« 201系青編成運用離脱 | トップページ | 山陽新幹線に残る0系と100系 »

2月20日の萩山駅

仕事で地元のお客さんの所に立ち寄ってからの出勤となった2月20日の朝。萩山駅に行くと、まだ国分寺行きは入線していない。せっかくなので、いつもの出勤時では、なかなかチェックできない、駅改良工事の様子を見てみる事にした。

1・2番ホームを拝島・西武遊園地方に向かって歩いてみると、やはりホーム上屋延伸工事が進行していた。

2008_02_200001

萩山駅1・2番ホームでは、上屋延伸工事が更に進んでいた。

2月11日の時点と比較すると、工事はだいぶ進んでいるのが解る。2月11日の時点では、古レールの柱を使用した旧上屋に、新しい上屋の骨格が少しだけ掛かった状態だったが、今では、古レールの柱を使用した旧上屋部分を、新しい上屋の骨格が全て覆っている状態にまで進んでいた。

月末には、どの程度まで工事が進んでいるだろうか。

|

« 201系青編成運用離脱 | トップページ | 山陽新幹線に残る0系と100系 »

萩山駅工事関連」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/40201992

この記事へのトラックバック一覧です: 2月20日の萩山駅:

« 201系青編成運用離脱 | トップページ | 山陽新幹線に残る0系と100系 »