« 杜の都の少数派 417系を撮影する | トップページ | 速報!13号線乗り入れ対応車6103Fが本日より営業運転開始 »

交直流急行形電車の車体更新車 717系

元日の東北遠征記は、もう少し続きます。

前記事では、2扉の417系電車を紹介したが、仙台地区には、もう一つ、417系によく似た車両で717系と言う車両が存在する。

Img_112170011

417系と同様、両開き2扉車両である717系。

この717系は、タイトルでお解かりの通り、交直流急行形電車を車体更新した車両で、仙台地区には3両編成10本が在籍する。10本のうち、最初の5本は451系を改造しているが、残る5本は、種車が453系となったため、クモハとモハのユニットが100番台になっているが、外観上の違いは無い。

Img_112120001

車体は新製されているが、屋根上の機器には種車の面影を残している。

交直流急行形電車の部品を流用して作られた717系は、昭和61年より登場。同様の車両が、北陸や九州にも投入された。冷房装置は、種車の物を流用しており、パンタグラフが載っている中間のモハ716は、451・453系同様、集中型クーラーになっているのも面白い。

Img_112100007

両開き2扉の先輩、417系と並ぶ。

717系は、仙台地区の場合、主に常磐線のいわき以北で活躍してきたが、常磐線E531系投入により捻出された415系への運用移管で、717系1編成に余剰が発生し、昨年には、初の廃車も発生している。この717系も、先の455・457系・417系と同様に、E721系への置き換えが予定されている。登場から21年、仙台地区から消える日も近くなってきた。

|

« 杜の都の少数派 417系を撮影する | トップページ | 速報!13号線乗り入れ対応車6103Fが本日より営業運転開始 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/13395286

この記事へのトラックバック一覧です: 交直流急行形電車の車体更新車 717系:

« 杜の都の少数派 417系を撮影する | トップページ | 速報!13号線乗り入れ対応車6103Fが本日より営業運転開始 »