« 茨城交通を訪ねる | トップページ | 置き換え過渡期の「ホリデー快速おくたま・あきがわ号」を撮影する »

新ジョイフルトレイン「彩」を西荻窪で撮影する

私の職場は、暦通りの営業なので、今日は連休明けの出勤となったが、昼休みに西荻窪を新ジョイフルトレインの「彩」(いろどり)が通過すると言うので、カメラ持参で出勤した。

新ジョイフルトレインの「彩」は、長野総合車両センターに所属していた14系客車改造のお座敷客車「浪漫」の代替として、今年2月に485系電車を改造して登場した。通常は、長野を拠点として団体臨時列車に使用されているのだが、4月28日から30日にかけて、千葉県内の観光キャンペーンの一環として、房総半島で臨時列車に使用されていた。その返却回送が、本日運転されたのだ。

お昼休み、私は駅前で慌しく食事を済ませてから、西荻窪駅1・2番線ホームの荻窪方先端に向かった。小雨降る生憎の天気の中、既に同業者が2名待機していた。ゴールデンウィーク期間中とは言え、平日であるので、同業者は少なめである。「彩」の西荻窪通過は12時34分頃。新宿方面へ向かう緩行線電車が12時33分発と言うのがあるので、ギリギリ被られないかなと予想していたのだが、緩行電車が西荻窪を出発する前に、前方から「彩」がやって来てしまった。

Img_141380001

小雨降る中、所属区の長野を目指して中央線を走る485系新ジョイフルトレイン「彩」 (トリミング処理済)

この背後には、E231系が迫っており、修正前の画像には、E231系が写ってしまった。トリミング処理でどうにか救われた形である。

Img_141390002

後ろ向きも撮影。

485系の新ジョイフルトレイン「彩」は、種車の面影を残してはいるものの、正面のヘッドマークには、大型の液晶テレビが採用されたり、今までのジョイフルトレインにない独特な表情である。グリーン車扱いの座席車5両とフリースペースの車両が1両と言う、最近のジョイフルトレインには珍しくお座敷列車でないのも、「彩」の大きな特徴と言えそうだ。

独特の表情である新ジョイフルトレイン「彩」。今回はあまり良い条件で撮影できなかったので、次の上京の際にも狙ってみようと思っている。

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しました。
鉄脳さん

|

« 茨城交通を訪ねる | トップページ | 置き換え過渡期の「ホリデー快速おくたま・あきがわ号」を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/14916552

この記事へのトラックバック一覧です: 新ジョイフルトレイン「彩」を西荻窪で撮影する:

» 最後の千葉DC 「デラックスちば漫遊号」 [鉄脳]
千葉DCの最後を飾る「デラックスちば漫遊号」を錦糸町で見てきました この電車は485系彩で運行されました 表示板はJR さすがにかっこいいです 停車していたのはわずか1分間ですぐに発車していきました 後ろはピンクです 明日も銚子方面への電車として運行されます この後、東京へ行き485系勝田車やアルファリゾート21など臨時列車を多数撮って来たので明日また更新いたします...... [続きを読む]

受信: 2007/05/02 15:26

« 茨城交通を訪ねる | トップページ | 置き換え過渡期の「ホリデー快速おくたま・あきがわ号」を撮影する »