« 東海道線横浜~国府津間開業120周年記念HM掲出編成を撮影する | トップページ | 浜松工場新幹線なるほど発見デーに行って来た »

増備が進む東京メトロ10000系

さて、田町駅でE217系を撮影した後は、品川駅へ出て、東海道新幹線で一気に浜松を目指した。品川から乗車したのは、「こだま539号」で、浜松に到着したのは、13時少し前の事であった。

その車内で、鉄道雑誌や某SNSをチェックしていると、東京メトロ副都心線用の10000系車両の甲種輸送が実施されており、「こだま539号」の浜松到着時には、ちょうど西浜松に停車している事が解った。そうと知ると、まずは浜松工場に行くより、こちらを撮りたくなる。浜松駅通過予定時刻までは30分ほど余裕があったので、まずは駅構内で昼食。そして入場券を購入し、再び東海道線ホームへと入場し、甲種の撮影に入った。上りホームの先端では、撮影が厳しく、下りホームの神戸方から狙うことにした。東京では降っていなかった雨が、浜松では結構降っており、撮影条件は厳しかった。時刻は13時30分頃、前方よりEF66に引かれた、東京メトロ10000系が姿を現した。

Img_166460001

EF66 30号機に牽引され、東を目指す東京メトロ10000系の甲種輸送。

この日、製造元である日立製作所から甲種輸送されてきたのは、10000系第12編成。来年の副都心線開業を前に、勢力を確実に増やしている。

Img_166520002

浜松駅でJR東海の313系と一瞬並ぶ。

登場当初は、西武鉄道へ乗り入れ出来なかった同車だが、最近では西武線内でも良く見かけるようになった。これからも続々と増備車が現れる事だろう。暫くは、東海道本線を行く同車の姿が、頻繁に見られるのではないだろうか。


|

« 東海道線横浜~国府津間開業120周年記念HM掲出編成を撮影する | トップページ | 浜松工場新幹線なるほど発見デーに行って来た »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:東京メトロ」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
浜松にお越し下さりありがとうございました。

浜松駅在来線ホームの上下とも神戸方は荷物用のエレベーターがあり撮影には不向きですね。

私は地元で甲種輸送を見た事がほとんど無く昔見た記憶もあやふやな状態です。
それなので下の写真はとても新鮮です。

投稿: maa | 2007/07/23 21:36

maaさん、コメント有難うございます。

浜松駅在来線ホームですが、仰るとおり、神戸方での撮影は難しいですね。静岡駅は両端での撮影が可能でしたが、同じような構造の浜松駅は、思ったより撮り辛いので少々焦りました。本来ならば、一駅東京方に進んだ天竜川で撮った方が良かったのかもしれませんが、浜松工場の見学時間も確保しないといけませんので、この場所で無理やり撮ってしまいました。

今、首都圏の私鉄は、各社で新車ラッシュとなっています。日立製作所や日本車両で作られれば、甲種輸送で浜松を通過しますから、機会があれば、是非撮影してみてください。

投稿: TOMO | 2007/07/23 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/15844211

この記事へのトラックバック一覧です: 増備が進む東京メトロ10000系:

« 東海道線横浜~国府津間開業120周年記念HM掲出編成を撮影する | トップページ | 浜松工場新幹線なるほど発見デーに行って来た »