« 西武 4月22日の芝桜ダイヤ | トップページ | 日本最古の電車と対面する »

芝桜ラッピング電車を撮影する

秩父羊山公園の芝桜の丘も見頃を迎えており、西武鉄道では、臨時列車を増発して対応しているが、今年は更に、池袋線の6000系(6153F)、秩父線の4000系(4011F)1編成ずつ、芝桜をPRするラッピング電車に仕立てて運転している。このラッピング電車を撮影しようと思い、飯能・秩父方面へ出かける度に狙っていたが、4000系のラッピング車をなかなか捕らえられないでいた。そして三度目の正直か。ようやく4000系のラッピング車も押さえる事ができた。

まずは、6000系のラッピング編成から。

私が、6000系の芝桜ラッピング編成に初めて遭遇したのは4月8日の事だった。この日、6153Fは、有楽町線直通運用に就いていたが、ちょうど知人より、この後清瀬に行けば見られるとの情報を聞いたため、そのまま清瀬へと向かった。下りホームの池袋方で待っていると、芝桜のラッピングを施した6153Fがやって来た。

Img_133950005_1

秩父羊山公園の「芝桜の丘」をPRしたラッピング車が登場。 2007年4月8日、清瀬駅にて撮影。

ご覧のように、かなり派手な印象となっている。清瀬駅での折り返し時間を利用して、数枚撮影してみた。

Img_134020006

クハ6053側からも撮影。2007年4月8日、清瀬駅にて撮影。

1枚目のクハ6153と比較すると、地味な感じに見えるが、両先頭車は、それぞれ進行方向左側に面した方が、武甲山も含めた芝桜の丘全景のラッピングとなっている模様。

Img_134050007_1

モハ6953。2007年4月8日、清瀬駅にて撮影。

この撮影から2週間後の4月22日、芝桜も丁度見頃となったタイミングであるが、再び6153Fに遭遇した。

Imgp80150001

有楽町線直通快速に充当された6153F。2007年4月22日、所沢駅にて撮影。

この日も前回の遭遇時と同様、有楽町線直通運用に充当していた。有楽町線直通運用に入ると、宣伝効果は高い筈。この日は、更に夕方、実際に6153Fに乗車したが、外観だけでなく、車内も芝桜の広告で一食と言う状態で、車内がピンク色に見えてしまった。

続いては、4000系の芝桜ラッピング編成。

4000系の芝桜ラッピング編成の4011Fは、西武の公式サイトによると、飯能~西武秩父間中心の運転だと言う。この時期、飯能~西武秩父間の列車は、芝桜ダイヤで、池袋からの直通列車が多く運転される事から、昼間でも4000系によるワンマン運転を中止し、101系・301系と言った3ドア車の8両編成が目立つようになる。そのため、4000系による列車は、大幅に減少するため、4011Fをなかなか捕らえることが出来なかった。半ば諦めかけていたのだが、4月22日の午後、北飯能信号所での撮影中に、4011Fに遭遇する事ができた。

Img_138710001

ようやく撮影することが出来た4011F芝桜ラッピング編成。

ラッピングの内容は、先にご紹介した6153Fに準じている。4000系は白をベースにしている事から、6000系よりもラッピングが映えるように感じるのは私だけだろうか?

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
やっぱり鉄分の濃い日々さん
Kaz-T's blog レインボーラインさん

|

« 西武 4月22日の芝桜ダイヤ | トップページ | 日本最古の電車と対面する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

21日の土曜日に秩父へ芝桜を見に行ってきました。
ラッピング編成が4000系と6000系で1本ずつあるのを知っていたので、すれ違う電車や武蔵丘近辺を注意して見ていたんですが、4000系は現れず、6000系は帰りの快速急行の飯能での折り返し中に、遭遇することが出来ました。
4000系の方が似合っているように見えたので、そちらも見てみたかったのですが、6000系の方をこの目で見られたので、芝桜同様、満足しています。

長文失礼いたしました。

投稿: Fujickey | 2007/04/26 01:21

お邪魔します。
今回の芝桜ラッピングは、6000系・4000系共派手でインパクトの強いものですね。特にラッピングが白色の車体とうまく溶け込んだ4000系はなかなか似合ってると感じます。

投稿: 虹色 | 2007/04/26 17:49

Fujickeyさん、虹色さん、コメント有難うございます。

Fujickeyさん>
私も21日、秩父方面へ出かけましたが、この日は4011Fに出会えませんでした。後で知人に聞いたところ、4011Fは1日中入庫していたようで、これなら出会う事はありませんね。芝桜ダイヤでは、日中の秩父線内の列車に3ドア車が入ってきますから、4000系の出番が少なくなりますので、撮影はし辛くなりますね。とりあえず出会ったときには、何としても撮らないといけませんね。

虹色さん>
仰るとおり、今回のラッピングは、共にインパクトが強いです。こうして見比べてみますと、やはり4000系の方が似合っていますよね。そう思ったのは、私だけではなかったようでホッとしました。

投稿: TOMO | 2007/04/26 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/14845064

この記事へのトラックバック一覧です: 芝桜ラッピング電車を撮影する:

» 433.芝桜ラッピング編成登場 [やっぱり鉄分の濃い日々]
 西武では毎年この時期になると秩父の羊山公園にある芝桜に関連して臨時ダイヤが始ま... [続きを読む]

受信: 2007/04/25 23:49

» 446.4000系の芝桜ラッピング [やっぱり鉄分の濃い日々]
 22日に飯能に行った際にたまたま見ることができました。  該当編成は4011F... [続きを読む]

受信: 2007/04/25 23:50

» 今年の「芝桜号」は超豪華! [Musashino RM Blog]
先日、当ブログ『今年の芝桜電車は「ラッピング」!』でもご紹介しましたが、昨日より [続きを読む]

受信: 2007/04/27 01:44

» 再び 西武「芝桜号」を撮影する [Kaz-T's blog レインボーライン]
ゴールデンウィークの最中ではありますが、秩父・羊山公園の「芝桜」は今がまさに見ご [続きを読む]

受信: 2007/04/29 23:05

« 西武 4月22日の芝桜ダイヤ | トップページ | 日本最古の電車と対面する »