« 東京メトロ7000系 副都心線対応車を見かける | トップページ | 春の行楽列車 快速西武秩父行きと各駅停車吾野行きを撮影する »

副都心線対応が進む東武9000系

では、続いても3月23日のお話。

東京メトロの新しい地下鉄、副都心線は、6月の開業を目指して着々と準備が進んでいる。地元を走る西武鉄道でも、乗り入れ用の6000系車両への副都心線対応工事が順調に進んでおり、工事が完了した車両は、前面が白くなって、非対応車との区別も容易となっている。この動きは、もう一つの相互乗り入れ先である東武東上線でも見られる現象で、こちらも乗り入れ用の9000系車両への副都心線対応工事が現在進められている最中である。普段、東武東上線を殆ど利用しないので、副都心線対応工事が済んだ9000系を見る機会は全く無かったのだが、今回、初めて実車を見る事ができたので、早速撮影してみた。

Img_213730001

東武9000系副都心線乗り入れ対応車。東武練馬にて撮影。

今回の副都心線乗り入れに備えて、ホームドアへの対応、パンタグラフのシングルアーム化、行先表示のフルカラーLED化、スカートの取付等が行われている。

この副都心線乗り入れ対応車、今回は2編成見る事ができたが、いずれも地下鉄乗り入れ運用ではなく、ご覧のように東上線池袋駅へ乗り入れる地上運用。東武鉄道では、地下鉄直通用として、さらに新型車両50070系の投入も進めており、最近では、9000系の地上運用も増えているようだ。

Img_213970002

9000系の改造と並行して、新型車両50070系の投入も進めている。

副都心線開業まで、残り3ヶ月を切った。東武鉄道でも、乗り入れ対応が順調に進んでいるようである。

|

« 東京メトロ7000系 副都心線対応車を見かける | トップページ | 春の行楽列車 快速西武秩父行きと各駅停車吾野行きを撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:東京メトロ」カテゴリの記事

鉄道:東武」カテゴリの記事

コメント

 学生の頃は東上線沿線に住んでいたので9000系は
懐かしいです。インバータ制御車がまだ少数だった
時代で、チョッパ制御の9000系はハイテク感が感じら
れました。有楽町線から川越市以北まで直通する列車
は必ず9000系だったので狙って乗ったこともあります。

 それにしても東武は8000系カラーと、9000系、
10000系カラーだけだったので、50000のカラーは
なんか東武という感じがしません。

投稿: GO | 2008/03/27 21:50

ともさん今晩は。それでは東武9000系【有楽町線乗り入れ】の簡単な豆知識を書きます。9001Fは、東武鉄道として初のステンレス車並びに9000系の試作車でも有ります。9000系は試作車を含め量産車は、8編成有りその内の9008Fは、10030系ベースの軽量ステンレス車で有ります。その後には、9050系VVVF車が2編成が製造されました。その後に、50070系が製造されました。今現在、4編成が在籍。運用面では、有楽町線乗り入れに関しては、01T〜11Tの6本が運用されており、運用の予備を残しても充分余裕が有る事が解ると思います。従って乗り入れに関しては、大半の車両はメトロ車が担当しています。ともさんが見た地上運用の9000系はまれに見る事が出来ます。また何か有りましたら何なりと言って下さい、自分の解る範囲で伝授します。

投稿: たけしー | 2008/03/27 22:28

GOさん、たけしーさん、コメント有難うございます。

GOさん>
東上線沿線にお住まいだった頃は、9000系に良く乗られていましたか。その頃と比べますと、最新の50000系一族は、全く別会社の車両にも見えてしまうかもしれませんね。

たけしーさん>
9000系グループの解説有難うございます。こうして見て見ますと、東上線の場合、メトロとの直通列車は、東武車の運用よりもメトロ車の運用の方が多いんですね。副都心線開業に向けて、今後は、西武だけではなく、東武東上線側のチェックも出来るだけしていきたいと思います。

投稿: TOMO | 2008/03/28 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/40631002

この記事へのトラックバック一覧です: 副都心線対応が進む東武9000系:

« 東京メトロ7000系 副都心線対応車を見かける | トップページ | 春の行楽列車 快速西武秩父行きと各駅停車吾野行きを撮影する »