« 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その1 | トップページ | 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その2 »

115系長野色で運転!快速むさしの号

23日の昼休み、事務所で鉄道ダイヤ情報を読んでいたら、快速むさしの号の欄で気になる記載を見つけた。

快速むさしの号は、大宮と八王子の間を、武蔵野線経由で運転される臨時列車。臨時列車と言っても、毎日運転されており、実質的には定期列車のようなものである。この列車には、通常、豊田電車区の115系M40編成(スカ色6両固定編成)が専用編成として使用されている。専用編成が1本しかないため、検査等で同編成が充当できない時は、同じ豊田電車区の115系3両編成を2本つなげた6両編成で運転したり、同区所属の189系M50編成で代走したりする事もあるのだが、鉄道ダイヤ情報誌によると、今週は月曜から金曜までの毎日、長野総合車両センターの115系で運転されると言う。通常は見る事ができない、長野色115系の「むさしの号」が見られるとなれば、是非見てみたい気がする。私は、帰りに武蔵野線新秋津駅まで足を伸ばして、同列車を撮影してみた。

Img_192720001

今週は長野色の115系で運転されている快速「むさしの号」

この日、快速「むさしの号」に使用されていたのは、長野総合車両センターのC2編成。C編成は、中央本線のローカル用として運用されているため、普段でも立川までは入線しているのだが、さすがに快速「むさしの号」の幕は用意されていないようで、前面・側面共に、方向幕は「快速」のみを表示していた。

撮影後、私は新秋津駅の改札口を一旦出場してから再入場。上り電車で新小平へ戻り帰宅した。

|

« 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その1 | トップページ | 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その2 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。昨日の朝、さいたま新都心駅で列車を待っていたときに大宮行き快速むさしの号が目の前を通過していきましたが、車両は189系でした。長野色115系は去年一度見かけたことがありますが、こうしてみると、快速むさしの号も車両の運用が時々変わったりするので、なかなか面白いですね。

投稿: mattoh | 2007/10/27 20:41

mattohさん、コメント有難うございます。

快速「むさしの号」ですが、専用編成が充当できない場合、朝の大宮行きには189系が入ることがあるんですね。でも、日中は115系長野車が運用に入るようですから、昼間から夕方に掛けての代走は、豊田電車区で過ごす115系長野車を利用した間合い運用と言う事なのかもしれませんね。そうだとすると、かなり綱渡り的な運用をこなしている訳で、代走時の車両運用を観察するのも面白いかもしれませんね。

投稿: TOMO | 2007/10/27 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/16854800

この記事へのトラックバック一覧です: 115系長野色で運転!快速むさしの号:

« 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その1 | トップページ | 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その2 »