« 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その6 | トップページ | 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その7 »

1月20日の萩山駅

駅構内の地中から空洞が発見され、エレベーター工事が大幅に遅れている萩山駅。工事の遅れと合わせて、弊ブログでの工事状況のレポートもすっかりサボり癖がついてしまったが、ここへ来て少しだけ変化が出てきたので、久々の工事レポートをお伝えします。

1月20日、萩山駅構内の一部の架線柱が新しいものに交換されていた。この架線柱の交換は、駅改良工事に合わせて実施される予定だったのだろうけど、工事の遅れに伴い、架線柱の交換が先になってしまったのかもしれない。

2008_01_20_0020002

エレベーター工事が大幅に遅れている萩山駅。この度、駅構内の一部の架線柱が新しいものに交換された。

この架線柱の交換は、既存の架線柱のすぐ近くに新しいものを建てており、1週間前には、既存の架線柱と新しい架線柱が隣り合わせに建っていると言う状況であった。

2008_01_13_0020001

ほぼ同じ場所で1週間前に撮った写真。この時、既存の架線柱の手前に新しい架線柱が建っており、切替を待っていると言う状況であった。

ところで、ここへ来て、萩山駅の北口側で駅舎に作業用の足場を設置する作業が進んでいる。遅れていたエレベータ工事がようやく再開される事になるのだろうか。地元民として温かく見守っていこうと思っている。

|

« 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その6 | トップページ | 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その7 »

萩山駅工事関連」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。萩山は階段だけで私みたいな爺さんにはきつい駅です、特に接続時間が少ないと。
あと三時間程度で下松を30000系が出ます。西武の車紋のない車両→新しい西武への変革の始まりであると共に古い西武への別れでもあり複雑な心境です。
中央線H1編成も来週月曜日離脱の可能性が高いし古い時代は終わりですね。

余談ですがウラ91の廃回が夜行だったのでH1の時も心配です。

タイ国鉄にJ西から寝台車が32両も無償譲渡されますし、485雷鳥も三年後メドに新型特急車両に置き換えが公式発表されましたから。

投稿: なるさん | 2008/01/25 09:48

なるさん、コメント有難うございます。

>萩山は階段だけで私みたいな爺さんにはきつい駅です

まだまだご自身を爺さんと呼ぶのは早いかと思いますが・・・

仰るとおり、大きな荷物を持っていたりしても階段はかなりの負担となります。さらに、多摩湖線の国分寺行きが3番ホームから発車となったりしますと、乗り換えも大変ですよね。でも、萩山にはエレベーターのみの設置となりますから、急いでいる時は、引き続き階段を利用しなくてはならなくなります。それでも、地元民の立場から言わせて貰えば、エレベーターだけでも付くのは実に有りがたいと言う心境であります。一刻も早い工事完成に期待します。

いつもタレコミ情報有難うございます。参考になります。

投稿: TOMO | 2008/01/27 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/17787000

この記事へのトラックバック一覧です: 1月20日の萩山駅:

» 1月23日 萩山・小平撮影記 [武蔵野情報館]
今日は、朝から雪{%snow_a%}でしたね~!久しぶりに、東京でも白くなりましたね!! 残念ながら、225Fは本日お休みでした。 [続きを読む]

受信: 2008/01/23 20:06

« 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その6 | トップページ | 終焉間近 西武多摩湖線225Fを撮る その7 »