« EF65 535号機最終運行 | トップページ | 683系「しらさぎ」編成 身延線を走る »

伊豆箱根鉄道 修善寺温泉開湯1200年祭PR電車運転中

では、今回も3月30日のお話。

北上尾駅でEF65 535号機を撮影した後は、まず東京駅に向かう。この日は青春18きっぷで動いていたのだが、時間の都合上、ここから三島まで、どうしても東海道新幹線を利用しなくてはならない。乗車券と自由席特急券、そして駅弁を購入し、ひかり369号に乗り込む。この列車、700系が使用されていた。

さて、三島駅に到着し、ここから東海道本線へと乗り換えるが、東海道本線の下りホームに向かった際、ふと伊豆箱根鉄道のホームを見ると、ヘッドマークを掲出した車両が入線して来た。下り列車の発車まで時間もあったので、カメラを向けてみた。

2008_03_30_0040001

3月30日、三島駅にて伊豆箱根鉄道のヘッドマーク付き電車を見かけた。

このヘッドマーク、よく見ると「修善寺温泉開湯1200年祭」と書かれている。調べてみると、修善寺温泉では、昨年4月1日より「開湯1200年祭」を展開しており、伊豆箱根鉄道では、今年5月6日まで3編成に「修善寺温泉開湯1200年祭」をPRするヘッドマークを掲出していると言う。既に1年近く、掲出してきた事になるが、今回、PRも終わりに近付いてきた頃になって、ようやく撮影する事ができたと言う事になる。

2008_03_30_0050001

今度はヘッドマーク部分を中心にアップで撮影。

今回撮影できたのは7000系であるが、あと2編成はどの車両に付いているのだろうか。残り1ヶ月。あと2編成を撮影する機会は回ってくるだろうか。

|

« EF65 535号機最終運行 | トップページ | 683系「しらさぎ」編成 身延線を走る »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:伊豆箱根」カテゴリの記事

コメント

僕の地元に来て下さって本当に有り難いです。ここ三島駅は僕が常に利用する駅ですからね。ここの人は伊豆箱根鉄道の事を「いずっぱこ」って呼びます。もしかしてこれを撮影するためだけにわざわざ東京から新幹線を利用して来たのですか?? 青春18きっぷを使っているのなら東海道線でここまで来られても全然苦ではないと思いますが・・・。

僕は休みの時期に遊びやオープンキャンパスとかで東京へ行く時は常に東海道線を利用しています。東京から三島までは長いようには感じますが意外とすぐに着いちゃいます。逆にいつも東海道線を利用していると新幹線に乗った時は東京まですぐ着いてしまうという感覚もあります。以前までは下土狩駅とかで御殿場線の撮影にもあたっていたそうなので時間に余裕のある時はまた、JR東海の車両の撮影に来て下さい。

投稿: mi-ha- | 2008/04/02 20:05

mi-ha-さん、コメント有難うございます。

今回は地元にお邪魔させてもらいました。実は「いずっぱこ」の撮影は、全く予定外のものでした。三島まで新幹線を利用しなくてはいけなかった理由は、この後の記事に隠されていますので、どうぞお楽しみに。

投稿: TOMO | 2008/04/02 20:37

こんばんは。
三島は私の地元です!!
そして、伊豆箱根は通勤で利用しているのでこのHMをよく見ます。
このHM以外にも今現在、韮山いちご狩りの付けた編成もいますよ。

ひかり号は3月のダイヤ改正からN700系の増投入により700系ひかりの運用が増えましたね。
また、昼間に初めて700系こだまの運用が登場もあります。
今後も、ひかりやこだまに700系運用が増えると思います。

投稿: 静マサ | 2008/04/02 23:03

静マサさん、コメント有難うございます。

伊豆箱根鉄道を通勤で利用されているんですか。西武から行った元701系車両にも乗られているんでしょうね。ヘッドマークは、韮山いちご狩りのマークもあるんですか。これは初耳でした。親会社同様、伊豆箱根鉄道でもヘッドマーク掲出が頻繁に行われているんですね。一度、ゆっくり伊豆箱根鉄道も訪れてみたいと思います。

東海道新幹線ですが、700系のこだまも先日確認いたしました。解ってはいた事ですが、何となく違和感がありますね。でも、そのうち見慣れてしまうんでしょうけど。

投稿: TOMO | 2008/04/03 02:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/40728745

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆箱根鉄道 修善寺温泉開湯1200年祭PR電車運転中:

« EF65 535号機最終運行 | トップページ | 683系「しらさぎ」編成 身延線を走る »