« 速報!13号線乗り入れ対応車6103Fが本日より営業運転開始 | トップページ | 東北の電化区間の主役 701系 »

仙台地区輸送改善に大きく貢献 719系

では、再び元日の遠征記を続けます。

夕方、仙台駅で撮影をしていると、仙山線ホームに首都圏の211系によく似た719系が入線して来た。

Img_112230007

211系に準じたデザインのステンレス車、719系は東北本線と仙山線で活躍。

719系は、平成元年、主に急行形電車を使用してきた仙台地区の輸送改善用に登場した。2両編成単位で運転できる事から、柔軟な輸送力調整が可能。最短2両から最長8両まで、状況にあった運用をこなしている。急行形電車が中心だった仙台地区では、まさに革命的な車両と言う存在だったと言っても過言ではないだろう。さらに、平成4年からは、日本初の新幹線・在来線直通運転区間となった、奥羽本線の標準軌用電車が、この車両をベースに製造され、719系5000番台車となっている。

このように、これまでの仙台地区の車両の常識を大きく塗り替えた719系であるが、719系は、車内の座席配置にも大きな特徴がある。

Img_112210012

719系の車内。座席の配置に注目。

ご覧のように車内の座席配置がちょっとユニーク。2列ずつ同じ方向を向いており、中央の1箇所だけがお見合い式になっていると言うものだ。名鉄の6000系とは発想が全く逆になっている。

さて、仙台地区には、455系や717系などを置き換える目的で、まもなくE721系電車が登場する。719系は、まだまだ車歴も新しいので、廃車計画は無いものの、E721系増備に伴って、719系が他の線区へ進出する可能性はあるかもしれない。例えば、磐越西線とか、常磐線とか。登場から18年、もう一度、輸送改善に大きく貢献する機会が出てくるかもしれない。

|

« 速報!13号線乗り入れ対応車6103Fが本日より営業運転開始 | トップページ | 東北の電化区間の主役 701系 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

こんにちはTOMOさん
お疲れ様です
ロングシート車ではないため
乗り心地がよさそうですね

投稿: 如月瑞穂 | 2007/01/13 10:10

如月瑞穂さん、コメント有難うございます。

今回の遠征では、719系に乗車する事はなかったんですけど、本編に紹介した画像でお解かりの通り、外観だけでなく車内の座席に関しても211系のボックスシート車(0番台及び1000番台)に近いですから、座席の座り心地に関しては、何となくお解かりいただけるかと思います。そして、台車に関しても、最初に投入された車両は、483系の部品流用だったかと思いますので、急行形や特急形車両で使用されたものと同じです。従って、乗り心地もなかなか良い感じですよ。以前乗車したときにそう感じました。

投稿: TOMO | 2007/01/13 11:35

こないだ廃車になったサハ211とかこのあたりに流用できなかったんですかね?なんとなく1M2Tでもいけそうな気がしますが。ドアのステップくらいならなんとかなりそうだし。
ま、需要が無きゃしかたないでしょうが。

投稿: クハ1193@球場 | 2007/01/13 12:55

クハ1193@球場さん、コメント有難うございます。

昨年の秋頃、宇都宮線・高崎線の211系へのグリーン車組み込みの余波で、余剰サハが数回に渡って廃車回送を実施しましたが、まだ新しいという感覚でいた211系のサハが大量に廃車になっていく姿は、ある意味衝撃的でしたよね。当時、余剰サハを何とか活用できないだろうかと言う話は、随所で話し合われていましたよね。結局のところ、改造を伴って転用するよりは、車両を新製した方がコストも安いと言う結論になってしまうようですね。

さて、719系ですが、この電車は輸送力を実態に合わせて調整すると言うのが最大の特徴と言えるかと思います。当時の主力である455系などの急行形電車では3両単位の調整しか出来ませんでした。3両じゃ少ないが6両では多いとなると、3両単位での調整は効率が悪いと思われます。その為に、719系以降の車両は2両単位で調整できるようになっているようです。ですから、719系にサハを挿入しても、あまりメリットは無さそうな気がします。

ちなみに、ドアのステップの改造に関しては、国鉄時代のことを思うと、そんなに難しいことではないと思います。

投稿: TOMO | 2007/01/13 20:45

TOMOさん211系のクロスシートは両毛線のに高崎線付属編成が来るので時々乗るのですが
お尻に不快感も無くゆったりとした感じで座ることができ
長時間の乗車にも健康上以上をきたすことはありません

489系は急行能登号で去年の夏に乗車経験がありますが
115系よりは乗り心地が上でしたが気のせいがE231系ではまったく揺れが感じないのにひどくゆれていたような気がします

投稿: 如月瑞穂 | 2007/01/14 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/13463024

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台地区輸送改善に大きく貢献 719系:

» JR東日本 719系は交流区間線用 [ぱふぅ家のホームページ]
【更新】719系電車は211系によく似たステンレス製の片側3扉だが、ドア間の座席を集団見合い型としているのが特徴である。2両編成を基本として、4両、6両、8両で運転できる。山形線を走る5000番台は、JRグループ初の在来線標準軌車両である。... [続きを読む]

受信: 2015/01/15 12:04

« 速報!13号線乗り入れ対応車6103Fが本日より営業運転開始 | トップページ | 東北の電化区間の主役 701系 »