなく撤退 E501系と3ドア中電を撮影する

既にいくつかのブログで取り上げられているが、JR東日本では、上野駅発着の常磐線中距離電車の全列車にグリーン車を連結する事になった。その為、現在、E531系を大量増備しているが、その結果、上野口から415系などの3ドア中電車両の他、E501系も撤退する事になった。E501系は、京浜東北線などで活躍中の209系をベースに製作された交直両用の通勤形車両で、60両が製造された。現在は常磐線の上野~土浦間で使用されているが、上野口の常磐線中距離電車へのグリーン車連結により、E501系は、常磐線の土浦~いわき間と水戸線へ転用される事になった。転用に際して、車椅子対応のトイレの設置や、5連口のVVVFの換装などが行われるため、3ドア車より一足早く常磐線上野口から去ることになった。

そこで、3連休最後の日となった9月18日、上野口で最後の活躍を続けているE501系の15両編成での勇姿を記録するため、北千住駅へ向かった。ここの上りホームの先端からは、下り列車の進入が綺麗に撮れる。狙いは上野駅を12時32分に出発する2377Mだ。祝日と言う事もあって、この駅では私以外にもE501系にカメラを向けている人がいた。少々暗かったのだが、どうにか撮影する事ができた。

2006_09_18_img_80520003

常磐線土浦以北及び水戸線用への転用のため、上野口からはまもなく撤退する事になったE501系。15両編成での運転も、もうすぐ見納めとなる。

その走行音から、通称「ドレミ電車」と言われて親しまれたE501系。E531系が常磐線に登場したときは、同じ4ドア車として上野口で共存していくものとばかり思っていたが、こんな形で、郊外へ転用される事になるとは、まさに夢にも思っていなかった。E501系の新天地での活躍に期待したい。

E501系と共に、同じく上野口から姿を消す415系などの3ドア車両も、合わせて記録しておきたい。今回のE501系の撮影時に、3ドア車充当の下り列車が2本やって来たので、こちらも合わせて撮影した。

2006_09_18_img_80570001

1379Mは、下り方にステンレス車の415系1500番台車を連結。

この415系1500番台車は、足回りこそ415系だが、車体は211系に準じており、今回のE531系投入に伴う置き換えの対象からは外れている。E501系同様、来年春からは、常磐線土浦~いわき間と水戸線で活躍する事になっている。

2006_09_18_img_80710003

1383Mは、数少なくなったAU712クーラー搭載車を連結。

Imgp68780001

1383Mは、最後部車両も注目。

この1383Mは、ご覧のように415系だけではなく、403系に属する車両も含まれた貴重な編成だった。常磐線の3ドア車両は、基本編成となる7両編成の殆どと、付属編成となる4両編成の一部の編成は、編成中の一部にロングシート車が含まれる事が多いのだが、この組み合わせは、11両全車がセミクロスシート車だった。

さて、消える車両ばかりを撮っていたが、実は、これから先も活躍を続ける車両の中にもしっかりと撮っておきたい車両がある。

2006_09_18_img_80650002

常磐線の次世代主力車両E531系による特別快速。(トリミング処理済)

最新鋭のE531系も、グリーン車が連結されていないオール平屋車両による15両編成と言うのは、来年春以降見られなくなる。消えていく車両たちと共に、新しい車両も今の姿をしっかり記録しなくてはならない。それだけ大きく変わろうとしているのだろう。これからも機会があれば、常磐線の中距離電車の撮影をしよう。改めて実感した1日だった。

この記事から下記ブログへトラックバックを送信しています。
痛勤形酷電どっと混む!さん
THE diary from 5丁目さん
くましげの日記帳さん
Kaz-T's blog レインボーラインさん
レースとレールと、車に乗って さん

|

« East-i E+マヤ50 武蔵野線を走る! | トップページ | 多摩湖線に押し寄せる近代化の波 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。
 いやはや、プロトタイプみたいにオジャンにされて、「床下機器のみ転用」なんてことにならずに済んでホッとしました。
 しかしながら、通常の運用では交流区間閉じ込めで、折角の交直両用の性能は発揮出来なくなりますし、5両の方は、制御装置が更新される様ですので、あのサウンドは聞けなくなる様ですので、非常に残念ですね。
 行ければ来月にでも、撮影に行きたいですが、無理かなぁ…

投稿: 痛勤形酷電 | 2006/09/21 12:28

痛勤形酷電さん、コメント有難うございます。

E501系は、特殊な車両と言う事だけあって、1日の運用列車もそう多くは無いですから、京浜東北線のような過酷な運用では無かった点で、長生きできるのかもしれません。トイレを設置したり、制御装置を変更したりするんですから、最低でも10年ぐらいは使うつもりでしょうか?痛勤形酷電さんも、もう一度撮影できると良いですね。

投稿: TOMO | 2006/09/22 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/11966153

この記事へのトラックバック一覧です: 常磐線上野口からまもなく撤退 E501系と3ドア中電を撮影する:

» 常磐線普通電車の撮影 快速線 [レースとレールと、車に乗って]
天気予報では今日は曇りのはずでしたが、起きてみたらいい天気だったので、今度こそと常磐線の北小金-南柏間に出掛けました。どうしてもまともに撮れないE501系を今度こそがテーマです。... [続きを読む]

受信: 2006/09/20 17:37

» E501系も都心から撤退へ [痛勤形酷電どっと混む!]
E501系は209系0番台をベースに、1995(平成7)年に常磐線向けに、基本 [続きを読む]

受信: 2006/09/20 19:00

» 常磐線上野口から撤退へ E501系 [Kaz-T's blog レインボーライン]
昨年、新型車E531系が導入され「特別快速」の運転も始まった常磐線。その後、E5 [続きを読む]

受信: 2006/09/20 23:14

» 常磐線E501系、新しい働き先が見つかる! [THE diary from 5丁目]
1995(平成7)年に常磐線に4編成60両が投入されて以降、トイレの設置が無い事から上野〜土浦間の近距離運用に就いていたE501系「交直流通勤型」電車ですが、来春以降中電上野口ではグリーン車連結によるオールE531系化が決定し、そ... [続きを読む]

受信: 2006/09/21 22:56

» E501系にトイレ設置 [くましげの日記帳]
 上野~土浦間の一部列車に使用されているE501系にトイレが設置される事がJR東 [続きを読む]

受信: 2006/09/24 21:42

« East-i E+マヤ50 武蔵野線を走る! | トップページ | 多摩湖線に押し寄せる近代化の波 »