« 西国分寺で貨物列車を撮影する | トップページ | 小田急ファミリー鉄道展2007へ行って来た »

E233系の弟分 小田急4000形に乗る

さて、西国分寺で貨物列車を撮影した後は、府中本町へ出て、そこから南武線に乗車。登戸へと向かった。珍しく、南武線は209系に当たり、これは何かあるかなと思いながら、登戸で下車。小田急の駅構内にある「箱根そば」で食事をしてからホームに上がると、次の下り列車は、多摩急行唐木田行きだった。海老名へ行くとなると、この列車では駄目なのだが、とりあえず、この列車に行ける所まで行こうと思った。

多摩急行と言えば、最近になって、小田急電鉄がJR東日本のE233系をベースにした、新しい地下鉄乗り入れ車両4000形がデビューしている。もしかしたら、4000形が来るんじゃないかなあと思っていると、多摩川の対岸からHIDのライトの光が・・・ 間違いない。4000形だった。カメラを取り出して撮影する事にした。

Img_191810002

登戸駅で小田急のホームに上がると、4000形の多摩急行がやって来た。

撮影後、4000形に乗り込んでみる。中央線で頻繁にE233系に乗り慣れている私には、4000形は、まさしくE233系に見えた。車内は空いていたので、座席に座ってみる。JRのE233系と比べると、背もたれが若干硬いかなと言う気がした。それとモーター音もE233系とは似ているようで違うもの。この辺は小田急仕様なのかもしれない。

下車予定の新百合ヶ丘までの間、先代の4000形の記憶も蘇ってきた。先代の4000形は、大型20メートル4扉の車体に、旧型車両の足回りを流用して作られた車両で、昭和60年ごろまで非冷房で吊り掛け車だった。この頃に一度だけ乗った事があるのだが、車体に似合わない吊り掛けモーター音が何とも言えない車両だった。後に、2400形の足回りを流用して高性能化。その際に冷房も取り付けられ、5000形のような車両になってしまったが、やはり私にとっての4000形は、吊り掛けモーター車である。それが今ではE233系ベースの最新鋭地下鉄乗り入れ対応車だ。

Imgp93890001

E233系と似ているようでも、細かな所で違いもある。ドア上のLCD表示機は、ディスプレイが一つだけ。

色々と観察しているうちに、下車駅の新百合ヶ丘が近付いてきた。もう少し乗っていたい気持ちであったが、後ろ髪を引かれるような思いで下車。最後に、新百合ヶ丘を出発していく4000形を撮影する事にした。

Img_191860003

多摩急行は、新百合ヶ丘より多摩線へ入っていく。

小田急の新地下鉄乗り入れ対応車である4000形は、今年度7編成70両が製造される事になっており、既に4編成が営業運転に就いている。そして1編成は、JR東日本の新津車両製作所で製造される事になっていて、この車両は既に完成しており、先日の新津車両製作所の一般公開時に展示されていたようである。その模様は、弊ブログと相互リンクを組んでいる、みなづきさんのブログ、やっぱり鉄分の濃い日々で紹介されているので、そちらをご覧いただきたい。

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
MAKIKYUのページさん

|

« 西国分寺で貨物列車を撮影する | トップページ | 小田急ファミリー鉄道展2007へ行って来た »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:小田急」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/16832026

この記事へのトラックバック一覧です: E233系の弟分 小田急4000形に乗る:

» 営業運転を開始した小田急4000形〜29日からは千代田線直通にも… [MAKIKYUのページ]
去る22日に営業運転を開始した小田急線の新形式通勤型車両・4000形ですが、今日MAKIKYUもようやく乗車できましたので、今日はこの4000形に関して取り上げたいと思います。 小田急4000形といえば、つい数年前まで走っていた機器流用車を思い浮かべてしまう方も居られるかと思いますが、今日取り上げる4000形はこれとは全く異なる新形式で、地下鉄千代田線直通用に導入された新形式の通勤型車両です。 小田急線内での営業は22日から開始され、... [続きを読む]

受信: 2007/10/25 21:21

« 西国分寺で貨物列車を撮影する | トップページ | 小田急ファミリー鉄道展2007へ行って来た »