« 秩父路に関西線出現!秩父鉄道1000系がウグイス色に | トップページ | 秩父鉄道 急行「さくら号」を撮影する »

多摩湖線の新顔は力持ち 新ワンマン車263Fが営業運転開始

本来なら今日は秩父ネタの続きを書く予定でしたが、予定を変更して、この話題をやります。

今朝の出勤時、いつものように萩山駅1番ホームに向かうと、ピカピカの101系が停車していた。しかも前パン。225Fの代替車として改造された263Fである。突然遭遇した多摩湖線のニューフェイス。どんな車両か、早速観察してみることにした。

まず何といっても最大の特徴は4両全てがM車であること。国分寺方より、クモハ263+モハ264+モハ265+クモハ266となっており、かなりパワフルな内容となっている。これは、事業用車両を兼任しているためで、この車両は、先に引退をした225Fの他、新車搬入にも使用されていた電気機関車、E31の後任も兼ねている様である。1つの車両で2つの車両を置き換えた訳だが、普段は多摩湖線の運用に従事すると言う事で、先に投入されている3本の101系リニューアル車に準じた更新工事を実施している。床の塗り分けが、先日東急車輛から出場した2047Fに準じた仕様となっているのは、2008年仕様と言う事だろうか。

とりあえず、国分寺までの乗車で解った事は、この程度。あとは、国分寺駅停車中の263Fを数枚撮影してみた。

2008_04_07_0030002

4月7日、225Fの代替車として改造されたオールMの強力編成、263Fが営業運転を開始した。

国分寺では、外観以外にも車内で気づいた、こんな物も撮影してみた。

2008_04_07_0010001

先頭車の車椅子スペース部分には、なぜかご覧のような出っ張りが見える。

この出っ張り、おそらくは何らかの機器が埋め込まれているのだろうけど、クモハと言うことで、床下に詰めなかったものなのだろうか。

さて、263Fには、帰宅時にも西武遊園地行きとして乗車する事が出来た。今度は朝とは違う車両、モハ265に乗ってみた。モーター音は、朝乗車したクモハ263も合わせて、後期形のモーター音で統一されているようである。萩山到着後、西武遊園地へ向かう263Fを見送ったが、やはりもう1回撮影もしておきたいと思い、西武遊園地から戻ってきた国分寺行きを、萩山駅で狙う事にした。

2008_04_07_0050003

萩山駅で出発を待つ263Fの国分寺行き。

こうして週明けの月曜日にデビューを果たした多摩湖線のニューフェイス263F。新車を引っ張っても問題ないオールMと言う力持ちの車両。これからどのような動きが見られるのか楽しみだ。

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
Musashino RM Blogさん
武蔵野情報館さん

|

« 秩父路に関西線出現!秩父鉄道1000系がウグイス色に | トップページ | 秩父鉄道 急行「さくら号」を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:西武」カテゴリの記事

コメント

おおおお。燃える男のオールM!

男前だなぁ。今度見に行ってみます。

投稿: kimu | 2008/04/08 02:39

kimuさん、コメント有難うございます。

オールM、前パンの263F、なかなか迫力のある編成だと思います。ぜひ一度じっくり観察してみてください。

ちなみに、明日までは確実に多摩湖線を走っていると思います。

投稿: TOMO | 2008/04/08 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/40809845

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩湖線の新顔は力持ち 新ワンマン車263Fが営業運転開始:

» 西武101系に263F登場! [Musashino RM Blog]
西武101系に新編成・263Fが登場、3月まで武蔵丘車両検修場にて改造、本日7日 [続きを読む]

受信: 2008/04/09 08:51

» 西武263F 営業運転再開 [武蔵野情報館]
今月7日に営業運転を再開した西武263F。 この編成は、2月に多摩湖線から引退した225Fの代替車として 改造をおこなった車両です。 [続きを読む]

受信: 2008/04/12 18:35

« 秩父路に関西線出現!秩父鉄道1000系がウグイス色に | トップページ | 秩父鉄道 急行「さくら号」を撮影する »