« 西武 ダイヤ改正前最後の撮影報告 | トップページ | 今度はインフルエンザ »

発見!209系500番台車の二段窓改造車

10日昼過ぎの事。西荻窪駅のホームで201系などを撮影していたら、最近、京浜東北線への転属が相次いでいるシングルアームパンタ装備の209系500番台車がやって来た。最初は何気なく眺めていたのだが、先頭車両の真ん中の窓を見ると、二段窓に改造されている事に気が付いた。

Imgp77210001

京浜東北線の209系から開始された固定窓の開閉化工事。ついに500番台車にも改造車を発見した。

今回、開閉化工事を受けたのは、三鷹電車区の512番編成のうち、両先頭車。つまり1号車と10号車である。209系500番台車は、0番台車と違って、扉間の窓も一部が開閉できるように設計されており、構造上、開閉が出来ない窓が多い先頭車の中央の窓のみが、開閉化工事の対象となっている。

シングルアームパンタ装備の209系500番台車は、総武・中央緩行線から京浜東北線への転用が進み、この界隈では少数派となってきた。そこで、同列車の折り返しを待って、後追いではあるが順光の状態で編成写真を撮影してみた。

Img_126220002

窓開閉化工事を終えたミツ512編成が千葉方面へ向けて走り去る。最後部車両の中央の窓が改造されているのが、この画像でも解る。

209系500番台車でも始まった固定窓の開閉化工事。三鷹電車区の車両では、209系以外にもE231系試作編成(ミツ901編成)が対象に入っていたはず。西荻窪で209系を見かけたときには、先頭車の窓を確認しないと・・・

|

« 西武 ダイヤ改正前最後の撮影報告 | トップページ | 今度はインフルエンザ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

遂に500番台にも改造がされてしまいましたか・・・。
E217系F-01編成も最近同じところが窓改造されましたが、その成功を受けてでしょうか。
F02の地元の500番台(京浜東北線仕様)も京葉線転属前に改造されてしまうのでしょうか。

投稿: F02 | 2007/03/12 16:57

F02さん、コメント有難うございます。

209系の窓改造は、0番台車で大量に改造してきていますから、500番台車やE217系に関しては、何の問題も無く改造も進めているんでしょうね。今回目撃したのは、ミツ512編成でしたが、もう1編成、ミツ502編成も改造を終えているようです。

投稿: TOMO | 2007/03/16 17:32

既にほとんどの編成に窓改造が施されており、昨日出掛けた時に遭遇した209系500番台は全編成窓改造がされていました。
さらに京浜東北線でもウラ80・81編成の同じ箇所に窓改造がされており、固定のままの先頭車を含んだ編成は見かけるのが難しくなっています。

投稿: F02 | 2007/03/27 10:11

F02さん、コメント有難うございます。

京浜東北線の209系500番台車にも窓改造車が現れましたか。500番台車は、0番台車と異なり、先頭車だけが改造の対象ですから、工事も順調に進んでいるようですね。

もう原形車を探すのは、かなり難しい状態なのかもしれませんね。

投稿: TOMO | 2007/03/28 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/14233178

この記事へのトラックバック一覧です: 発見!209系500番台車の二段窓改造車:

« 西武 ダイヤ改正前最後の撮影報告 | トップページ | 今度はインフルエンザ »