« 東京メトロ東西線の07系を西荻窪で見かける | トップページ | 今日のオクシナ »

模型 マイクロエース14系お座敷客車「浪漫」入線

毎月、ディープな車両を発売する事で何かと話題になるメーカー、マイクロエース。この度、惜しまれながらも、3月に現役を引退したJR東日本のお座敷客車「浪漫」を、登場時の姿とリニューアル後の2種類を模型化。どちらも15日に発売された。私は、リニューアル後の姿を再現したセットを、予約していたので、昨日、立川のマイホビーキョーサンに行って引き取ってきた。

Imgp815110001

ついに発売となったマイクロエースの14系お座敷客車「浪漫」

立川から帰ってきて、早速製品をチェック。細かく見ると、色々と問題もある。ただ、全体的には特徴をつかんでいると思う。塗装も、見る角度によっては、金色の部分に若干問題のある車両があったが、普通にレールに乗せた状態で見る分には、全く問題なし。ただ、どうしても納得いかないのは、両展望車の連結器がダミーカプラーになっていると言う事。機関車に牽引される客車なのに、なぜ出荷時の仕様がダミーカプラーなのかは、謎である。

Imgp815210002

側面のマークも綺麗に再現。

私は、展望車のダミーカプラーを、マイクロエースが発売したボディーマウント式カプラー「マイクロカプラー自連・黒」に交換することにした。このカプラー、カトーカプラーやナックルカプラーとは連結が可能らしい。カプラーの交換に際しては、まず床板を外し、次に展望車側の台車を外す。その後、そっとスカートを外し、ダミーカプラーを外す。ここまで済んだ所で、いよいよマイクロカプラーを付けるが、これがそのままでは装着できない。外したダミーカプラーの形に合わせて、一部分をニッパーで切り取り、装着が可能となる。

Imgp81530003

マイクロカプラーに交換した展望車。

実車画像
2006_09_16_00300022

2006年9月16日、北浦和駅にて。

実物は引退してしまった「浪漫」だが、模型ではいつまでも現役。EF64に引かせて楽しもうかと思っている。

|

« 東京メトロ東西線の07系を西荻窪で見かける | トップページ | 今日のオクシナ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

TOMOさん、こんにちは。

 パッと見、チョッと赤過ぎる気もしなくはないですが、今回は当たりの様ですね。
 私も予約していますが、321系を先に回したので、月末の甲種輸送となりそうです。
 あと、マイクロカプラーはどうですか?同社の新幹線のカプラーの様に、直線上で「変に」伸縮し、ノッキングのような動きになりませんか?それが無いなら、試験的に導入もアリかな?!と思います。
ちなみに、展望室側の台車にはカプラーポケットを取り付けることは出来ないんでしょうか?出来ればKATOカプラー(11-702)にしたいので。。。

投稿: 痛勤形酷電 | 2007/05/19 16:28

痛勤形酷電さん、コメント有難うございます。

「浪漫」ですが、鉄道模型を取り上げたブログ、「鉄ヲタパパのお部屋」さんで、マイクロカプラーの自連タイプとカトーカプラーが連結できると言う記事を見つけたものですから、このカプラーを試してみました。ナックルカプラーと形が似ていますから、相性は良さそうですが、私自身、まだ本格的なテスト走行をしていませんので、何とも言えません。

カプラーポケットについては、付けられそうな気もしないでもないですが、う~ん、どうだろう・・・ どなたか試された方、いらっしゃいますか?

投稿: TOMO | 2007/05/19 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/15110809

この記事へのトラックバック一覧です: 模型 マイクロエース14系お座敷客車「浪漫」入線:

« 東京メトロ東西線の07系を西荻窪で見かける | トップページ | 今日のオクシナ »