« 西武 30000系甲種輸送を撮影する 前編 | トップページ | 西武 鷹の台駅の受験生対策 »

西武 30000系甲種輸送を撮影する 後編

お待たせいたしました。それでは30000系甲種輸送撮影記の続きです。

いよいよ西武線内上陸となった27日は、朝から大忙し。奥むさし駅伝の臨時列車を見て、さらに多摩湖線の225Fの撮影をこなした後に、秋津で昼飯を摂った。ここで、古レール研究家のふずりなさんと合流。JR線内へ行くか、西武線内へ行くか悩んだ末に、結局は西武線内を走るE31重単回送の撮影へと向かった。

E31自体、去就が注目されている中、日曜の午後に運転と言う事で、所沢から先の各駅では、カメラを持ったファンが待ち構えていた。とりあえず、ファンが少なめな駅と言う事で選んだのが武蔵藤沢である。この駅の飯能方は陸橋があり、これが背後に入るからと言う事だろうか、今回もこの駅のホームは人も少なめであった。上り列車1本で練習をして、続いてやってくる列車が、E31の回送であった。列車接近放送を聴いてカメラを構えた。

Img_209610001

30000系甲種輸送追跡2日目。まずは30000系を迎えに行くE31を撮影してみた。

出番がすっかり減ってしまったE31だが、このところ出動するのは、E31+E34のペアとなってしまった。E31は4両在籍しているが、残りの2両(E32・E33)は休車扱いなのだろうか。

撮影後、折り返し乗車のために、武蔵藤沢駅で一旦出場してから、上り列車で秋津を目指す。秋津駅から新秋津駅方向へ歩き、さらに甲種が到着する連絡線付近へ向かうと、物凄いギャラリーの数。西武鉄道待望の新型車両と言う事で、ある程度は覚悟していたが、ここまで多いとは・・・ 20000系第1編成が到着した時も、こんな感じだっただろうかと、ちょっと考えていた。

とりあえず、私は甲種が正面から撮影できる陸橋上へ移動し、到着を待つ。そして15時51分、時刻通りEF210に牽引された30000系がやって来た。

Img_209720001

EF210-111号機に牽引され、新秋津に到着した30000系。

前日まで牽引を担当してきたEF66 112号機は、相模貨物駅で役目を終了。相模貨物~新鶴見までは、EF200-15号機が牽引を担当し、最終的に、このEF210-111号機がアンカーを務めた。

この後、各種撮影となるが、まずは人の少ない最後尾車両付近へ移動する。

2008_01_27_0120001

最後尾車両付近から前方を眺める。

そして、前へ移動するが、機関車の連結シーンを撮影しようとする人でいっぱい。ところが、なかなか連結作業が行われない。諦めかけた人達が少しずつ撤収していくのを見計らって1枚撮影してみた。

2008_01_27_0140002

EF210とE31のツーショット。

この後、西武線内、E31牽引の姿を撮影するために所沢へ移動するが、既にホーム上は物凄いファンの数。とても撮影できる状況ではないと判断し、改札を出て、線路沿いの道へ移動。機関車が前の方に停車する事に賭けて、待機していたのだが・・・

Img_209760002

所沢では予想以上に後に停まってしまった。

と言う事で、停止位置の予想が見事に外れて撮影失敗。2月下旬には第2編成が到着する事になっているので、この時までは、E31が牽引してくれる事を信じて、次回以降の課題にすることにした。

この撮影を以って、一連の30000系撮影を終了。所沢で同行した皆さんと反省会を開催して、長い1日が終わった。

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
FujickeyのNゲージ部屋さん
クロフネ航海手帳さん
虹ブログさん

|

« 西武 30000系甲種輸送を撮影する 前編 | トップページ | 西武 鷹の台駅の受験生対策 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

鉄道:JR貨物」カテゴリの記事

コメント

今回は6000系の時よりも後よりでホームからでもレオ車掌君を撮影出来ませんでした。
所沢1805 1810で通常ならば1807のコテ止まりが5番に来るとこですが撮影者への配慮から4番にふられたそうです。

同編成は翌日に後藤社長がカバーを外して報道公開されました。
火曜日にコテの脇を通過した時にヤード二番の駅よりにパン上げて行き先表示していました。

投稿: なるさん | 2008/01/31 11:37

なるさん、コメント有難うございます。

今回の甲種には、そのようなからくりがあったのですか。札ジェイ者への配慮で、ホームを変更するとは、とてもありがたいことです。西武鉄道がここまでしてくれた以上、我々鉄道ファンも、西武鉄道を裏切らないように、マナーを守った撮影を心がけたいですよね。

投稿: TOMO | 2008/02/01 02:40

はじめまして ター坊と申します
いつも拝見させてもらってる本職のてっちゃんです

30000系がらみのコメントしたく書き込んでます
本日(2月1日 日中)小手指の車両基地では 本線よりに
30000系・20000系・6000系・副都心改6000系4編成が顔をそろえて並んでました
デジカメで撮りましたが 発表する場所ももってないので(*^^*ゞ
(一眼でもないし角度も悪いので見せる画像でもありませんが)
それにしても そろそろ小手指を離れるんでしょうかね・・・

投稿: ター坊 | 2008/02/01 18:17

遅くなりましたが西武鉄道30000系甲種の撮影御苦労様でした。30000系の車体番号の付け方東武鉄道9000系以降の一族と書き方が一緒なんですね。例えば、10000系であげれば、11003Fだと、まず1が形式、次の1が号車、次の0が10両固定、次の03が製造番号です。でも10000系の10両固定の一部は車体番号を改番されています。当時は8両固定で登場してます関係で、10両固定化に伴って改番されました。因みにデビュー当時の10000系は、ステンレス板の車体番号でした。後にペイント式の車体番号になりました。途中から東武話になってすいませんでした。

投稿: たけしー | 2008/02/01 18:30

ター坊さん、たけしーさん、コメント有難うございます。

ター坊さん>
いつもご覧頂き有難うございます。30000系、20000系、6000系、6000系(改)との並びですか。いやいやそれは見たかったです。実は私も昨日の午後、小手指へ行ってみました。8連の2000系と、東急車輛から戻ってきたばかりの9108Fと並んでいましたね。ただ、8両編成と10両編成と言うことで、9108Fとは、飯能方の先頭は顔を揃えてはいませんでしたが、9108Fは、前面に車番が貼られていない状態でしたから、貴重なショットが撮れたと自分では満足しています。

たけしーさん>
東武車の実例を使った解説有難うございました。今回の30000系の番号の付け方ですが、東武方式が初めて採用されたんですね。考えて見ますと、これまでの新製車、6000系や20000系は、10両固定又は8両固定の2種類でしたから、千の位を使わなくても区別が出来たのかもしれませんが、30000系は、8連以外にも、2連や6連が計画されていますから、この方式を使うしかなかったのかもしれませんね。

投稿: TOMO | 2008/02/03 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/17906985

この記事へのトラックバック一覧です: 西武 30000系甲種輸送を撮影する 後編:

» 西武の期待の新車、30000系が西武線へ [FujickeyのNゲージ部屋]
西武線の新型車両、30000系が1月25日から27日にかけて甲種輸送され、西武線 [続きを読む]

受信: 2008/01/31 17:50

» 西武30000系38101F甲種輸送【2008/01/27】 [クロフネ航海手帳]
西武30000系38101F甲種輸送の1月27日分。西国分寺付近や西武区間等での撮影記事です。 [続きを読む]

受信: 2008/02/01 00:31

» 38101F甲種回送を撮る [虹ブログ]
日立製作所(笠戸事業所)で製作された30000系第一編成(38101F)の甲種回送が西武鉄道に到着しました。待ちに待った実車の到着日が日曜日という事もあって、撮影をした新秋津や所沢は物凄い人出でした。 製作発表と最終デザイン決定時の発表で一部明らかになってますが...... [続きを読む]

受信: 2008/02/02 00:16

« 西武 30000系甲種輸送を撮影する 前編 | トップページ | 西武 鷹の台駅の受験生対策 »