« 臨時快速「足利藤まつり号」を撮影する | トップページ | 下り「足利藤まつり号」を撮影する »

Pトップ EL&SL奥利根号に登板

GWもいよいよ後半。5月3日から4日にかけて、この時期恒例の名古屋への遠征をしてきましたが、編集の都合上、5月5日の鉄行動から書きたいと思います。

上野から水上まで、電気機関車と蒸気機関車がリレー形式で結ぶ臨時快速「EL&SL奥利根号」。上野~高崎間の電気機関車担当区間も、俗に言う「ネタガマ」と呼ばれるような、注目度の高い電気機関車を使用している。5月3日からの4連休期間中も、この列車は運転されており、3日はEF60 19号機が牽引を担当していたのだが、4日の上り列車から、EF65 501号機が牽引を担当。3月までJR貨物に貸し出されていた501号機にとっては、実に久々の客車牽引だ。さらに、EF65 501号機は、JR東日本へ返却された直後に、全般検査を受けるために、秋田総合車両センターへ入場しており、この度、美しい姿になって出場してきたばかり。「EL&SL奥利根号」に登板中と聞いてしまっては、撮りに行かない訳にはいかない。5日朝は、早起きして京浜東北線の蕨へと向かった。

私が蕨駅に到着したのは、「EL&SL奥利根号」通過のおよそ10分前の事。蕨駅のホームの赤羽方先端には、大勢のファンが集まっていた。私は、先客に邪魔にならない程度の場所で待機。先行する普通列車などで、カメラリハーサルを繰り返しながら待つ。そして通過予定時刻を迎える。前方より、「EL&SL奥利根号」の姿が見えてきた。私は、カメラを構えて撮影に入った。

Img_2196810001

「EL&SL奥利根号」を牽引する、EF65 501号機(通称:Pトップ)

長期間JR貨物に貸し出されていた同機にとって、12系客車を牽引したのは、実に久々の出来事。12系との相性も抜群のようである。良く見れば、側面にあった筈のJRマークも見当たらない。今回の秋田総合車両センター出場時に貼り付けられなかったようである。

美しく蘇ったEF65 501号機。今後の活躍が楽しみになってきた。

この記事より下記ブログへトラックバックを送信しています。
Kaz-T's blog レインボーラインさん
ちろログさん

|

« 臨時快速「足利藤まつり号」を撮影する | トップページ | 下り「足利藤まつり号」を撮影する »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東日本」カテゴリの記事

コメント

TOMOさんこんにちは。私は、四日の奥利根号(のぼり)に乗りましたよ。三日の奥利根号(下り)は、色々とあって乗り遅れたのですが、四日は水上から上野まで乗ることができました。三日はEF60だったんですね。私も会いたかったです。四日はEF65.きれいでしたね。いつも、どの電気機関車が牽引するのか楽しみなのですが、いつも貴重な機関車でとても楽しいです。いまや貴重な汽車旅。また乗りたいです。

投稿: オグリキャップ | 2008/05/06 16:31

オグリキャップさん、コメント有難うございます。

4日の上り奥利根号に乗られていたんですね。Pトップを間近にご覧になって、美しく蘇った姿を堪能していただけたかと思います。

ちなみに、4日の下り奥利根号は、EF60が牽引しています。なぜ、このタイミングで牽引機を変更したのかは解りませんが、Pトップの美しい姿を撮影する事ができたのは良かったです。

いつもは撮影している奥利根号ですが、オグリキャップさんのコメントを拝見しますと、乗ってみるのも楽しそうですね。機会があれば、私も乗車してみたいと思います。

投稿: TOMO | 2008/05/06 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52372/41104581

この記事へのトラックバック一覧です: Pトップ EL&SL奥利根号に登板:

» このGW期間中に設定された「奥利根号」を撮る [Kaz-T's blog レインボーライン]
さて、このゴールデンウィーク期間中の5月3日~6日には、上野~水上を臨時列車「E [続きを読む]

受信: 2008/05/06 23:29

» Pトップけん引のEL [ちろログ]
 5月 5日(月)  ホリデー快速まで撮影後、高崎線の上りホームへ移動する。   [続きを読む]

受信: 2008/05/08 00:21

« 臨時快速「足利藤まつり号」を撮影する | トップページ | 下り「足利藤まつり号」を撮影する »