« 駅前グルメシリーズ9 銚子 「御食事処 若松」 | トップページ | 臨時快速「お座敷浪漫碓氷号」を撮影する »

銚子電鉄を訪ねる

お待たせいたしました。1週間遅れでありますが、14日の銚子電鉄貸切オフの報告です。

銚子駅前で昼食を摂った後は、まだ少々時間が余ったので、まずは銚子駅近くの踏切で銚子電鉄の列車を撮影する事にした。この日、銚子電鉄線内で走行していたのは、デハ801とデハ1002。我々が乗車する列車は、デハ801とデハ701の2両編成なので、1本前の列車はデハ1002である事は解っていた。元営団地下鉄銀座線で活躍していた2000系車両を改造した、銚子電鉄の1000形は、茨城県内の日立電鉄が廃止された今となっては、営団地下鉄2000系の面影を残す貴重な車両となっている。

Img_114270003

銚子駅を出発するデハ1002。

駅に戻ることを考えて、駅近くの踏切を撮影場所として選んだので、多少の障害物は仕方ない。バックの高層マンションと銚子電鉄の電車が、何ともアンバランスである。この踏切だが、通過する列車は銚子電鉄の列車のみなのだが、踏切は戸籍上JRの踏切となっているようだ。

さて、駅に戻り、乗車の準備に入る。まずはJRのホームの先端にある、銚子電鉄の可愛らしい駅舎を撮影。

Imgp75550001

銚子駅の銚子電鉄の乗り場は、JRのホームの先端にある。

我々が乗車する、銚子駅13時08分発の列車は、犬吠駅前で開催された「銚子電鉄サポーターズ発足式」に参加する人達で、銚子電鉄のホームは賑わっていた。しかも、このイベントに参加する、千葉ロッテマリーンズの小林雅英投手が、この列車に乗車するようで、千葉ロッテファンもホームに集まっていた。JRの改札口を見ると、小林投手の姿が・・・ 我々は、前に連結される貸切車両に乗車するため、ホームの先端で待機。列車の入線シーンを撮ることにした。

Img_114330004

デハ801+デハ701の特別編成が、銚子駅にゆっくりと入線。

入線シーンを撮影し、後ろを振り向くと、我々が乗車するデハ701が目の前に。そして良く見ると、しっかりと「団体貸切」のサボも掲示してあった。

Imgp75580002

濡れ煎餅効果で、無事に検査を終えたデハ701に乗車。

銚子電鉄の係員さんの誘導により、我々オフ会参加者はデハ701に乗り込む。もともと、仲ノ町駅の連結作業の関係で、少々遅れての到着だったので、乗車するとすぐに出発となった。このデハ701とデハ801は、総括制御が出来ず、運転士さんも各車両に1人ずつ乗っている。2人の運転士さんの呼吸がピッタリ合っての運転に感心していると、すぐに仲ノ町駅に停車した。

ここで、幹事である痛勤形酷電さんよりサプライズが・・・

Img_114410005

銚子電鉄の車内で、鉄道模型の運転。

このサプライズは全く聞かされていなかったので、いきなり鉄道模型が現れたときはビックリ。まあ、よくもこんな事を考えたものだと、参加したメンバーは大爆笑だった。

車内では、濡れ煎餅やたい焼きなどを頬張りながら、模型ネタなどで盛り上がり、あっという間に終点の外川に到着。一行は、ここで一旦ホームに降りることに。

Img_114470006

銚子電鉄の終点、外川駅もノンビリムード。

Img_114520007

外川駅で折り返しの合間に撮影。

撮影を終えて、我々は再び貸切電車内へ。車内から犬吠駅前のイベントを見ると、丁度盛り上がっている最中だったようだ。帰りも模型談義などを繰り返しているうちに、仲ノ町に到着。我々を乗せたデハ701は、ここで切り離しとなる。これは、オフ会一行が、貸切列車で往復後に、仲ノ町の車庫を見学させてもらうように、銚子電鉄さんに依頼しておいたので、銚子電鉄さんの粋な計らいで、我々を乗せたまま構内入替をして入庫する事になったのだ。京急川崎駅の切り離しよりも早いと思うような職人芸であっという間に切り離しをして、デハ701は一旦、外川方向に進んで停止。そして、ポイントを操作した後、車庫線へと入り、特別に用意して下さった降車用のステップで仲ノ町車庫へ。我々は、構内に停められている車両たちを撮影した。

Img_114730009

1922年に製造されたドイツ製のデキ3は、銚子電鉄のアイドル。

銚子電鉄のアイドル的存在であるデキ3は、昭和59年まで現役で活躍していた。今では、仲ノ町の車庫内に保存されているのだが、この車両を目当てに訪ねてくるファンも多い。

Img_114910011

仲ノ町の車庫に並ぶ3両の車両たち。左からデハ701・デハ702・デハ301

700形は、昭和53年に近江鉄道からやって来た車両。一番右側のデハ301は、既に廃車となっており、現在では倉庫代用として使われている。

Img_114680008

Img_114860010

今回乗車したデハ701。

最後に、仲ノ町の車庫に通じる踏切上から、定期列車を撮影してみた。

Img_114940012

昭和61年に四国の伊予鉄道からやって来たデハ801。

Img_114980013

元営団地下鉄2000系のデハ1002。

我々一行は、このデハ1002による銚子行きに乗り込み、銚子電鉄を後にした。

実は私自身、銚子電鉄は、今回が初めての訪問だった。今回は、貸切列車乗車ということで、走行写真はあまり撮影できなかったが、ノンビリとした沿線の景色や車両がとても気に入ったので、また訪れてみたい。銚子電鉄は、まだまだ抱えている難題も多い。我々鉄道ファンが暖かく見守り、鉄道会社を維持するために、何らかの形でサポートできれば良いなと思う。

最後に、今回の貸切オフで幹事を務められた痛勤形酷電さん、そして、我々の企画を快く受け入れてくださった銚子電鉄の皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
痛勤形酷電どっと混む!ブログ版さん
ちろログさん
やっぱり鉄分の濃い日々さん
THE Diary from 5丁目さん
ミッチーの気分はさくらいろさん


|

« 駅前グルメシリーズ9 銚子 「御食事処 若松」 | トップページ | 臨時快速「お座敷浪漫碓氷号」を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:ローカル私鉄」カテゴリの記事

鉄道:銚子」カテゴリの記事

コメント

日立電鉄に続き、鹿島鉄道も廃止、茨城交通も危ないと聞きます。銚子電鉄は何とか踏ん張っているようですね。
しかし貸し切りかぁ、羨ましい(^^;

投稿: ぼうず | 2007/01/21 23:33

>TOMOさん
 当日はお疲れ様でした。あしさがさんの集計によると、結構なお布施だったようですw
 鉄コレで現役車両が出れば、また購入して貸切しましょう!(^^;)

>ぼうずさん
 はじめまして。次回は是非ご参加下さい。お待ちしております。

投稿: 痛勤形酷電 | 2007/01/22 00:20

>痛勤形酷電さん

はじめまして。ヘナチョコ鉄ではございますが、機会があれば是非参加させていただきたいと思います。今後とも宜しくお願い致しますm(_._)m

投稿: ぼうず | 2007/01/22 00:51

ぼうずさん、コメント有難うございます。

既に痛勤形酷電さんからコメントが付いていますが、またこのような機会がありましたら、ぜひご参加ください。仰るとおり、茨城県内の茨城交通も鹿島鉄道に次いで危なそうですね。どの街もそうですが、地方私鉄は厳しい状況が続いていますよね。我々鉄道ファンが何らかの形で、支援できれば良いなと思っています。

投稿: TOMO | 2007/01/22 20:55

お!上から3番目の801+701の2両編成の写真、バックにヤマサの醤油工場の貯蔵タンクがごちゃごちゃと写りこんでいて、『「醤油の街」銚子の街中を走る銚電』ってな「お題」を付けたくなるようないい絵に仕上がっていますね。今回は「乗り鉄」中心になりましたが、菜の花の咲く頃の仲ノ町~観音、ツツジや紫陽花の咲く頃の本銚子駅の陸橋、灯台キャベツの畑を走る君ヶ浜付近など、絵になる撮影ポイントも結構ありますので、次回は「撮り」も検討してみたら如何でしょうか。

投稿: あしがら&さがみ | 2007/01/22 22:43

あしがら&さがみさん、コメント有難うございます。

今回の銚子電鉄のオフでは、貸切列車の乗車が目的でしたので、走行写真は殆ど撮れませんでしたが、銚子駅のホームの先端から望遠レンズを使って撮影してみると、多少気になるものはありますが、バックにしっかりと醤油工場が入りましたので、醤油工場をバックに駅に入ってくる銚子電鉄の電車と言う感じで撮影したいと言う気持ちになりました。それだけに、あしがら&さがみさんより、素敵なお題も付けていただき光栄です。

次回は、銚子電鉄撮影オフをやりたいですね。春頃なんか良いかな?

投稿: TOMO | 2007/01/24 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/13606118

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄を訪ねる:

» 銚子電鉄オフと「ぬれ煎餅」 [ちろログ]
 今回の銚子行きの目的、痛勤形酷電さん主催の銚子電鉄貸し切りオフに参加。  今回 [続きを読む]

受信: 2007/01/21 21:49

» 銚子電鉄を訪ねる [痛勤形酷電どっと混む!ブログ版]
 先月くらいからお知らせしていました通り、去る14日に予定通り、「銚子電気鉄道救 [続きを読む]

受信: 2007/01/22 00:06

» 402.銚子電鉄に乗る [やっぱり鉄分の濃い日々]
 成田線周りで銚子に着いた後は駅前のお食事処でなめろう定食を頂きました。ここでは... [続きを読む]

受信: 2007/01/22 23:24

» マニ活日記vol,173 銚子電鉄救済貸切列車オフ [THE Diary from 5丁目]
大変遅くなりました。 14日に行われた「痛め抗議」もとい、「痛勤形酷電」氏presents・銚子電鉄救済企画・貸切列車オフの模様をこちらでご紹介します。 ↓われら一行が乗車するのは銚子13時08分発・外川(とがわ... [続きを読む]

受信: 2007/01/25 01:15

» 銚子電鉄を訪ねて… [ミッチーの気分はさくらいろ]
14日、千葉県を走る銚子電鉄に乗車しました。その前日、早起きが出来ない私のため、 [続きを読む]

受信: 2007/01/28 02:50

» 銚子電鉄君ヶ浜駅 [ktkr音鉄特捜百貨店ー音鉄日誌2006]
何かと話題の多い銚子電鉄。早朝の出発で録音と撮影を楽しんだ。お目当ての801番にはこれまで何度か振られてきた。車内に入って驚いた。床が木製なのだ。つりかけではあるが、音はややおとなしめ。木の優しいぬくもりなんて、何年ぶりだろう。録音は2006年11月。線路端で録音。架線とパンタグラフが擦れる音に注目。... [続きを読む]

受信: 2007/01/31 16:52

« 駅前グルメシリーズ9 銚子 「御食事処 若松」 | トップページ | 臨時快速「お座敷浪漫碓氷号」を撮影する »