« 秩父夜祭ダイヤを観察する 秩父鉄道編 | トップページ | 2007年の大晦日 »

秩父夜祭ダイヤを観察する 西武鉄道編

では、秩父夜祭、秩父鉄道編に続いて西武鉄道編です。

12月3日、11時過ぎに家を出発し、まずは飯能へと向かう。この日は、朝から車両運用を変更して対応しているので、そろそろ4000系以外の車両に出会えるかな?と思って向かったのだが、飯能に到着すると、その予感は的中。3000系による西武秩父行きが停まっていた。

2007_12_03_0080001

恒例の秩父夜祭ダイヤ観察記。西武鉄道編は、この3000系による西武秩父行きの撮影からスタート。(5029列車)

飯能で3001Fを見送った後は、駅周辺で昼食。その後、飯能駅から13時4分発の西武秩父行きに乗車し、秩父線へと進んでいく。この列車は4000系だったが、8両編成に増結されており、普段の秩父線とは違うムードである。車内でうとうとしながら乗っていると、武蔵横手で2000系(2077F)の飯能行きと交換。ここで下車し、2000系の西武秩父行きの到着を待つ事にした。

2007_12_03_0150002

武蔵横手に進入する2077Fの西武秩父行き。(5035列車)

この列車は、武蔵横手駅で上りの飯能行きと交換してから発車する。次の予定もあり、この列車に乗らなくてはならないので、上り列車との並びは撮れないのだが、ホームの先端から上り列車を撮影する事にした。すると、やって来たのは・・・

2007_12_03_0170003

3001Fの飯能行きが武蔵横手に進入。

ここで2000系と3000系との並びが見られた事になる。この並びを押さえられなかったのは残念だった。

私は、この2077Fによる西武秩父行きに西武秩父まで乗り通して、そのまま秩父鉄道沿線へと向かった。

2007_12_03_0210004

西武秩父駅に到着後、折り返し飯能行きとなった2077F。

そして、再び西武秩父駅に戻ってきたのは日没後のこと。羊山公園の花火も上がり始めていた。まずは西武秩父駅ホームから、暫くの間観察する事に。ホームに向かうと、ちょうど235F+237Fの飯能行きが停車していた。

Img_203200006

235F+237Fによる飯能行き。

Img_203280001

西武秩父に到着した301系。この編成は到着後回送列車となった。

Img_203320002

この日確認した2本目の3000系は3009F。

Img_203390007

301系と3000系の飯能行きが並ぶ。

Img_203410001

西武秩父に到着した2077F。この編成は、この後横瀬へと回送された。

この後、西武秩父を離れて横瀬駅へ。ここで花火を見ながら観察を続ける。

2007_12_03_0580001

横瀬に回送されてきた2077F。

2007_12_03_0610001

2083Fの西武秩父行き。

Img_203490008

留置中の2077Fと並ぶ2000系池袋行き。

2007_12_03_0680002

8両固定編成の2000系では残り3本となった幕車。その中でも2065Fが夜祭輸送に参戦してきた。

Img_203500009

235F+237Fによる急行池袋行き。

横瀬では1時間ほど観察した後、折り返してきた2065Fの飯能行きで飯能へと向かった。ここで再び30分ほど観察。

2007_12_03_0810004

2065Fは折り返し西武秩父行きに。

Img_203530010

3009Fは上り1本目の快速急行になって帰ってきた。

2007_12_03_0930005

301Fの西武秩父発各駅停車池袋行きと、309Fによる西武秩父行きの並び。

この撮影を以って2007年の秩父夜祭ダイヤの観察を終了として、飯能から撤収。途中、所沢で遅い夕食のために途中下車してから、自宅へと戻った。

西武鉄道では、2007年12月3日より、吾野と正丸の変電所に、環境配慮型蓄電装置を導入した。この事により、2000系や3000系と言った回生ブレーキ車が、従来より入線しやすくなった。2008年の夜祭ダイヤでは、2000系・3000系による列車が、さらに増える事になるかもしれない。

|

« 秩父夜祭ダイヤを観察する 秩父鉄道編 | トップページ | 2007年の大晦日 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/17539137

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父夜祭ダイヤを観察する 西武鉄道編:

« 秩父夜祭ダイヤを観察する 秩父鉄道編 | トップページ | 2007年の大晦日 »