« 京王・都営 新ダイヤを観察する | トップページ | ブログ開設2周年 »

真鶴でEF65 1118号機を撮る

9月2日、私は青春18きっぷの消化を兼ねて、沼津周辺を回ってきた。朝、京王線の新ダイヤの様子を高幡不動駅で観察したため、18きっぷは分倍河原から使用を開始。そのまま南武線で川崎へと向かい、川崎から東海道本線に乗り換えた。775Mで熱海を目指す。その道中、小田原駅で元スーパーエクスプレスレインボーの専用機である、EF65 1118号機を目撃した。車内で某掲示板を見ると、真鶴への工臨であることが判明。そうと解れば撮りたくなる。私は、真鶴で途中下車して、赤ガマの到着を待った。ホームで待つ事およそ15分。真っ赤なEF65がゆっくりと側線に入ってきた。

2006_09_02_0230001

元スーパーエクスプレスレインボーの専用機であるEF65 1118号機。この日は真鶴までの工臨に充当された。

スーパーエクスプレスレインボーの専用機は、もう1両、EF81 95号機があるが、EF81は「北斗星」に充当される事もあり、私も何度か撮影しているものの、定期運用を殆ど持たないEF65は、なかなか撮影する機会に恵まれない。私も殆ど撮っていなかったのだが、先月も関西遠征時に甲子園臨として来阪した同機を撮影しており、今まで撮れなかったのが嘘のようである。

2006_09_02_0290002

正面に回ってもう一度撮影。

一通り撮影を終えると、下り快速「アクティー」の接近放送が掛かった。この列車は、東海道線では少数派のE217系が充当されている。滅多に見られないツーショットを狙ってみよう。

2006_09_02_0360001

東海道線では少数派のE217系と一瞬の並び。

私は、この貴重なツーショットを撮影した後、入線してきたE217系の快速「アクティー」で熱海へと向かった。気が付けば、東海道線のE217系の乗車もこれが初体験。乗ってしまえば、横須賀・総武快速線の車両と中身は一緒だったが、編成替えで、妙なところにボックスシート車が入っているのには違和感を感じた。


|

« 京王・都営 新ダイヤを観察する | トップページ | ブログ開設2周年 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。
 先日の、関西遠征時のリベンジが果たせたようでなによりです。
 しかし、このカマ、しょっちゅう動いていませんか?

投稿: 痛勤形酷電 | 2006/09/14 23:57

痛勤形酷電さん、コメントありがとうございます。

まあ、先日の関西遠征での撮影は、トリミングすれば十分に使えましたので、今回はリベンジとは考えていません。

欲を言いますと、やはり機関車ですから、後ろに引くものがほしいですね。客車でもチキでも何でもいいです。機関車だけというのは、やはり寂しいものです。

投稿: TOMO | 2006/09/15 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/11776535

この記事へのトラックバック一覧です: 真鶴でEF65 1118号機を撮る:

« 京王・都営 新ダイヤを観察する | トップページ | ブログ開設2周年 »