« 山陽新幹線に残る0系と100系 | トップページ | 春一番は吹いたけど・・・ »

「はばタン号」再び

では続いても2007年12月30日の話。

姫路駅で、山陽新幹線の0系と100系を撮影する合間に、今回も地平ホームの姫新線・播但線ホームを訪れてみた。前回、2007年8月に姫路駅を訪れた際、姫新線ホームでは、「はばタン号」と呼ばれる特別仕様のラッピング車に遭遇し、肝心な姫路鉄道部独自のカラーの車両を見る事ができなかった。今回こそは、姫路鉄道部カラーの気動車を撮りたいと思い、姫新線ホームへと向かったのだが、待機していた車両は、またもあの車両であった。

2007_12_30_0050001_2

2007年12月30日、姫路駅の姫新線ホームにて、「はばタン号」と呼ばれる特別仕様のラッピング車と再会した。

1両しかないカラーの車両なので、遭遇できただけでも幸せなのかもしれないが、姫路鉄道部カラーの車両を撮りたいと思ったときに限って現れるとなると、複雑な心境になる。でも、今回は姫路鉄道部カラーの車両と組んだ2両編成だし、最低限の条件はクリアできている。とりあえず、隣に姫路鉄道部カラーの気動車の回送が停まっているので、車止めの後ろ側から並びを撮影しておく。

2007_12_30_0070002

出発を待つ「はばタン号」と姫路鉄道部カラー車の回送。

この後、一旦この場から離れて、新幹線ホームへ。そして30分後の姫新線列車を撮るために再び姫新線ホームへ。今度は姫路鉄道部カラーのキハ47が停車していた。

2007_12_30_0080003

2007_12_30_0110004

姫路駅で出発を待つ姫新線列車。このカラーの車両を、ようやく撮影する事ができた。

光線状態は良くないが、「はばタン号」による姫新線ではなく、姫路鉄道部カラー車による姫新線が撮れたので良かった。この後、姫路駅名物の立ち食いそばを食べて、加古川へと向かった。

|

« 山陽新幹線に残る0系と100系 | トップページ | 春一番は吹いたけど・・・ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西日本」カテゴリの記事

コメント

大変ご無沙汰しております。
私の地元までお越しになっていたんですね。
私は去年まで居た加古川色が懐かしいですね…。
姫新線は高速化が2008年から始まりますが、新型車(キハ121系列らしい)の投入はまだのようで、当分は見られるようですよ。
春になったら、小さい頃は祖母の家に行く度に訪れた、夢前川橋梁に今年も行ってみようと思っています。

投稿: EF66 | 2008/02/26 19:49

EF66さん、コメント有難うございます。

姫新線も高速化工事が行われるんですね。近い将来、新型気動車も投入されるでしょうから、この線でのキハ40系列の活躍もそう長くは無いのでしょうね。

かつては、アーバンネットワークエリア内でも、気動車で運行される路線が結構ありましたが、加古川線ですら電化されてしまいましたので、気が付けば、大阪駅や神戸駅辺りからキハ40を見に行こうとした場合、姫路からの姫新線が一番近い路線と言うことになってしまったのですね。

投稿: TOMO | 2008/02/27 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/40235104

この記事へのトラックバック一覧です: 「はばタン号」再び:

« 山陽新幹線に残る0系と100系 | トップページ | 春一番は吹いたけど・・・ »