« 西武 入間航空祭ダイヤを観察する 後編 | トップページ | 「Yes!プリキュア5」HM掲出電車運転中 »

西武 入間航空祭ダイヤを観察する 番外編

前編・後編に分けてお送りしてきた、入間航空祭ダイヤの観察記。最後に番外編として、撮影の移動に利用した、普通入間市行きの列車番号表示機の事を触れておきます。

前編でお伝えしたとおり、私は清瀬駅9時54分発の入間市行きに、清瀬~入間市間で乗車した。この列車は、各駅停車小手指行きの延長運転。私が乗車した時は、まだ定期列車区間だったので、列車番号表示機も定期列車の列車番号を表示していた。

Img_194910001

11月3日、清瀬から乗車した入間市行きの列車番号表示機。小手指までは定期列車なので、列車番号表示機も、定期列車の列車番号を表示。「フツウ イルマシ 5223」を表示していた。

小手指駅進入時、列車番号表示機が自動的に新しい列車番号に切り替わった。最初は黄色っぽい字であるが、駅停車中に赤文字に変更。これは、列車が延長区間に正式に突入した事を現していると言える。

Img_194930002

小手指からは、定期列車の延長運転区間となるため、列車番号が変わる。「フツウ イルマシ 5909」となった。

5909列車に生まれ変わった入間市行きは、何事も無かったかのように各駅に停車しながら終点の入間市へ。ここからは、回送列車となるのだが、入間市駅に到着する寸前に、再び列車番号表示機が作動し、新しい列車番号が表示された。

Img_194950003

終点の入間市からは回送列車となるが、入間市到着寸前には、列車情報装置と通信中ではあるものの、回送列車の列車番号が自動的に表示される。入間市から先は、「カイソウ ハンノウ 9921」となる。

この後、回送列車として出発する頃には、列車情報装置との通信が終了し、列車番号表示機の文字が赤に変わるのだが、流石に回送列車となる車両内にいつまでも乗っているわけにはいかず、この撮影までが限界である。

ちなみに、この列車は、飯能へ回送される為、このような表示であるが、仏子駅の中線で折り返すことになる列車は、「カイソウ ブシ ○○○○」と表示されるそうだ。

と言う訳で、番外編では、運転席内の列車番号表示機に注目してみました。

|

« 西武 入間航空祭ダイヤを観察する 後編 | トップページ | 「Yes!プリキュア5」HM掲出電車運転中 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/16978930

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 入間航空祭ダイヤを観察する 番外編:

« 西武 入間航空祭ダイヤを観察する 後編 | トップページ | 「Yes!プリキュア5」HM掲出電車運転中 »