« 姫路駅の立ち食いそば | トップページ | 本日出場!京浜東北線のE233系 »

姫路駅の播但線・姫新線ホーム

2006年3月より、山陽本線(JR神戸線)が高架ホームに切り替わり、イメージが一新された姫路駅であるが、姫路駅より分岐する播但線と姫新線に関しては、今でも地平の古いホームからの発着となる。せっかく来たので、腹ごしらえをした後は、地平のホームから発着する播但線と姫新線の様子も見に行く事にした。

まず、播但線の発着する31~33番線へと向かう。この数字のつけ方は、何となく京都駅に似ている。エスカレーターや連絡通路などを歩き続けると、播但線ホームが見えてきた。ちょうど寺前行き普通列車が発車待ちをしていた。

Img_175260001

山陽本線が高架ホームに移っても、未だ地平ホームから出発する播但線。32番線には、普通列車寺前行きが発車待ちしていた。

播但線は、姫路駅から山陰本線の和田山駅までを結ぶローカル線。平成10年に、姫路~寺前間が電化され、ご覧の赤い103系電車が専用車両として活躍している。ラッシュ時間帯は、221系による運用もあるようだが、基本的には、この103系が専門だ。播但線は、更に城崎温泉・浜坂方面へ向かう特急「はまかぜ」が経由する事で知られているが、途中まで電化された播但線で、全区間直通運転を実施する列車は、今では特急「はまかぜ」のみなっているようである。

さて、播但線を見送った後は、姫新線ホームへ。ちょうど姫新線ホームへ到着すると、列車が入線して来た。この姫新線を走る車両は、姫路鉄道部のキハ40、47で、オレンジをベースとした専用塗装が存在しているのだが、近付いてくる車両を、遠めで見ても車両の色が少し変。何と、「はばタン号」と言う車両が入ってきた。

Img_175290002

Img_175310003

姫路駅で見かけた姫新線の列車は、「はばタン号」と呼ばれる特別車両であった。

「はばタン」とは、昨年開催された「のじぎく兵庫国体」の大会マスコットとして誕生した兵庫県のイメージキャラクターである。同国体開催に合わせて、姫新線のキハ40形1両(キハ40 2091)に、このラッピングが施された。当初は、2006年中のみの運転だったのだが、このカラーが以外にも評判よく、現在でも走り続けている。せっかく姫路まで来たので、普段活躍している姫路鉄道部カラーの車両を撮影しておきたかったが、1両しかないラッピング車両が撮影できたので良しとしよう。

さて、地上に残された播但線と姫新線であるが、山陽本線に遅れること2年。来年には、ようやく高架ホームへと引越しになる。地平のホームからノンビリと走り出す姿が見られるのも、あと僅かと言う事になりそうである。

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
週末どっか行き隊byパパさん

|

« 姫路駅の立ち食いそば | トップページ | 本日出場!京浜東北線のE233系 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西日本」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
私はこの「はばタン」というキャラは去年の夏にスカイマークスタジアムに野球を見に行った時に知り、年末に智頭急行に乗った際に佐用駅で撮影してきました。
http://shunanrail.livedoor.biz/archives/50828602.html

ちなみに車内は「はまなす」などで使われるドラえもんラッピングのような余計な飾りつけもなく、至って普通のキハ40でした。

投稿: TOMO-k | 2007/08/30 08:03

書き忘れておりましたが、先日からこのブログにリンクを張らせて頂いております。
もし宜しければ相互リンクお願いできますか?
よろしくお願いします。

投稿: TOMO-k | 2007/08/30 19:18

TOMO-Kさん、コメント有難うございます。

「はばタン号」ですが、仰るとおり、車内には特にこれと言った装飾は無く、いたって普通のキハ40でしたね。それだけに、最初は、この車両について全く解らず、現地の知人に訊ねて、この車両のことについて理解する事ができました。

相互リンクの件、承知いたしました。こちらも先程、リンクを追加いたしました。今後ともどうぞ宜しくお願いします。

投稿: TOMO | 2007/08/31 00:32

こんばんは、初めまして。以前から楽しみに拝見させていただいていたのですが、今回自分の田舎にTOMOさんが行かれた様なので、トラバさせていただきました。精力的な更新を楽しみにしています。

投稿: うんぱ | 2007/09/09 21:39

うんぱさん、コメント&トラックバック有難うございます。

今回の姫路駅での記事、懐かしんでいただけたようで何よりでした。姫路駅の播但線ホームは、今でも非電化時代の面影があって、良いムードですよね。せっかくの良いムードも、高架化で消えてしまうのは、時代の流れですので仕方ないのですが、鉄道ファンとしては、何らかの形で残してほしいと考えてしまいますね。

投稿: TOMO | 2007/09/10 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/16282025

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路駅の播但線・姫新線ホーム:

» 播但線の103系電車 [週末どっか行き隊byパパ]
姫路駅の播但線ホームで撮った103系2両編成の電車です。 線路をよ〜く見るとポイントがあるのに気付きます。 昔は客車列車が到着するとこのポイントを切り換えて機回ししていたのを思い出しました。 和田山まではDD51、寺前まではDE10というのがお決まりのパターンだったように記憶しています。 客車列車も私の母の世代になると蒸気機関車の話になります。 そんな話も随分と昔の話になってしまいました。それでも記憶の中のポイントが今でも存在している事に少し感動です。 (2006年5月13日@姫路駅)... [続きを読む]

受信: 2007/09/09 21:31

« 姫路駅の立ち食いそば | トップページ | 本日出場!京浜東北線のE233系 »