« おおさか東線に乗る | トップページ | 189系山梨DCラッピング車を撮る »

JR東西線にも進出した321系

さて、長々と続けてきました中部・関西方面への遠征記も、今回が最終章となります。

京橋駅で、おおさか東線の直通快速を待っている間、JR東西線~学研都市線の直通列車の撮影をして時間を潰していたのだが、見慣れた207系に混じって、321系電車による松井山手行きがやって来た。

Img_216280001

JR東西線・学研都市線の主である207系を横目に、京橋駅へ進入する321系電車。

321系電車は、東海道・山陽緩行線の201系・205系を置き換えるために2005年に登場した。置き換えの対象であった201系・205系が7両固定編成だったこともあり、この321系も7両固定編成で登場。JR東西線と、末端区間で4両編成による運転が必要となる学研都市線(片町線)には、これまで乗り入れていなかったのだが、JR東西線の鋼体架線に対応するため、パンタグラフは各車2基搭載しており、JR東西線への乗り入れ準備は整っていた。そして3月15日に実施されたダイヤ改正より、7両編成で運転できる学研都市線松井山手までの乗り入れが解禁。晴れて、321系電車もパンタグラフを2基上昇して走る姿を見る事ができるようになった。

実は、4月13日の昼前、三ノ宮駅に入場して最初に見た電車は、321系による松井山手行きだった。場所が場所だけに、JR東西線用のパンタグラフは下げられたまま。その為に、あんまり新鮮さは感じられなかったのだが、京橋駅で見かける321系は、パンタグラフも2基上昇しており、これまでの姿とは一味も二味も違っていた。JR西日本の通勤形車両のニューヒーローが、更に活躍の場を広げたことを改めて実感した瞬間であった。

2008_04_13_0210001

京橋駅で出発を待つ321系松井山手行き。ここから学研都市線(片町線)へ入っていく。

学研都市線(片町線)では、現在、京田辺以遠でも7両編成が入線できるように改良工事を進めている。完成の暁には、321系が一気に木津まで入線することだろう。

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
Msykの業務(鉄道)日誌さん

|

« おおさか東線に乗る | トップページ | 189系山梨DCラッピング車を撮る »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西日本」カテゴリの記事

コメント

TB、ありがとうございます。

来阪お疲れ様でした。321系の前パンもようやく本領発揮かと。ただ223系を含めて、あの前面デザインに前パンというのには、未だに違和感を感じてしまいます。

ともあれ、今のところJR西での最新鋭車であり、更なる増備車登場に期待したいところであいます。

投稿: msyk | 2008/04/25 00:49

msykさん、コメント有難うございます。

321系は、登場当初、JR東西線用のパンタグラフを付けていませんでしたが、後の増備車からは設置され、いつかは東西線に入るんだなと、なんとなく予想はしていましたが、仰るとおり、ようやく営業運転で入線と言う事になりましたね。学研都市線(片町線)の末端区間の7連化が達成されれば、321系の更なる増備も考えられるのではないでしょうか?

前パンは違和感ありですか。私の場合、207系と321系はそこそこ似合っていると思いますが、223系は・・・

投稿: TOMO | 2008/04/26 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/40972508

この記事へのトラックバック一覧です: JR東西線にも進出した321系:

« おおさか東線に乗る | トップページ | 189系山梨DCラッピング車を撮る »