« 京王・都営 地震の影響で代走発生 | トップページ | 久々の上京 JR西日本の14系客車 »

まもなく引退 秩父鉄道3000系

秩父鉄道で急行列車として活躍してきた3000系。見た目は綺麗に見えるこの車両、JR(国鉄)165系直流急行形電車を改造した車両であるが、よる年波には勝てず、ついに来月の25日を以って引退。元西武101系を改造した後継車6000系に後を託す事になった。後継車の6000系は、既に3本が出揃っており、3000系は最後まで残った1編成が時折営業に入る程度らしい。

そんな中、14日の昼過ぎの事、秩父鉄道の3000系が急行運用に入ったと言う情報が入った。私は、その頃、秋葉原にいたのだが、この事実を知ったら3000系の姿が見たくなった。秋葉原から山手線で池袋へ移動。池袋14時30分発の特急「ちちぶ23号」に乗って西武秩父を目指した。この列車に乗ると、西武秩父には15時51分に到着し、3000系が入る筈の御花畑駅15時57分発の急行に間に合うからだ。

西武秩父に到着後、足早に仲見世通りを歩いて御花畑駅を目指す。駅手前の踏切付近で入線を撮るはずだったのだが、踏切まであと少しと言うところで、3000系が通過してしまった。仕方ない。御花畑No2踏切から、御花畑駅停車中の3000系を撮る事にした。

Img_89810002

引退まであと1ヶ月少々。最後まで残った1編成が細々と活躍を続ける。

ご覧のように、最後まで残った編成は、トップナンバーの3001Fだった。この編成は、AU12型クーラーを装備するなど、貴重な存在でもある。確か1~2年以内に全検を受けていたはずで、その事から最後まで残ったのだろう。

後継車両の6000系は、乗務員室内の設備を見ると、ワンマン運転が可能な仕様となっている模様。この画像では、車掌さんの後姿が映っているが、3000系共々、このようなシーンも見納めとなってしまうのだろうか。

|

« 京王・都営 地震の影響で代走発生 | トップページ | 久々の上京 JR西日本の14系客車 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:秩父」カテゴリの記事

コメント

165系でもAU12クーラーとは、古いですね。確か、169系の試作車とかもそうであったと記憶していますが。

Primera

投稿: Primera | 2006/10/16 01:29

Primeraさん、コメント有難うございます。

はい。仰るとおり、169系の試作車もAU12クーラーを使用していました。169系の試作車も晩年は新前橋電車区の所属だったと思いますが、当時の新前橋には、AU12を使用した編成が結構いたんですよね。秩父鉄道へ譲渡された車両3連3本のうち、2本がAU12を使用していた車両だったはずです。ただし、うち1本は、入線時にAU13へ交換されていますから、実際には、この3001Fのみと言う事になります。

ちなみに、JRの165系普通車で、最後までAU12クーラーを搭載していた車両は、JR東海の神領車両区にいたクモハ165-36でした。

投稿: TOMO | 2006/10/18 00:24

ついに引退。寂しいですね。6月に乗車した際、とても軽快に走っていて、まだまだがんばれそうなのにと思いました。ただ、週末を含め、急行秩父路の乗車率は高くないですよね。それも心配です。

投稿: ktkr | 2006/11/02 12:40

ktkrさん、コメント有難うございます。

急行秩父路号に関しては、撮影だけでなく、実際に何度か乗車した事がありますが、仰るとおり、あまり乗車率は良くないですね。それだけに、秩父鉄道でも沿線のイベントに合わせて、急行列車の列車名を変更したりして、積極的にPRをしているようですが、それだけでは厳しいですよね。

投稿: TOMO | 2006/11/04 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/12301630

この記事へのトラックバック一覧です: まもなく引退 秩父鉄道3000系:

« 京王・都営 地震の影響で代走発生 | トップページ | 久々の上京 JR西日本の14系客車 »