« 最後の活躍を続ける身延線の123系 | トップページ | 静岡地区在来線の新顔 313系ロングシート車を観察する »

静岡車両区で発見! ユーロライナー色のEF65

富士駅での撮影後は、静岡まで乗り通してみた。またしても、移動は運良く113系。最初は立っていたが、途中からボックスシートに座れたので、静岡まで113系の旅を楽しんだ。

静岡駅の一駅手前、東静岡駅に着くと、下り列車に乗って向かって右側、新幹線の線路を挟んで、静岡車両区が見えてくる。東海道本線や身延線・御殿場線の車両を一手に管理しているのだが、留置車両の間に機関車が1両置かれているのが見えた。静岡での昼食休憩を終えて、再び沼津方向へ戻る際、この東静岡駅で途中下車して、ホーム上より静岡車両区内に停められたままのEF65を撮影してみた。

Img_104700003

東静岡駅ホーム上より静岡車両区を見てみる。色褪せた113系の横には、なんとユーロライナー色のEF65が置かれていた。

この車両は112号機。JR東海では、EF65を2両所有しているが、一般カラーの111号機は、既に夏の浜松工場祭りの際に、休車扱いとして浜松工場内にいたのは確認が出来ている。と言う事は、本線上にいつでも出動できるEF65は、この112号機が最後の車両となる。そこで、今度はEF65を中心にズームアップ。

Img_104720004

EF65にズームアップ。確かに112号機である。

JR東海では、このEF65以外にも、電気機関車ではEF58と64が、ディーゼル機関車ではDE10とDD51がいる。ここ数年、彼らの出番は少なく、ユーロライナーが無くなってからは、レールなどを運ぶ貨物列車(通称:工臨)の牽引用として細々と活躍を続けてきた。しかし、これらの工臨にも、ディーゼルカー形式の工臨専用車がデビューする予定となっているので、現役でいられるのも残り僅かとなってしまった。せめてもう一度は走行写真を撮りたいと思っているが、果たして撮る事ができるだろうか。

|

« 最後の活躍を続ける身延線の123系 | トップページ | 静岡地区在来線の新顔 313系ロングシート車を観察する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東海」カテゴリの記事

コメント

やや、まさかまだユーロライナー色のEF65が残っているとは・・・
ちなみに、「ユーロピア」はJR四国に売却されてから一般色に戻されたらしいです。

投稿: F02 | 2006/12/18 16:20

F02さん、コメント有難うございます。

ユーロライナー引退後も、まだEF65の専用機が残っていたとは、私も驚きました。この辺りは、JR東日本の「スーパーエクスプレスレインボー」にも言える事でしょう。EF65は、状態も良くないでしょうけど、両数も2両しかない事もあり、早々と撤退だとは思っていましたが、EF64と共に、まだ残されているんですね。ただ、これもあと1年以内ではないかという気がします。

四国へ移籍した14系。ユーロピアカラーの14系は、最近になって塗装変更されたようですね。私も最近知りました。四国に移籍した14系には、スハフ14・オハ14・オハフ15のトップナンバーが含まれており、今後の活躍に期待したいところです。

投稿: TOMO | 2006/12/18 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/13106598

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡車両区で発見! ユーロライナー色のEF65:

» 2006年10月 DE10 [マイ・つるかわ・生活〜鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ]
前回、紹介した「羊蹄丸」内で展示されている、ディーゼル機関車DE10 あの、船の中の展示物では、唯一国鉄だった面影を残す展示物です。  かつては、SLの置き換えに量産された、機関車もこのところは、活躍の場が少なくなってきていると聞いています。 [続きを読む]

受信: 2006/12/19 22:08

» EF65100号機 [JR学研都市線の「鉄道写真ブログ」]
残り少ない岡山機関区の原色機EF65100号機です。ネット上で運用を追いかけ撮影成功です【RSSリーダーに登録】ブログ更新を自動的にチェックできます★【求む】楽天ブログテーマ:近畿の鉄道【投稿】【メインページ】JR学研都市線のページ★←よろしければクリックお願いし...... [続きを読む]

受信: 2006/12/25 20:48

« 最後の活躍を続ける身延線の123系 | トップページ | 静岡地区在来線の新顔 313系ロングシート車を観察する »