« 米タンと201系 | トップページ | 183系「中央ライナー」に乗る »

485系「雷鳥」を撮る

では、再び関西遠征記に戻ります。

12月30日の朝、一旦ホテルへ戻り朝食を摂ってから、再び摂津富田へと戻ってきた。ここでの撮影目的は、485系の「雷鳥」である。

関西と北陸主要都市を結ぶ特急「雷鳥」は、長い間、北陸本線の看板列車として君臨してきた。現在では、681系・683系による特急「サンダーバード」に押され気味の状態で、「雷鳥」は、1日8往復程度の運転となってしまっているものの、全国的にも貴重となった国鉄特急色の485系で運転されている。そこで、今回の関西遠征時には、485系の「雷鳥」も撮影対象としていたのだ。

淀屋橋の東横インを出庫し、再び摂津富田に戻ってきたのは、9時30分頃の事。まずは、489系ボンネット車による臨時特急「ふるさと雷鳥」が先にやって来る。489系ボンネット車自体は、急行「能登」で上野まで乗り入れており、平日の夕方には、上野発の「ホームライナー」にも使用されていることから、私のような関東在住のファンから見ても、それ程珍しいものではない。しかし、日中の撮影可能な時間帯に走行写真を撮る機会は、関東でもあまりない。その為に、ここは確実に撮っておきたいところである。先程の「なは・あかつき」と異なり、今回は先客が2名待機していたが、話しかけてみると、先客のお2人も関東からの遠征組だった。先行する223系新快速で練習をして、「ふるさと雷鳥」の通過に備えた。そして、他の列車に被られる事なく、489系「ふるさと雷鳥」がやって来た。

Img_205800001

再びやって来た摂津富田では、特急「雷鳥」を撮影。まずは、489系ボンネット車による臨時特急「ふるさと雷鳥」からスタート。

ヘッドマークが「臨時」と言うのが少々残念なところ。数年前までは、定期列車の「雷鳥」にボンネット車が入っていたので、「雷鳥」のヘッドマークはある筈なのだが、あえて「臨時」と言うヘッドマークしか掲出しないのは、何か「大人の事情」と言えるようなものがあるのだろうか。

この後、定期列車の「雷鳥」がやってくる事になっており、この場所で撮影する事にしていたのだが、なんと上りの快速列車に被られてしまった。仕方なく、この日の「雷鳥」撮影はこれで諦めて、次の日、再び摂津富田駅で「雷鳥」を撮影してみた。

Img_206500004

ようやく撮影できた定期列車の「雷鳥」

ところで、「雷鳥」に使用されている485系は、向日町にある京都総合車両所に所属しているが、所属車両基地の京都総合車両所から、始発駅である大阪駅までの回送時には、北方貨物線を経由している。この北方貨物線は、新大阪付近から分かれて、宮原総合運転所付近を通って尼崎・塚本へ抜けられるようになっている。その為、「雷鳥」や「サンダーバード」の回送列車は、この北方貨物線を通る事で、営業列車とは車両の向きが逆向きになる。その為、見た目は同じ「雷鳥」でも、車両の向きが違う列車が撮れると言う現象が見られるのだ。私は、この事実を一瞬忘れており、高槻駅で大阪に向かう「雷鳥」を撮影したのだが、よく見るとパノラマグリーン車が最後部車両となっていて、一瞬何が起きたのだろうと考え込んでしまったのだ。

Img_206270002

Img_206280003

高槻駅で撮影した485系「雷鳥」。大阪へ向かう列車なのだが、よく見るとクハが先頭で、これは回送列車だった。

高槻駅で撮った485系の回送、よく見ると何かが変だった。まあ、見なかった事にしておこう。

今や貴重な存在となった国鉄特急色485系による定期特急列車「雷鳥」。いつ683系に置き換えられてもおかしくない状況だけに、機会があれば確実に記録しておきたい列車である。

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
鉄道から骨髄移植まで さん

|

« 米タンと201系 | トップページ | 183系「中央ライナー」に乗る »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西日本」カテゴリの記事

コメント

TOMOさんこんにちは。「ふるさと雷鳥」と、定期「雷鳥」。国鉄色の組み合わせがいいですね。サンダーバード全盛の今、急がば回れで現在貴重な雷鳥号に乗るのも一興かもしれませんね。私が、富山から福井まで「ふるさと雷鳥」号に乗車したときは、「はくたか」が遅れた関係で、「はくたか」、「サンダーバード」、「ふるさと雷鳥」と3本続けて特急が来まして、喜んで撮影することが出来ました。めったにないレアなケース。良いお盆となりました。

投稿: オグリキャップ | 2008/01/17 19:05

まいどです。

「ふるさと雷鳥」が「臨時」マークなのは臨時列車だからだと思いますよ。でも何年か前の「ふるさと雷鳥」はサワの485系(先頭車は非貫通型の300代)でしたが、しっかりと「雷鳥」マークだったような…

……というか、数年前にキトのボンネットが引退するのを記念して「懐かしの特急雷鳥」でさよなら運転をしてしまったため、絵入りの「雷鳥」マーク付けづらいではないんでしょうか?

投稿: みなづき | 2008/01/17 22:25

オグリキャップさん、みなづきさん、コメントありがとうございます。

オグリキャップさん>
北陸本線は、特急街道と呼ばれるほど、特急列車が次々にやって来ますから、特急形車両が好きな人にとってはたまらない路線ですよね。ダイヤ乱れによる珍現象とは言え、「はくたか」「サンダーバード」「ふるさと雷鳥」と3本連続と言うのは凄いですね。

みなづきさん>
仰るとおり、数年前に京都のボンネット車が引退する時は、事実上のさよなら運転をしましたよね。それだけに、「雷鳥」と名乗れないと言う可能性は確かにありそうな話です。その為、本文では「大人の事情」ではないかと書いてみました。

投稿: TOMO | 2008/01/20 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/17721739

この記事へのトラックバック一覧です: 485系「雷鳥」を撮る:

» 特急「雷鳥」車両に新型 [鉄道から骨髄移植まで]
北陸本線を走る特急「雷鳥」に新型車両が導入されることになりました。JR西日本社長 [続きを読む]

受信: 2008/01/26 00:16

« 米タンと201系 | トップページ | 183系「中央ライナー」に乗る »