« 西武30000系 試運転開始 | トップページ | 2月24日東京着の「富士・はやぶさ」 »

2月26日の萩山駅

帰り道、いつものように萩山駅で下車すると、北口広場に見慣れない看板のようなものが設置されているのを見つけた。階段を下りて近付いてみると、「萩山駅が変わります」と書かれており、改良工事の完成予想図が描かれたものだった。

夜だったこともあり、見るだけに留めたが、現在進められている工事が完成した暁には、「これが萩山駅か」と言いたくなるほどのような駅に生まれ変わる事が、この看板からも伝わってきた。特に、私が住む北口側は、駅前広場の整備も同時に行われる事になっており、予想図を見る限りでは、今までのような殺風景な駅前ではなく、緑に囲まれた綺麗な駅前広場に生まれ変わるようである。

で、気になるのが完成時期。とりあえず現時点では、「平成20年秋頃」と書かれていた。地中に空洞が見つかった事で遅れていた改良工事だが、どうやら半年程度遅れるようである。残り、約半年。引き続き、弊ブログでは萩山駅改良工事を見守っていくつもりです。

さて、萩山駅工事状況の報告をここで一つ。ついに3番ホームでも上屋延伸工事が本格的に始まったようである。

2008_02_24_0010001

1・2番ホームに続き、3番ホームでも上屋延伸工事が本格的に始まった。2008年2月24日撮影。

1・2番ホーム同様、3番ホームも老朽化した上屋の葺き替えも予定されているので、完成した際には、近代的な姿に生まれ変わる事は間違いない。1ヵ月後、この場所から見える景色は、どのように変わっているだろうか。

|

« 西武30000系 試運転開始 | トップページ | 2月24日東京着の「富士・はやぶさ」 »

萩山駅工事関連」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

さっそく遊びに来ました^^

西武線は都心から住宅地、田畑、山中と車窓が色々変わって楽しかったです。

こまちは西武の車両では20000系が一番好きですー^^

投稿: komachi | 2008/02/28 00:07

komachiさん、早速お越し頂き有難うございます。

西武線の降り鉄は楽しんでもらえたようで、沿線住民としてはとても嬉しいです。ご覧頂いていますように、我が地元駅、萩山は現在改良工事中でして、今年秋には装いも新たに生まれ変わります。秋頃に、西武沿線を訪れる機会がありましたら、是非とも新しくなった萩山駅にもいらしてくださいね。

20000系がお好きですか。揺れも少なく音も静かで、良い車両だと思います。欲を言えば、座席がもう少し柔らかければ良いのですが・・・

投稿: TOMO | 2008/02/28 23:14

そうなんですよね・・・
最近の車両はどれも座席が固くて、
新幹線に乗ったときには何時間も座っていて
お尻が痛くなっちゃいました。
こまち的にはアルミよりステンレスのほうが好きなので、
20000系は座席が柔らかくてステンレスなら完璧です!!!

投稿: komachi | 2008/02/29 00:46

komachiさん、コメント有難うございます。

早速、西武多摩湖線各駅の駅名板をアップしていただいたようですね。先程拝見いたしました。我が萩山は、南口かな?

20000系ですが、今月は、弊ブログでも何度か取り上げる事になるかと思いますので、どうぞご期待ください。

投稿: TOMO | 2008/03/02 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/40280903

この記事へのトラックバック一覧です: 2月26日の萩山駅:

« 西武30000系 試運転開始 | トップページ | 2月24日東京着の「富士・はやぶさ」 »